次男の保育園最後の運動会

先日、次男保育園最後の運動会がありました。

期待と同時に不安もありました。

運動会練習の次男の様子

実は、予行練習の時点で、次男は泣いてばかりでした。

実はそれには理由がありました。

次男は普段、朗らかな性格ですが、長男以上の負けずギライです。

 

特に、リレーの最中、自分が追い抜かれた時点で大泣きし、うなだれてしまう感じです。

そのため、それから後の他の競技の練習にも尾を引いてしまい、うまくいかない始末…。

 

また、自分が負けるのも嫌だけど、チームが負けるのも嫌なようです。

先生方の試行錯誤により、うまくいけたり、ダメだったりの繰り返しでした。

先生方には本当に感謝でいっぱいです。

運動会当日の次男の様子は?

そして、本番当日。

会場は近くの小学校体育館。

まずは最初に年長組による応援で、次男を含む年長組さんがステージに上がりました。

するとステージ上に飾ってあったメダルに気づいた次男。

迷いなく取ろうした瞬間、隣の子に引き戻されました・・・。

 

そして応援スタート!

掛け声はちょっと離れていたので、聞こえにくかったのですが、振付は他の子と同様に最後まで、できていました。

感動してちょっと泣きそうになりました (´;ω;`)エライヨ

 

そして、かけっこ・玉入れ・障害物競走・親子競技を何とかうまくこなし、そしてメインイベントのリレーに!

次男は第2走者。

次男チームの第1走者の子が頑張って、1位のまま次男にバトンを渡しました。

次男走り出し、次の走者にバトンを渡すまで、頑張って走り抜けました。

終わった後の次男の顔は、

満足気でした (*´∀`)ヤッタネ

その後ですが、次男のチームが追い抜かれた2位となり、このままだと負けると思った次男。

コースに出てとっさに妨害 Σ(・∀・|||)エエ~

しかし、すぐに先生に戻されました。

結局、次男の妨害は特に影響もなく、リレーは終了。

 

2位という結果に不満なのか、泣きはしませんでしたが、ふくれっ面でした。

あと、私のとこに来て、「くやしい」と言っていました。

でもどんなに悔しくても、妨害はよくありません。

またこれは少しずつ、教えていかなければいけないなと思います。

 

そして閉会式。

園長先生により、1人ずつメダルが贈られ、次男も頂きました。

贈られたメダルを嬉しそうに見つめる次男。

少し失敗はありましたが、コースアウトしたり、先生の言うことを聞かなかった昨年よりも、

大幅に成長したな~と誇らしく思った私とパパでした。

次男、頑張ったね!

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す