我が家のハロウィン~2016年

今年も我が家は、ハロウィンをお祝いしました。

まずは、部屋の模様替えをしました。

キッチンには、コウモリを。

hw_2016_2

 

 

 

 

 

居間には、クモの巣を飾りました。

hw_2016_1

 

 

 

 

 

これだけでも、次男テンションUPです。

「こうもり~!くも~!」 Σ(゚Д゚)ビックリ!!

しかし、次男のテンションをよそに、パパはイマイチな顔。

 

パパ:「・・・やっぱり、今年もやるか・・・。」

私:「え?やるって何を?」

パパ:「何って、カボチャランタンだよ」 ( ̄ー ̄)フッ

 

そこでパパは、花屋さんでカボチャを4個、購入。

そして、それぞれ絵をマジックで描き、パパが彫ってくれることになりました。

もちろん、長男・次男にもそれぞれ絵を描いてくれました。

そして、出来上がったのは、こちら!

hw_2016_6

左から、長男・私・パパ・次男が作成したものです。

ちなみに、私・パパが作成したものには、裏もあります。

私のカボチャの裏は、「月明かりの魔女」です(※パパが描いて、彫りました)

hw_2016_4

パパのカボチャの裏は、2種類ありまして、まず1つは「おばけの洋館」

hw_2016_3

もう1つは、「クモの巣」です。

hw_2016_5

制作2日で、完成。

パパ、ありがとうございます。

 

カボチャの中に小さいロウソクを入れて点灯したところ、

「うゎ~、きれいね~。ハロウィンね~。」 (´∀`*)ステキ

と、女子のようにはしゃぐ次男。

 

Eテレの「えいごであそぼ」で流れていた「ハローハロウィン」を口ずさんでいました。

一方、長男ですが、パパが彫ったカボチャをみて、思わず・・・

「やっべ!」 Σ(゚Д゚  )ヤバイヨ!

と、現代っ子さながらの驚き方。

長男、お母さんは君のそのひと言にビックリだよ・・・。

 

そして、ハロウィンには、やはりお菓子。

今年は、手作りお菓子を用意してみました。

 

ある程度までは私が作り、デコレーションは子供たちにお願いしました。

そして、完成したのは、こちら!

hw_2016_7

チョコマフィンを土台に、顔はクリーム、帽子はチョコクッキーとキスチョコ、デコレーションはチョコペンでしました。

長男・次男とも喜んで食べてくれました。

また来年も、こんな感じでハロウィンをお祝いしたいです。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す