ドラえもんの映画に行ってきました

先日、インスタグラムで投稿しましたが、

「ドラえもん のび太と南極カチコチ大冒険」に行ってきました。

昨年の反省点

ドラえもんの映画と言えば、昨年の失敗を思い出します・・・。

久しぶりに映画館へ行ってみると・・・ ~前編

今年は失敗しないように気をつけました。

前回行った映画館は、サイトから予約ができるので、当日行った際、満席になっている可能性がある。

あと、映画館独自で行っているサービスディに行くと、さらに混み合うのは間違いない。

と、言うわけで前回利用した映画館にはやめることにしました。

映画館を使い分ける

私達が住んでいる地域には複数の映画館がありますが、映画の配給会社によって上映されている映画が違います。

例えばA映画館では、ドラえもんは上映されているが、B映画館では上映していないことがあります。

我が家では、次のように映画館を分けています。

A映画館:常時、座席の指定あり。ネットからの事前座席予約ができる。我が家から車で約30分。邦画・洋画どれも上映している。

B映画館:公開直後ではない限り、座席の指定はない。我が家から車で10分以内。「ミニオンズ」など海外アニメ・洋画の映画の上映が多い。

C映画館:常時、座席の指定はなし。我が家から車で約10分。ドラえもんなどの配給会社である東宝の邦画を主に上映している。

D映画館:常時、座席の指定あり。ネットからの事前座席予約ができる。引越しする前はよく利用していました。

現在のところからは車で約40分。ドラえもんなどの配給会社以外の映画を主に上映している。現在は利用していません。

ブログでよく行く映画館は、B映画館が多いです。

 

さて、今回利用したのは、C映画館でした。

この映画館ですが、私やパパが今の長男・次男の年の頃に利用していた映画館です。

利用するのは30年ぶりぐらいでしょうか?

自分の子供とまたこの映画館に来るなんて、感慨深いな~と思いました。

 

長男と次男ですが、C映画館を利用するのは初めてでしたが、

映画館を利用する経験を積み上げていったためか、特に臆することもありませんでした。

 

30年ぶりの映画館ですが、改装はされていましたが、あの頃と同じ雰囲気でした。

映画に行ったのはお昼過ぎの時間でしたが、かなり空いていました。

それでも、なるべく他の方から離れたところで、4人一列で座れるところにし、左から私・次男・長男・パパになりました。

※2018年9月にて、このC映画館は閉館となりました。

映画が始まる前に・・・

我が家の映画館必須アイテムといえば、

キャラメルポップコーン

毎回一番大きいサイズのものを4人で食べるのですが、映画が始まるまでに3分の1は食べてしまいます。

 

ただ、C映画館ですが、古い映画館のためかポップコーンはおいてありません。

飲み物も自販機で購入です。

 

ですが、売店でじゃがりこやポテトチップスもあり、飲み物も2人の好きなものがあったので、問題はありませんでした。

特定のものがなくても、他のもので代用できる。

この2人の強みだなと思いました。

 

映画が始まる前に兄弟達にはトイレに行ってもらうことに。

次男はパパと行くことになりましたが、長男は出かける前に行ったので、

キッパリ拒否 ( ゚д゚)ジブン、ダイジョブナンデ

じゃがりことコーラを飲みながら、上映待ちでした。

上映開始

映画は、のび太くんが偶然見つけた腕輪の持ち主を探すために、南極へ冒険の旅にでかけるお話です。

内容はここでは触れませんが、兄弟達にはちょっと難しいかな?と思うところもありましたが、良い映画でした。

 

長男は上映中は静かに真剣に見ていました。

次男は、上映中でも自分の思ったことをつい、言葉に出してしまいます。

特に、映画に登場した「パオパオ」に興味があるようで、

「これなーに?」

「パオパオ、かわいいね~」

などと、言ってしまいます。

 

それほど大きな声ではありませんでしたが、私が、

「静かにしょうね」

と声掛けすると、さらに小さな声にしてくれるので、よかったです。

また、他の方からも離れているところに座ったので、大丈夫だったと思います。

 

次男ですが、他にも上映中は、ある行動をしていました。

それは・・・

自分が怖いなと思ったシーンは、耳をふさぐ

そのため、パニックを起こすことはありません。

次男なりに自分の苦手なことを、回避しているのだと思いました。

 

実は、我が家ですが、今年の1月上旬に「ファンタスティック・ビースト」を観に行きました。

兄弟達は、実写映画を映画館で観るのは初めてでしたが、これも大丈夫でした。

 

ただ、映画館ということもあり、音量は大きいので、怖いシーンは迫力があります。

この時も次男は、シーンによっては耳をふさいでいました。

魔法動物が登場したときは、嬉しそうにしていたので、本人判断で使い分けているんだなと思いました。

エンドロールにて

ドラえもん映画もエンディングを迎えました。

最後のエンドロールでは、主題歌を歌う平井堅さんの「僕の心をつくってよ」が流れました。

ドラえもん映画が公開される頃から、YouTubeにて「僕のおべんとうをつくってよ」がアップされ、兄弟達も観ていました。

 

このYouTubeでは、ドラえもんと平井堅さんのキャラ弁を、作っていく動画です。

これに「僕の心をつくってよ」の曲が流れています。

※いつまでこの映像があるかはわかりませんが、興味がある方は、YouTubeで検索してみてください。

 

次男はこの曲のサビの部分だけを覚えたようで、よく歌っておりました。

そのため、エンドロールでこの曲が流れると、次男も歌い出してきました。

このままでは、サビの部分で大熱唱する・・・(;´Д`)ジャイアン?

歌うのを無理に止めさせるのは、余計に次男を刺激してしまうかもしれないので、

「声、小さく。声、小さく。」

と言ったところ、小声になってくれました。

 

そして、エンドロールも終わり、スクリーンに「おしまい」の文字が出た瞬間。

長男:「おしまい」

次男:「めでたし、めでたし」

と、同時発言。

何故に?と思いましたが、今回は無事に終わりました。

グッズ売り場にて

帰りにグッズ売店を通ったところ、じーっと何かを見ている兄弟。

「何か欲しいのあるの?」

と、聞いてみると長男迷わず、「これ!」とポストカードブックを選択。

中を見ると14種類のポストカードが入っていました。

 

次男は、いろいろ迷った後、長男と同じポストカードブックに。

2人とも大事に持って帰りました。

ちなみに映画入場全員プレゼントでもらえる「パオパオドラ」ですが、長男は黄色・次男は水色を選びました。

 

今年もいろんな映画が公開されると思います。

2人が希望するなら、なるべく連れて行ってあげようと思いました。

 

当サイトでは、「自閉症児と映画館に行くとき、注意する5つのポイント」を公開しています。

よろしければ、参考にしてください。

自閉症児と映画館に行くとき、注意する5つのポイント

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す