長男とタオル ~後編

長男が、5年に渡って使い続けてきたタオルがボロボロに・・・。

しかし、長男は、そのタオルを気に入っている・・・。

そこで、パパはある作戦を考えました。

タオル買い替え作戦

プランその1:同じタオルを購入すること

さっそく、ネットにて同じタオルがないかを、検索しました。

・・・ありませんでした。

よく似たものがありましたが、完全に同じものはヒットしませんでした。

 

次にタオルのタグに、うっすら書いてあった会社名を検索してみました。

その会社の通販サイトに、長男が持っているカエルの絵があるタオル、「カエルタオル」はありました。

しかし、完全に一致するカエルタオルはなかったのです。

そこで私は、そのタオル会社に電話で問い合わせることに。

 

まず、電話に出られた方に事情を説明し、タオルの絵柄を伝えました。

そして、同じものを何とか購入したいことも伝えました。

話は分かっていただいたようですが、購入したタオルが5年も前ということで、現在は取り扱いをしていませんでした。

 

あと、もし同じタオル希望となると、最低でも1,000枚の購入をお願いしたいとのことでした。

・・・1,000枚

カエルタオル1枚:約2,000円×1,000枚=2,000,000

・・・約200万円!! Σ(゚д゚lll)ガーン

いくら長男のためとはいえ、無理・・・(泣)

とりあえず、電話対応していただいたの方にお礼を言って、電話を切りました。

その日の夜、緊急会議第2回が開かれました。

そして、次のプランを実行することに・・・。

プランその2:イベントに絡める

実は、これを話していた季節はちょうど12月初旬。

12月といえばクリスマスです。そこで・・・

サンタさんからのクリスマスプレゼント作戦

 

決行は、クリスマス・イブの夜。

長男の枕元に、おもちゃのプレゼントと、新しいカエルタオルが入った箱を置きました。

そして、古いタオルはタンスの奥にしまいました。

 

クリスマスの日の朝。

目を覚ました長男。最初に、カエルタオルの箱に気付きました。

箱を自分であけて中身を見てみると、長男、歓喜の雄たけび!

「うぃ~~ ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!」

カエルタオルを箱から出して、肌触りを確かめるように、タオルを体に巻きつけていました。

そして、タオルに描いてあるカエルの絵を見て・・・

ご満悦 (*´∀`*)シアワセ~

古いタオルは、もう忘れてしまったようで、新しいタオルがかなり気に入ったようでした。

そのタオルは、7歳になった今も使っています。

今日もそのタオルをもって、ぐっすり眠っています。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す