長男の学ぶことの楽しさを広げたい。「居住地校交流」を希望してみました。

皆さんは、「居住地校交流」をご存知でしょうか?

大変お恥ずかしい話、私は最近まで、このことをよく理解していなかったことに気づきました。

「もっと早く、気づいていれば・・・」と、今すごく後悔しています。

居住地校交流とは?

居住地校交流とは、簡単に説明すると、特別支援学校に在籍する児童生徒が、自分の居住する地域の小・中学校に行って、居住地域の児童生徒と交流及び共同学習をすることです。

居住地交流の手続きの流れ(※初回)

  1. 特別支援学校が、児童生徒もしくは保護者に居住地交流の希望を聞く。
  2. 特別支援学校長は、希望をもとに県教育委員会に実地申込を行う。
  3. 県教育委員かは、市町村の教育委員会に受け入れが可能か確認。
  4. 県教育委員会は、確認後、特別支援学校長へ居住地校交流の決定を通知。
  5. 特別支援学校長は、相手校の交流の再確認を行い、担当教員同士で活動内容等について、年間計画を行う。
  6. 居住地校交流を実施。

先日、長男の担任の先生に、次男が通っている小学校の特別支援学級への、居住地校交流の希望を伝えました。

ただ、担任の先生から、もう7月なので、今年実施できるか難しいかもしれないと言われましたが、ダメもとでお願いしてみました。

 

希望をだしてから数日後。

2学期から実施可能が決定したので、ホッと胸をなでおろしました。

どうして、今までしなかったのか?

長男は、現在、特別支援学校の5年生です。

この5年の間に、居住地校交流をする機会は作れたと思います。

でも、今思うと、私のちょっとした思い違いが原因だったのでしょう・・・。

今思えば・・・

今思えば、特別支援学校入学後に、居住地校交流のことを言われたと思います。

でも、私たちは、長男の小学校就学を機に、引っ越したばかりでした。

詳しくは、こちら↓

長男の進学先を特別支援学校に決めるまでの道のり

 

引っ越しの前に住んでいた地域までは遠いし、新しい地域では知らない人ばかり。

とりあえず、今は居住地校交流は「希望なし」と伝えたのです。

でも、あの時、次男が通っている小学校へ交流の希望を出せばよかったのに・・・と後悔です。

 

長男のことを考えると、引っ越しや小学校など、新しい環境に馴染む前に、居住地校交流もとなると、不安や負担が大きいかもしれません。

でも、そこで諦めたりするのではなく、「最初は、短時間にする」とか、「長男の不安を和らげるのには、何が必要か?」など、長男に寄り添ったサポートをしておけば、実施できたと思います。

今となれば、結果論に過ぎないですが・・・。

 

でも、せめて次男が、地域の小学校の特別支援学級へ入学した時に・・・と思ってしまいましたが、当時は「居住地校交流」のことは、すっかり忘れていました。

それに、長男の通っている特別支援学校へ、別の小学校の児童生徒が、年に数回、交流学習で訪れていたので、地域との交流は、この「交流学習」しかないと私は思い込んでいたのです。

本当、後悔です・・・。

 

あと、この申請を出した後、衝撃の事実がありました。

衝撃の事実!

それは・・・

「先生側からは、居住地校交流を、保護者に勧めてはいけない」という決まりがあるということ。

学校によって違うかもしれませんが、少なくとも長男の学校では、そうみたいです(泣)

なので、最初に聞かれた時、「希望なし」とした場合、その後、本人もしくは保護者からの申し出がない限り、実施はしないということなのです。

この事実を知ったとき、「え〜〜〜〜〜、何それ??」と思ってしまいましたね。

 

また、居住地校交流の申請後、ある先生と話していたとき、こう言われました。

「実は、長男くんが、居住地校交流をしていないのを、勿体ないなぁと思っていました。」と。

「思っていたのであれば、言ってください・・・」と言いたかったです。

 

でも、出来なかった時期を悔んだり、先生を責めても、何にもならないと思いました。

それよりも、居住地校交流が決定したのだから、自分ができることを考えようと気持ちを切り替えました。

どうして、今からするのか?

