「ひみつきち」がやって来た!

先日、子供達と買い物から帰ってきたら、何やらドヤ顔のパパ。

「ちょっと、こっち来て」

と、子供達が家にいる間、主に過ごすリビングのドアを開けると、そのには・・・!

サンシェードがっ!

・・・何故に?と私が戸惑っている横で、子供達は大はしゃぎでした。

 

実は、さかのぼること数日前。

たまたまWebニュースを見ていたら、子供のために室内用のテントを作ってみよう!という記事がありました。

記事の中には、インディアン型のテントが掲載され、「未就学児にオススメ」と書いてありました。

しかし、小学校3年生の長男・小学校1年生の次男。

しかも、2人とも平均身長越えの体格。

インディアン型のテントでは狭すぎる・・・。

では、記事の中にも紹介されてありましたが、棒状の木材を数本購入し、円錐状になるように組み立てる。

手軽で、子供達に合わせて作れるかもしれないけど、使わなくなったときの処分に困る・・・。

ダンボールで作っても、かさばるし、解体するときが大変・・・。

悩んだ結果、私は購入を諦めていました。

しかし、こういうときに闘志を燃やすのが、ウチのパパです。

 

パパは、考えました。

組み立て・片付けの際に簡単にできるもの。

子供達が使用する以外に、使い道がある実用的なもの。

考えた結果、一つの結論に・・・。

サンシェードがあるじゃないかっ!( ̄ー ̄)ニヤリ

 

「サンシェード」

ご存知の方が多いと思いますが、海などの行楽地でよくみる簡易テントのことです。

道具を使わないで、組み立てることもできますし、片付けるのも簡単です。

子供達が使わないときは、どこか行楽地に持っていくと、休息をとるときに便利だと思います。

 

パパが今回、購入したのはこちら!

高さ130cm・横200cm・奥行き160cmとなっております。

これを見て次男、

「ひみつきちだ~!」ヾ(*´∀`*)ノ ワ~イ

同じく長男、

歓喜の雄叫び ヽ(*´∀`)ノ ウィ~~!

2人ともテンションMAXです。

サンシェードの中に入っていき、くつろぎ始めました。

私も中に入ったのですが、高さがあるので、あまり狭くは感じませんでした。

 

このテンションMAXな2人に、パパはあるものを渡しました。

それは、LEDランタンです。

もともと非常用に購入してあったものです。

明るさも調整できて、LEDなので子供達が気軽に触っても安全です。

これをサンシェードの中央にぶら下げるようにすると・・・

子供達のテンションハイMAXです

こんな感じ↓

ちなみに、いろいろあるLEDランタンの中で、我が家が購入したのは、「ジェントスの エクスプローラー」です。

ジェントス LED ランタン 【3色切替/明るさ380ルーメン/連続点灯14時間/防滴】 エクスプローラー SOLシリーズ

 

 

3色切り替えと明るさの調整ができて、評価もすごくいいです。

 

 

サンシェードを置いて、しばらく2人の様子を見ていると、2人で協力して秘密基地を作っていました。

2人の好きなレゴブロックが入ったカゴや、長男愛用の座椅子・次男が気に入っているぬいぐるみ等を、サンシェードの中に入れていました。

 

実はここ最近、週末になるとTSUTAYAに行って、DVDを借りて見るのが多かったのです。

しかし、今は秘密基地をどうやってよくするのかを工夫することに夢中で、テレビやDVDのことは忘れてしまいました。

また、あまり兄弟仲がよくない2人ですが、サンシェードの中で仲良く過ごしていました。

次男:「おにいちゃん、お茶ほしいの?」

長男:「うん」

次男:「じゃあ、バスに乗っていくよ~」

と、次男がダンボールで作ったバスに、2人で乗り込んで冷蔵庫まで行き、お茶をゲットして秘密基地に戻りました。

この2人のやり取りを見て、購入してよかったな~と思いました。

 

そして、次男ですが私のところにやってきて、

「おかあさん、『ひみつきち』、書いて」

と、要求してきました。

書いてあげると、今度は、

「おかあさん、『たちいりきんし』も」

と、次男。

そして、書いた紙を秘密基地に貼ってあげました。

私は本格的な秘密基地になったな~と感心しましたが、次男に

「でも、立ち入り禁止だと2人とも入れないよ?」

と、言うと・・・

「おかあさんとパパは、はいっちゃだめ!」(´∀` )ウフフ

と、笑顔でキッパリ言われいました。

どうやら、

長男と次男だけの秘密基地のようです。

2人が喜んでくれたのなら、いいよ別に・・・(;´∀`)フクザツ

 

母親目線ポイント!

サンシェードですが、入口を閉めてしまうと中は次第に暑くなってきます。

入口を閉めないで使用するか、閉める場合は完全に閉じず、扇風機などを使って、下の方から中に風を送り込むようにしたりしたほうがいいです。

長時間中にいる場合、暑い日は水分補給をしましょう。キャンプ気分で中でお茶を飲んだりするのもいいかもしれません。

あと、サンシェードの中がおもちゃや本等でゴチャゴチャにならないよう、たまに子供達だけで片付けるようにすると、お片づけの習慣が身に付くと思います。

 

今回我が家が購入した物と似たようなサンシェードが、Amazonにありましたので、参考にしてください。

LEDランタンも下のところから、Amazonに行けます。

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す