運動会 ~長男保育園時代

運動会の季節になってきましたね。

1回目に引っ越した後に入園した保育園でも、長男・次男とも参加をしていました。

長男は、入園して卒園するまで3回、運動会がありました。

最初の年少時代は?

年少時代は、入園してすぐの行事だったので、不安があったようです。

その頃は、なぜか運動会に使う小さい三角コーンがお気に入りのようで、競技中もずっと持っていました。

 

また、加配の先生が、徒競走や障害物、お遊戯中も、長男の側にいまいた。

何とか運動会を過ごせただけでも、偉かったと思います。

本人なりに頑張った年中時代

そして、年中時代。

保育園の生活にも慣れてきたのと、2回目だったので、

前回持っていた三角コーンがなくても、加配の先生が側にいなくても、大丈夫でした。

 

徒競走や障害物は、最下位でしたが、それでも本人なりに頑張っていました。

お遊戯も、本人の頑張りと先生のおかげで、テンポは少し遅れていましたが、

他のみんなと一緒に踊ったりすることができました。

 

年中時代では、要求の自発語が少しずつ出てきた頃で、他の子に比べると本当にまだまだでしたが、

その様子をみていると、少しずつ発達しているんだなと思い、涙ぐんでしまいました。

最後の運動会

年長時代となりますと、年中より競技レベルもアップしていました。

例えば、徒競走でも体育館2周となったり、障害物競走も最後の方で、

鉄棒を前回りし、フラフープを使って縄跳びをしながら、ゴールに進む等でした。

 

徒競走は、残念ながら最下位。

障害物競走は、鉄棒でなかなか前回りできないでいたので、補助の先生が手助けしてくれました。

最後の縄跳びは、練習はしていたようですが、本番でもできなかったです。

でも、本人は投げ出すこともせず、最後までやり遂げました。

他の競技の玉入れや綱引きは、長男なりのペースでやっておりました。

 

最後の競技は、親子リレーでした。

この運動会での一番盛り上がる競技で、2チームで競います。

走る順は、Aくん→Aくんの親→Bくん→Bくんの親・・・になっています。

長男は、何番目に走るのかな?と見ていると・・・

なんと第一走者!? Σ(´∀`;)ダイジョウブ?

 

そして、親子リレー、スタート!

マイペースに走る長男。そのため、半周遅れに。

そして、パパにバトンを渡すと・・・

パパ、激走! ヽ( `皿´ )ノウォ~~~

パパが頑張ってくれたおかげで、少し差を縮めて、バトンタッチ。

パパ、お疲れ様でした。

 

そして、最後はお遊戯でしたが、アップテンポな音楽に合わせて、踊ったり、移動したりなど目まぐるしかったのです。

でも、日々の練習もかいあって、若干のずれはありましたが、パニックも起こさず、やりきれました。

長男は、他の園児よりもできていないところは、多かったです。

でも、保育園入園当初に比べると、本当に頑張ったと思います。

 

普段一緒に過ごしていても、目に見える成長はなかなか分かりづらいものです。

でも、運動会などの行事を通じて、意外な子供の成長ぶりに驚きました。

そんなことを実感できた、長男の運動会でした。

 

もうすぐ次男の保育園最後の運動会です。

不安もありますが、楽しみです!!

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す