私たちは、これまで「子供達のためになにができるのか?」を考えてきました。

できることは、してきたつもりですが、限界を感じることがあります。

長男が特別支援学校の高学年になってからは、特にでした。

特別支援学校の授業は・・・

特別支援学校では、「学習」よりも「生活面での自立」を優先としているため、子供が国語などの学習をするときは、個別対応となります。

お子さんの小学校進学前には読んでおきたい。特別支援学校と特別支援学級の違いとは?

長男が、学習を始めるようになったのは、3年生からでした。

 

長男が、特別支援学校の高学年になる頃には、「生活の面」で大体のことは、できるようになってきました。

発語がまだ不十分だったり、指示待ちなところなど、課題がないわけではありませんが、次のステップに進むのにはいい段階だと思いました。

ただ、高学年の授業の内容は、低学年のときと変わらず、このままでいいのだろうか?と不安を感じるようになったのです。

 

そのため、学校でしている学習を家でも始めることにしました。

算数だったら、未就学児の子供がするドリルを。

平仮名は書けるので、小学校一年生の漢字のドリルを。

そして、長男が5年生になってからは、言葉のスキルを磨くのに、日記を書くこともしています。

 

家での学習をすることに、長男は嫌ではなさそうでした。

ただ、長男は完璧主義なところがあるので、1問でも間違えたり、私に指摘されると悔しいようで、最初は滲む涙を拭きながら、取り組んでいました。

でも、次第に解けるようになったり、できるようになってくると、長男はすごく嬉しそうでした。

今は、小学校1年生の足し算、引き算ぐらいですが、サラサラと解けるようになってからは、ドヤ顔をします(笑)

それに、長男は「間違えても、大丈夫」ということが理解でき、間違えても前のように涙ぐむことが少なくなってきました。

学ぶことの楽しさを、体験しているのだなぁと、長男の頑張る姿にそう思いましたね。

 

だから、尚のこと、もっと長男にいろんなことを、体験させてあげたいなぁと感じるようになりました。

特別支援学級の次男が、3年生になってから、理科や英語の授業が始まり、「面白かったよ〜」と言います。

学校にもよるかもしれませんが、長男の通う特別支援学校には、ない授業です。

自分達や特別支援学校での限界を、感じました。

長男の中学校進学を考えて

長男は、あと2年もしないうちに、中学生になります。

長男が5年生になった頃、このまま、特別支援学校の中学部に進むべきか、考えるようになりました。

でも、地域の中学校にある特別支援学級へ進学するのが、本人にとっていいのか?という迷いがありました。

親の想いだけで、進学を決めてしまうのは、本人にとって良いことではありませんからね。

 

だから、長男に、この居住地校交流を今からでも体験させることで、どちらが本人にとってベストなのか、その判断となる材料の1つになると思ったのです。

先生方にお願いしたこと

2学期に入ってからの居住地校交流なので、私たちが思っているほど、実施される回数は少ないかもしれません。

限られた回数の中で、実施していくので、私達は先生方にあるお願いをしました。

それは・・・

長男を「お客様扱い」として、参加させるのではなく、「特別支援学級の一員」として扱って頂きたい、と。

 

「お客様扱い」では、特別支援学校と変わりがありません。

「特別支援学級の一員」としてもらうことで、長男にとって刺激になるし、今後、何をすべきかなど、課題がわかってくると思ったからです。

 

長男の担任の先生のお話では、夏休みの間に、次男が通う特別支援学級の担任の先生と、打ち合わせをする予定とのこと。

最初の1回目は、2時間程度の参加のようですが、長男が慣れて大丈夫だったら、登校から下校するまで過ごすことが、できるかもしれません。

焦りは禁物ですが、長男の気持ちに寄り添って、たくさんのことが学べるようにサポートしようと思います。

 

実際に、居住地校交流が実施されたとき、どんな様子だったのかなど、またブログに綴ろうと思います。

参考になれば、幸いです。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す