2017年我が家のクリスマス

2017年のクリスマスですが、我が家の子供達にある変化がありました。

それは・・・

「サンタクロースを信じている」という事実が発覚したのです。

クリスマスツリーに願いを・・・

あれは、12月上旬。

クリスマスツリーを出して飾り付けをし、あとは子供達が欲しいプレゼントを買うだけでした。

以前から、2人とも欲しい物があったので、Amazonで購入し、ついでに商品の画像をプリントアウトしておきました。

 

そして、

「サンタクロースに、どんなプレゼントが欲しいかわかるようにしようね」

と2人に言って、自分の名前を書いてもらい、クリスマスツリーに飾ってもらいました。

 

すると、次男、手をパンパンと2回たたき、拝みだしたのです!

そして、

「サンタさん、おねがいします!」( `・ω・´)キリ!

と、両手を合わせて願をかけていました。

 

すると、今度は長男。

クリスマスツリーに飾った欲しいプレゼントの紙が、サンタクロースに見えるように、目立つところへ微調整。

・・・本気だ。2人とも、本気で信じている! Σ(´∀`;)アラマ!

 

今まで2人は、サンタクロースに対してどう思っているのかが、イマイチわかりませんでした。

しかし、信じているかもしれないので、昨年も2人の夢を壊さないように、頑張りました。

今年も、子供達の夢を守らねばっ!

クリスマス・イブ前日の夜、それは起こった・・・

子供達の夢を守るために、まずはAmazonから送られてきたプレゼントは、クローゼットの奥へしまいました。

あとは、クリスマス・イブの前日の夜に出して、クリスマスツリーの下に置くだけ。

 

また今年は、2人とも、ひらがな・カタカナがほぼ読めるようになったので、

私が書いたサンタクロースからのメッセージカードも添えることに。

 

今年は、子供たちが朝起きたら、きっと喜ぶだろうな~と想像しただけで、にやけていました。

そして、クリスマス・イブ前日の夜。

子供達が寝たのを確認して、クローゼットからプレゼントが入ったAmazonの箱を取り出し、

メッセージカードを書き、クリスマスツリーの下に置きました。

 

準備は万全!

と思い、久々にパパとのんびり映画を観ることに。

映画を観始めて1時間半後。

突然、寝室の引き戸が開く音が聞こえたのです。

 

振り返ると、そこには目をこすりながら立っている次男がっ!

さらに、長男まで!

 

プレゼントがばれてしまう・・・

いま、そこにある危機・・・(;´∀`)マズイ

慌ててパパは、クリスマスツリーの前に立ち、プレゼントが子供達に見えないようにガード。

 

私は、「どうしたの~?寝るよ~」と子供達を巧みに誘導し、寝室へ。

夫婦の連携プレイにより、危機回避

いつもは朝まで爆睡の2人だったのですが、何かを感じ取っていたのでしょうか・・・?

クリスマス・イブ当日の朝

そして、当日の朝。

2人が布団の中でモゾモゾしているので、「あ、起きたんだな」と思い、布団からいつ出るのかと待っていたのですが、一向に出てこない・・・。

 

そこで、

「サンタさん、来たかな~?」

と、言ってみるとマッハのごとく起きる二人。

 

そして、クリスマスツリーの下にあるプレゼントを見つけると・・・

次男:「おかあさん、サンタさんきたよ~!」ヽ(´∀`*)ノキャッホー

長男:「うぃ~~~~~~!!」ヽ(´∀`*)/ イヤッホー

と、サンタクロースが来たことを喜んでくれました。

そして、それぞれメッセージカードを読んでもらうことに。

 

ちなみに、

「いつもげんきで、わらっていてください。 サンタクロースより」

と書きました。

 

今年の2人のプレゼントですが、

長男:レゴシティ ジャングル探検移動基地 

次男:レゴマインクラフト 暗黒界の線路

です。

Let’s 組立て!

恒例のレゴブロック組立

2人が小学校に入学する前は、レゴブロックを買っても、つきっきりで様子を見ていました。

でも、徐々に自分だけの力で、組み立てられるようになってきのです。

 

今回も、2人だけで頑張ってもらいました。

まず、忠実派の長男。

説明書通りに、1から順番に袋をあけて、組み立てていきます。

 

ブロックが硬くてなかなか、はめることができない等、困ったときは、「てつだってください」と言って助けを求めます。

以前は、困ったときは組立てが止まってしまい、私やパパに助けを求めることはしませんでした。

それを思うと、「相手に頼るスキル」が身についたのだと思います。

まだまだ成長を感じる長男です。

 

そして、自由派の次男。

説明書を見る前に、とりあえず全部のブロックの袋を開けていまう・・・。自由だ・・・。

目当てのブロックが見つからなくて、「おかあさん、ブロックない~」と挫くときもありますが、何とか自分で探す次男。

以前は、うまくできないとすぐ諦めてしまってしまい、私やパパがよく手伝っていました。

でも、今では時間はかかっても、「一人で頑張れるスキル」が身につきました。

次男も成長しています。

 

約1時間30分後。

2人とも組立完了です。

組立が終わった後は、それぞれ嬉しそうに遊んでいました。

メリークリスマス!!

 

2人の組立ての様子を動画にまとめました。

よろしければ、ご覧ください。

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す