長男の絵の成長

昨年の大掃除の際、子供たちが小学校や保育園で描いた絵を片付けていました。

すると、長男が保育園の年長時代に描いた絵が出てきました。

保育園時代の長男の絵

・・・お世辞でも上手とは言えませんが、これでも上手く描けた方だと思います。

保育園の年少・年中時代、人らしきものは、点もしくは〇(丸)のみでした。

年長になった頃に、

〇(丸)→目がつく→くちがつく→手足が生える→けが生える

微生物が徐々に進化していくように、最終的には、上記の絵のようになりました。

また、今でもそうですが、夏休みの思い出の絵を描きましょうとテーマを出されても、それを描くことはできません。

そして、上の絵は、保育園で「遠足の思い出」というお題の時に描いた絵です。

遠足先は大きなアスレチックのある公園でしたが、それらしきものは描かれていませんでした。

 

この絵は、おそらくその年の夏、家族でぶどう狩りに行った時の絵だと思います。

絵の左上に紫色の丸がいくつもあるのが「ぶどう」で、

描かれている4人は、私達家族だと思ったので、そう判断しました。

 

長男が絵を描いた後、「何を描いたの?」と聞いても、なかなか答えてくれません。

また、答えてくれても、本当にそれを描いたのか、わかりづらかったです。

小学生になってからの絵

そして小学校入学し、半年を過ぎた頃から、ほぼ毎日絵を描くようになりました。

描く絵は、ほとんどANAの飛行機747機で、小学校2年生になる頃には、下の様な絵が描けるようになりました。

劇的ビフォーアフターみたいで、ビックリです。

飛行機を描きだした頃は、飛行機のみでした。

でも、徐々に絵のバリエーションが増えていったのです。

飛行機以外に、空港や高速道路や車・バス、橋あとは、夕日を描くようになりました。

 

空港ですが、どうやら羽田空港をイメージしたのではないかと思います。

絵の中に赤いアーチ状のものがあるのですが、実際に羽田空港の近くにある橋のようです。

 

羽田空港にはまだ一度も行ったことがありません。

おそらく、Google Earth で「ANA」と自分で検索した時に発見したようで、かなり気に入っています。

 

そして現在ですが、マインクラフトの絵を描くようにもなりました。

最新作は、こちら!

 

細かいところや、色使いとかもうまくなってきたと思います。

あとは、こんな絵も描くようになりました。

 

 

ヒカキンさんが、マイクラの実況中継をしている時の絵のようです。

絵の左下にメガネをかけている人がヒカキンさんだと思います。

でも、「ヒカキン」ではなく、

「ピカキソ」って・・・(;´∀`)ドンマイ

 

絵を描いている時の長男は、真剣な表情です。

そして、描いた絵を私やパパが見て、「すごいよ~、上手だね~。」と褒めると嬉しそうにしています。

これからどんな絵を描いていくのか、楽しみです。

そのためにも、たくさんいろんなことを経験させてあげたいです。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す