自閉症児と行く初めてのキャンプ ~オートキャンプ場編

我が家では、子供たちに小さい頃からいろんな経験をさせています。

そこで、今回、子供たちに挑戦してもらうのは、「キャンプ」です。

実は私たちにとっても、キャンプは小学生の時に学校で1回行ったきり、自分たちで行くのは初めての経験です。

親子そろっての挑戦になりました。

果たしてうまくいくのでしょうか・・・?

キャンプを知ってもらうために

我が家の子供たちですが、旅行では初めての場所でも比較的落ち着いて過ごすことができるようになりました。

しかし、今回は初めて屋外での宿泊です。

2人の経験上、「夜は建物の中で寝る」がセオリーなはずです。

屋外でテントの中で寝てくれるか、やはり心配でした。

そもそも、2人はキャンプを知りません。

我が家にテントが届いた日の出来事です。

次男
お母さん、これなんだー?
んー。これはねーテントだよー。
次男
ねぇねぇ、テントってなんだー?
テントを張って。これでキャンプするんだよ。
次男
えー、キャンプってなんだー?
そのうち分かるわよー。(笑)

こんなやり取りがあったのでした・・・。

キャンプ行ったことないから、分からないよね。

キャンプ本番に備えるために

そこで本番に備えるため、事前にYouTubeでテントの張り方を勉強しました。

さらに念のため、日帰りで近場のキャンプ場に行きました。

いわいるデイキャンプというやつです。

 

動画では簡単に立てているように見えたことでも、実際にテントを立ててみると、細かいところが分かりませんでした。

特に分からなかったのが、テントを固定するロープの張り方です。

パパも「う~ん、よく分からん。」とのこと。

 

紐の張り方とか、結び方はキャンプ本番までに調べることにしました。

ひとまず、テントを張って椅子や机も出し、くつろぐ準備もOK。

パパと私がテントを張っている間、次男は虫を見つけて、追いかけて回し、長男は近場を探検。

久々に自然の中を満喫していました。

キャンプ出発前日

我が家では、旅行や遠出するときには、事前に子供達にどこに行くのかを、簡単に説明するようにしています。

今回の出発前には、2人にキャンプの写真を見せて、「明日お出かけします。」と説明しました。

明日からキャンプに行きます。
長男
キャンプいきます。
キャンプいきたいですか?
長男
いきたい!
キャンプではテント張ります。
長男
テントはります。
テントで寝ます。
長男
テントでねま・・・寝ません。(キッパリ)

きょとんとした顔で一言。

「・・・寝ません。」

いつもはオウム返しが多いのに・・・

長男にとって、屋外で寝ることなんて「・・・ありえないよ」という感じでしょうか?

現代っ子め・・・

何はともあれ、次は本番です。!

キャンプ当日

キャンプ当日。

本来、環境の変化に弱い子供たちですが、当日は比較的いい子ですごしてくれました。

焚火に火をつける作業とか、ところどころ兄弟で協力しながら、自主的に手伝ってくれたので感心しました。

 

また、すぐお隣のキャンパーさんが犬を連れていました。

以前の子供たちだったら、犬を捕まえに飛びついてしまうところでしたが、ちゃんと大人しくいてくれました。

 

数年前は、動物を見かけたらすぐに飛び出してしまう。

これから外出するとき、いったいどうすればいいんだろうとすごく悩んでいました。

その時からは、とても考えられないことです。

たとえ少しずつでも、成長している姿が誇らしかったです。

 

今回、初めてのキャンプを動画にしてみました。

なかなか外出することが大変だという親御さんを勇気づけることができればと思い、思い切って公開することにしました。

もともと家庭内の記録用として撮っていたので、お見苦しい点もあると思いますが、よろしければご覧ください。

 

 

追伸
無料で配布しているデジタルEブックに、私達の経験やヒントが書かれています。

よろしければ下のリンクからダウンロードして、参考にしてみてください。

お役に立てれば幸いです。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す