自閉症児の夏休みの宿題 ~特別支援学校と特別支援学級

もうすぐ夏休みも終わりになりますね。

ご存知のように我が家の兄弟は、別々の学校に通っております。

長男は特別支援学校(3年)で、次男は特別支援学級(1年)です。

そのため、夏休みの宿題も違っておりました。

特別支援学校の場合

まず、特別支援学校に通っている長男ですが、1年生の頃から内容は変わっておりません。

基本、プリント+夏休みの思い出の絵+天気・日記 です。

プリントの量ですが、1年生の時は10枚程度、2年生の時は1日1枚程度、そして今年は1日2枚程度でした。

 

プリントの内容ですが、主に1学期にしたことで、お金の数え方・時計の読み方・簡単な算数・書き取り等です。

ちなみに2年生のときですが、夏休み後半、プリントが溜まってしまったので、1日5枚の日がありました。

長男は、明らかに

めんどくさい・・・(#・∀・)ハー

といった感じでしたが、やりきってくれました(笑)

今年は、何とかコツコツやれております。

 

「天気・日記」ですが、その日の天気を、学校が用意してくれる天気シールを貼り、その日あったことを簡単に書きます。

日記の方は、家の人が書いてもOKということだったので、私が書きました。

 

しかし、これでは本人のためではないので、3年生からは、本人に書いて、読んでもらうことにしています。

ただ、自分でその日のことを振り返って書くというのは難しいので、私が書いたものを見ながら書くという感じです。

 

また、夏休みの思い出の絵ですが、これがプリントよりも大変です。

まず長男ですが、「夏休みの思い出を描きましょう」としても、何を描いたらいいのか分からず、

おそらくその時ハマッていたものを描いてしまうでしょう。

そのため、夏休み中どこか出かけた場合は写真を必ず撮るので、

それをいくつかプリントアウトし、写真をお手本として描いてもらっています。

 

長男がハマッているレゴやマインクラフトでは、いろんなものを創っているのですが、「

テーマに沿って絵を描く」というのは苦手なようで、面白い発見でした。

特別支援学級の場合

一方、次男は、特別支援学級に通っていますが、1年生から長男の時とはずいぶん違っていました。

1年生の夏休みの宿題は・・・

夏休みの友

国語・算数のドリル

絵日記(3日分)

読書カード

選択課題(図工・国語)から2つ

でした。

こんなにっ!? Σ(´∀`;)マジデスカ

ちなみに、この他に自主的にするものとして、

夏休み前にしたことの復習(次男の場合は計算カード)・書写等が、ありました。

しかも、次男の通っている学校は2学期制をとっており、夏休みは8/28までです。

 

そのためか、宿題は全校登校日の8/21までにということでした。

長男の時よりも、明らかに多い宿題・・・。

・・・やるしかない (;´Д`)トホホ

とりあえず、次男には夏休みの友・ドリルは1日2ページ以上やってもらい、絵日記も何とかできました。

読書カードですが、1日15分本を読んだらチェックするのですが、毎日するのを忘れいたので、途中から・・・(泣)

 

問題は、選択課題。

選択課題ですが、学年が1年生ということもあり、図工は主に絵、国語は主に読書感想文でした。

先生、読書感想文は無理ですよ・・・(´・ω・`)ムリ

そのため、図工の課題を2つ選択することに。

両方とも割と自由に描くことができるものにしました。

 

1つは、普通の四つ切の画用紙で、もう1つは応募専用の用紙でした。

応募専用の用紙を取り出して、内容を確認していたところ、

中央にマイクを持った人らしきものが・・・

次男に「これ、なに?」と聞いたところ、

「マイクのスカーレットだよ」(∀`*ゞ)エヘヘ

※訳:マイクを持ったスカーレットだよ

どうやらDVDで観た「ミニオンズ」に出てくるスカーレットのようです

(マイク持つシーンがあったのだろうか・・・?)

何故にそれ・・・?(;^ω^)オイオイ

自由に描いてもいいものでしたが、

一応「春・夏・秋・冬それぞれの季節で心に残ったこと等、地域の行事やお祭りの絵など」とテーマに書かれていました。

次男よ、作品の題に、

「マイクを持ったスカーレット」なんて、お母さん書けないよ・・・。

 

ちなみに、何故描かれていたのか?というのも、

夏休みに1学期のおさらいということで、2回学校に行くことがありました。

そのときに夏休みの宿題を全部もって行き、

宿題の進捗状況を先生がチェックしたり、一緒にしたりしたそうです。

 

どうやら、そのときに次男はこの絵を描いたようです。

先生、自由にさせすぎです・・・

仕方が無いので、その上からさらに追加して描き、何とかもう一つの絵の課題も終わることができました。

 

これが全部終わったのは、全校登校日前日

もはや、夏休み親子の宿題 です。

来年は、もう少し自主的にやれるように考えようと思いました・・・。

【追記】

それぞれの学校の宿題内容は、学校によって違います。

そのため、参考程度でお願い致します。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す