長男のレベルアップ ~小学校入学時からみて

今日から長男の小学校は3学期を迎えます。

2015年の4月に入学式があり、1学期が始まって、あっという間に3学期です。

時間が経つのは本当に早いですね。

2015年4月から小学校に入学してから、長男も少しずつレベルアップしてきました。

トイレのレベルアップ

1つ目は「トイレ」です。

自分でトイレには行けるようになりました。

しかし、排便の時は、私が来るまでずっと座ったままです。

 

そこで、2015年の5月ぐらいから、お尻を拭く練習を始めました。

しかし、その前にトイレットペーパーを巻き取る練習でした。

最初は、私がお手本をみせることに。

1・2・3と数えて巻き取ったら、切ることを実演して、本人にもやってもらいました。

何度か練習するうちに、できるようになりました。

 

ただ、うまく切れないと、トイレットペーパーの量が多くなってしまうときがあります。

これも経験するしかないかな・・・と思い、あまり注意しないようにしています。

 

お尻を拭くのはまだまだですが、これを続けていけば、完全にトイレは自分で行けるようになると思いました。

それまでは、サポートをしてあげようと思います。

行儀のレベルアップ

2つ目は「行儀」です。

昨年末に、小児科に行った時のことです。

 

その小児科の待合室には絵本もありますが、おもちゃもあります。

小さい頃の長男でしたら、真っ先におもちゃで遊んでいたと思います。

 

しかし、最近は絵本のコーナーへ行きます。

その時も、「アナと雪の女王」の絵本を読んでいました。

読んでいる間も、騒ぐことなく、大人しかったです。

 

そして、診察が終わり、会計も済ませた時、

まだ絵本を読んでいた長男に

「そうちゃん、帰るよ~。」

と言いました。

すると、長男、スッと立ち上がって、絵本を元のあったところに戻し、私のところに来てくれたのです。

 

いつもでしたら、「帰るよ~」と言っても、動いてくれません。

仕方がないので、長男のところへ行って、

「帰ります。絵本、片付けて。」

など、声掛けをします。

しかし、あの時は、私の一言で理解してくれたことがビックリしました。

伝えるレベルアップ

3つ目は「伝える」ことです。

車で出かける時、2人には後部座席に座っても、必ずジュニアシート&シートベルトをしてもらっています。

そして、2人がシートベルトをしたら、出発することにしています。

 

その日はたまたま次男のテンションが高く、なかなかシートベルトをしてくれませんでした。

するといつもはおとなしい長男が、次男に

「シートベルト!」 (`Д´)コラー

すると、次男、普段あまり長男に怒られたことがないせいか・・・

「・・・」 (; ゚д゚)スミマセン・・・

大人しくシートベルトを締めてくれました。

長男、早く出発したかったのか、次男の態度に、珍しくイラッときたんでしょうね。

診断を下された3歳頃に比べると、要求の言葉など「自分が伝えたいこと」が少しずつ増えてきたと思います。

 

長男はこれからどれだけ成長できるのかは、わかりません。

いつも不安はあります。

でも、長男は頑張っています。

だからその頑張りを支えれるように、長男を信じようを思います。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す