次男の小学校入学式

先日、次男の小学校入学式がありました。

次男は、この度、特別支援学級に入学します。

 

小学校が決まるまで、2転3転したことがあったので、昨年は大変でした。

それでも、小学校の制服を着て、嬉しそうにランドセルを担ぐ次男を見て、頑張ってよかったなと思います。

入学式前日に・・・

私は不安でした。

保育園の卒園式では、何とかその場にいることができた次男。

(詳しくは「次男の保育園卒園式」をご覧ください)

 

しかし、小学校の入学式となると規模が違いすぎます。

そこで、特別支援学級の先生の勧めで、前日にリハーサルをしました。

 

ただ次男は、いつもとは違う場所のためにテンションが高く、先生の話も聞かない始末・・・。

本当に明日大丈夫かな?と、ただただ不安でした。

 

先生からは、当日は次のように対応しますと言われました。

①先生は、次男の後ろに座り、次男をサポート。

②次男が騒ぎそうになった場合、先生が次男の隣に移動し、

それでもだめなら、一旦退場し、落ち着いたら席に戻る。

果たしてどうなることやら・・・。

入学式当日

入学式が始まり、新一年生入場。

次男は、先生と手を繋いで満面の笑顔で入場。

リハーサル通りに自分の席に座ることもできました。

 

そして、校長先生からのお祝いの言葉が始まりました。

最初の頃は、それなりに大人しく聞いていた次男。

 

それでも、次第に退屈になってきたのか、座りながら仰け反ったり、前屈したりする次男。

傍から見ると行儀の悪い子にしか見えないな~と苦笑いするしかありませんでした。

 

その後、来賓の方・PTA会長からの祝辞・電報紹介など、次男にとっては退屈するものばかりでした。

そのため、少し騒ぎそうな気配があったのか、先生が次男の隣にイスを移動しました。

これで少しは落ち着けるかな・・・?と次男の様子を見ていると、

急に仰け反る次男と目が合いそうに! Σ(・∀・;)ヤバイ

 

私とパパは、前から4番目ぐらいの席に座っていたのですが、次男の席からは私達の姿が分かったかもしれません。

仰け反りながらこっちを見ている次男。

まずいなぁ・・・と思っていましたが、先生に促されて姿勢正しく座りました。

それから校歌斉唱・六年生からの言葉などあり、新一年生退場で入学式は無事に終了しました。

入学式は約30分ほどでしたが、なんとか切り抜けてよかったです。

入学式の後・・・

入学式の後、次男は一旦、自分のクラスに戻り先生の話を聞いたり、クラスの中を見回ったりしていました。

次男が所属する支援学級は、今年度で人数は7人となり、先生は2人で担当することになっています。

本来、先生1人に対して生徒数は上限8人までとなっているので、十分かなと思いました。

 

私達がPTA入会式を終え、次男のクラスに来たときには、次男は機嫌よく過ごしていました。

そして、次男は他の一年生と一緒に校内めぐりをしに行きましたが、10分もせず教室に戻ってきました。

 

実は次男、学校側の計らいで、一足先に入学式の1ヶ月ぐらい前に校内めぐりをしたのです。

そのため校内めぐりに飽きたのかな?と思いましたが、どうも様子が違うような・・・。

そして、新一年生の記念撮影をしに、体育館へ移動することになったのですが、

移動、拒否。

 

何とか体育館へ移動し、先生の話では記念撮影も特に問題なかったようです。

ただ、それから教室に戻っても落ち着くことなく、教室内をウロウロ。

 

そして、今日一日の行事が終了し、家に帰ろうと次男に言ったところ、

「おうち、いや」

次男、帰宅拒否。

 

「じゃあ、おかあさんもパパも帰るよ」

と、伝えると

「いや」

と言いつつも、その場で動かない次男。

 

おそらくですが、次男はもっと教室に置いてあったもので、遊びたかったのかもしれません。

次男は、帰らないといけないことが頭で分かっていても、気持ちが追いつかない感じだと思います。

 

「明日から、ここで遊べるよ。今日は、帰ろう。」

そう言っても、動かない次男。

しまいには号泣し、座り込んでしまいました。

 

今日一日だけでも頑張った次男。

いつもは自分でこっちに来るまで様子を見ていますが、今日は次男の方へ行きました。

 

すると次男、両手を出して抱っこ要求。

玄関まで抱っこしている間、ずっと次男は泣いていました。

次男が保育園を転園したときも、こんな感じだったなとしみじみ思いました。

 

小学校が始まって、1週間ぐらいたちました。

先生からのお話や連絡帳を見ている限りでは、次男なりに楽しんでいるようです。

 

これから楽しいこともあるでしょうが、辛いこともあるかもしれません。

辛いときは一人で乗り越えて欲しいですが、いざと言うときは支えていこうと思います。

いろんなことを経験して、いろんなことを学んで欲しいなとただただ願う母でした。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す