保育園時代の次男 ~給食編

次男の保育園時代のお話です。

保育園時代の次男は?

次男は、基本的に好き嫌いは、あまりありません。

どうしても無理なのは、「しらす」ぐらいです。

そのため、よく食べます。

カレーライスやシチューなど、大好きなものは必ずおかわりをします。

よく食べ、よく遊び、よく寝る。

おかげで、小さい頃から体重の成長曲線は「ふつう」と「ふとりぎみ」の間のギリギリを描いております。

まだ身長が高い方なのでいいですが、将来、肥満にならないように気を付けないといけないなと思っています。

本当にあった話

次男が年少の頃に通っていた保育園で、こんなことがありました。

ある日、いつものように迎えに行くと、次男のクラスの先生が神妙な顔で、私に言いました。

 

先生「しんちゃん、今日具合が悪いかもしれません。」

私「え?!そうですか?朝は特に問題なかったと思ったんですが・・・。」

クラスの中にいた次男を見ると、普段と変わらず元気そうでした。

先生「・・・実は、お母さん。

しんちゃん、今日・・・

給食、おかわりしなかったんです。」

私「え・・・?」 (;´∀`)?

先生「いつもだったら、

毎日おかわりしていたのですが、

今日はなぜかおかわりしなかったんですよ。

どこか具合が悪いのでしょうか?」

私「・・・。」 ( ゚д゚)ポカーン

先生の表情をみると、冗談ではなく至って真面目でした。

・・・先生、「次男のおかわり=元気」と解釈していたのでしょうか?

「おかわり」が、健康バロメーターになっていたとは・・・。

次男よ・・・食べすぎだよ(泣)

「おかわり」対処法

好きなものはとことん好きな次男。

保育園で日中、運動をよくした日は、特におかわりの回数も増えるようです。

よく食べるのはいいのですが、好きなだけというのは、よくないと思いました。

次男が食べ尽くしてしまうことで、おかわりが欲しかった子が食べれなくなるかもしれません。

 

そこで、回数を決めることにしました。

回数は先生に決めてもらい、例えば1回だったら、視覚的にわかるように〇を1つ書いたもので回数を提示することにしました。

最初の頃は、そのルールがよくわからず、拗ねてしまっていました。

しかし、繰り返していくことで、そのうちルールが分かるようになったのです。

 

ちなみに家では、おかわり1回のみとしています。

これからどんどん大きくなるにつれて、食欲も増していきます。

でも、本人の好きなだけ食べさせるのではなく、ちゃんとルールを決めることも大事だと思います。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す