子供の変わった言葉遣いの原因は?

子供達は、日々少しずつ成長しています。

言葉の面で、こんなことがありました。

次男の変わった言葉遣い

昨年から、次男はちょっと変わった言葉遣いをするときがあります。

例えば、おやつを食べるとき。

自分が食べたいものを見つけると・・・

「チョコにしようか?」

 

また、DVDを観るとき、

「トムとジェリー」のDVDを持ってきて・・・

「ネコにしようか?」

 

普通、自分の希望、要求を言うときは、

「~ください」「~したい」になります。

しかし、なぜか次男は、

「~しようか?」

相手に提案する言い方をするのです。

でも、よくよく考えると、この言い回しは、私や保育園の先生が次男に対して言う言葉です。

つまり、次男は周りの人が、自分に言う言葉をマネし始めたようです。

ちょっと面白い言い回しですが、特に気にしなくてもいいかなと思いました。

一方、長男は?

長男も、昨年から言葉が少しずつ出てきています。

でも、ちょっと気をつけないといけないことが、ありました。

 

長男は、水たまりが大好きです。

雨の日だと、水たまりに必ず入りたがります。

長靴を履いていれば、いいのですが、たまたまその日は普通の靴を履いていました。

靴が濡れるのを避けた方がいいと思ったので、

「そうちゃん、水たまり、だめだよ。」

と言って、水たまりから遠ざけようとすると

「だめだよっ!」

と、私に怒る感じで、大きな声で言います。

 

実は、これも長男が言葉をまねているのです。

原因は、私です。

私はよくパパに「怒りすぎ」と指摘されます。

気を付けてはいるのですが、長男が自分から離れたところで、イタズラをしていると、止めさせるのに、大きな声を出してしまうからです。

 

子どもは、きちんと親を見ています。

自分のやっていることを、長男がそのまま吸収していると思うと、

本当に気を付けないといけないのは、自分だな・・・。

と反省しました。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す