次男の保育園卒園式

2017年3月25日、天気は快晴。

この日は、次男の保育園卒園式がありました。

次男が、現在の保育園に転園して2年。

早いものだな~と、しみじみ思いました。

 

卒園式のとき、家族のうち1人が、園児と花道を挟んで向かい合わせとなる、

特別席に座ることになり、我が家では私が代表に。

 

パパと長男は別の家族席で、カメラ・ビデオをお願いしました。

距離はあるものの、次男と向かい合わせ。

 

卒園式が始まる前から、なぜか不安と緊張の私。

なぜなら、次男はかなり落ち着きがないので、

卒園式の間、落ち着いて座っていられるか心配だったからです。

始まった卒園式

そして、卒園式が始まりました。

園児入場

名前を呼ばれた園児が1人ずつ入場し、

最初は家族席の方に一礼、次に花道を通り特別席の方に一礼、そして着席。

・・・次男、できるのか?! (;´∀`)ダイジョウブ?

母の不安をよそに、満面の笑みで次男入場

意外にも?ちゃんとやれておりました。

卒園証書授与

次に、卒園証書授与となりました。

園長先生が園児のところに行き、一人一人にお祝いの言葉をかけ、証書を渡していました。

順番が一番最後の次男。

退屈そうにイスに寄りかかっている姿が、丸見えです・・・。

私がじーっとみていると、「エヘ♪」みたいな顔をしてちゃんと座ったりしてくれました。

そして、自分の番が来て証書をもらった時に、「ありがとう」と言えていたので、次男も成長したな~と思いました。

式の途中であったハプニング

それは、園長先生のお祝いの言葉の最中のこと。

ちゃんと座ってはいませんが、騒ぐことなくその場にいる次男。

 

でも、何か表情が変。

どうしたんだろ?と私が思っていると・・・

は、は、はっくしょーん ( >д<)、;’.・

次男、大きなくしゃみをしました。

しかも、鼻から鼻水が・・・Σ(゚Д゚;)アラマッ

どうしようかと思っていると、次男、スタスタと私の方へ近づいてきました。

たまたまハンカチを出してあったので、それで次男の鼻水を拭き、席に戻るように促しました。

 

そして、園児が卒園証書を特別席にいる家族に持っていくことに。

みんなそれぞれ、自分の親に感謝の言葉を言っていました。

 

さて、次男は何を言うのかな?と思っていると、次男がやってきました。

「おかあさん、〇@%&’(#~¥。」

「〇@%&’(#¥」がよく分からなかったので、

「しんちゃん、もう一回言ってくれる?」

と、私が言うと、

「おかさん、ちゅーして」

え?このタイミングで、これ?

つっこむ間もなく近づく次男。

 

仕方がないので応じることになり、

大勢の前で、恥ずかしかったです・・・(;´∀`)カンベンシテ

保育園での思い出と歌

次は、春・夏・秋・冬に分かれて、保育園での思い出を一人ずつ言うことに。

先生の話では、次男の担当は冬の季節で、節分の出来事でした。

途中、順番を間違えて席を立つときはありましたが、自分の番が来て、セリフを言うことに成功

ホッとしました。

 

その後は、曲名は忘れてしまいましたが、お別れの歌を歌うことに。

園児の中には、感極まって泣いている子もいました。

泣きながら一生懸命に歌っている姿を見ていると、こちらもウルッときそうになりました。

 

次男は、どうなんだろ?歌っているのかな?まさか、泣いているのかな?と思い次男を見ると、

大きなあくびをしている次男・・・

キミって、そういう男だよね・・・。

でも、歌にちゃんと参加している姿が、嬉しかったです。

フィナーレ

そして、卒園式もフィナーレに。

園児が花道に出て特別席にいる家族に向かって、

感謝もしくは小学校に入ってからの目標などを言ってから、一緒に退場することに。

「おかあさん、いつも送り迎え、ありがとう」

「小学校に行っても、頑張ります」

と言って、家族と一緒に退場する園児達。

 

そして、いよいよ次男の番に。

すると次男、

「がっこう、たのしかったよ」

と、言いました。

次男の中では、「がっこう=保育園」と思っていたようで、この言い回しになったんだと思います。

 

途中いろいろハプニングがありましたが、何とか無事に終わってよかったです。

2年前の次男に比べると、本当に成長しました。

本人の頑張りもありますが、先生方や同じクラスの子達のおかげだと思います。

本当にありがとうございました。

 

4月からは、また新しい環境が始まります。

初めのうちは次男にとって大変かもしれませんが、一緒に乗り越えていこうと思います。

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す