次男の「はじめてのおつかい」で、思ったこととは?

先日、次男が8歳にして「はじめてのおつかい」をしました。

次男は、ワクワクだったと思いますが、私と主人はドキドキでした。

また、今回のおつかいで、思ったことがありました。

次男のはじめてのおつかい

それは、ある日のこと。

夕飯を作っていた私が、ごま油が足りないことに気づき、近くのドラッグストアへ買いに行こうとしたとき。

「俺が行く!お手伝いする!!」

と、次男が言い出したのです。

 

私は、次男が一人でおつかいは、まだ無理だと思っていたので、やんわりと断りました。

でも、主人が「せっかくだし、行ってもらおうよ。」と言ったので、次男はすっかり行く気満々。

私が心配していると、主人が小声で、「俺が、こっそり尾行するから、大丈夫だよ。」と言ったので、意を決して次男を行かせることにしました。

次男が成功できるように、準備!

主人がこっそり尾行してくれるとはいえ、初めてのおつかい。

なるべく、自分の力で成功できるように、次のように準備をしました。

  1. 買ってくるものを、1つだけにする。(※たくさんお願いすると、探すだけでも大変だと思ったから。)
  2. 買ってくるものの、現物を見せる。(※現物がないときは、スマホなどで検索して写真をみせるとわかりやすい)
  3. 買ってくるものを、メモ紙に大きな字で書く。困ったときに次男が自分で店員さんに聞けるように、漢字にふりがなをうっておく。
  4. お会計しやすいように、500円硬貨1枚だけ入れておく。

やることをなるべくシンプルに、次男が理解できるように心がけました。

 

そして、次男に、順番に説明をしました。

次男は、「わかった!」と言ってくれましたが、「本当に分かったのかなぁ・・・?」と内心は不安でしたね(笑)

 

おつかいに行くドラッグストアは、普段からよく一緒に買い物に行くところなので、行き先は大丈夫だと思いましたが、次のことが心配でした。

  • 道を渡るとき、車がきていないか、ちゃんと確認するか?
  • 商品がどこにあるのかわからないとき、店員さんに聞けるのか?
  • お金を払って、ちゃんとおつりをもらってくるのか?

果たして、次男はおつかいミッションをクリアできるのでしょうか?

おつかいの様子は・・・?

次男が「いってきま~す!」と元気よく家を出ました。

そして、帽子にマスクの、ちょっと不審な人にも見えそうな主人が、次男の後を追いかけました(笑)

 

約15分後・・・

ドラッグストアから走ってきたのか、息を切らして次男が「ただいま~。」と帰ってきました。

「お母さん、買ってきたよ!ほら!!」

と、得意げに買ってきたごま油を、私に見せてくれました。

「ありがとう。すごいね。やったね~。」

私に褒められると、次男はすごく嬉しそうでしたね。

 

尾行して帰ってきた主人に、おつかいの様子を聞いてみると・・・

【良かった点】

  • 商品がどこにあるのか、店員さんに聞いていた。
  • お金を払って、おつりをちゃんともらっていた。
  • 帰るときに「ありがとうございました。」と、お礼を言っていた。

 

【悪かった点】

  • 「ごま油~!」と大きな声で探していた。
  • レジに並んでいた時に、「まだですか?」と店員さんに言っていた。
  • 早く帰ろうと思ったのか、車の確認をしないで道を渡ろうとした。

 

今回は、とりあえず成功できましたが、まだまだ課題があることがわかった「はじめてのおつかい」でした。

今回のことで、思ったこと

実は、これまで子供達を一人でおつかいに行かせる機会は、ありました。

でも、私は「まだ早いから」「心配だから」と何かと理由をつけて、行かせませんでした。

子供達は「できない」と、決めつけていたのだと思います。

「できない」と決めつけてしまうと・・・

親が、「うちの子は、できない。」と決めつけてしまうと、どうなると思いますか?

親は、お子さんの「できないこと」ばかり、目につくようになってしまいます。

そして、お子さんの「できること」や「いいところ」に、気が付かなくなってしまうかもしれません。

 

「できない」と決めつける前に、まずは、スモールステップで「できること」を積み上げていきましょう。

今回、主人が次男におつかいをさせようと思ったのは、次の理由があったからです。

  • 幼児期よりも、落ち着いて行動することができるから。
  • 他の人と、だいたいコミュニケーションをとることができるから。
  • できると自分に自信を持っているから。

今までの「できること」の積み重ねと、少しのサポートがあれば、できるかもしれないと主人は思ったようです。

 

お子さんによっては、「できること」を増やしていくのに、いくつのもスモールステップを作ったり、時間をかけないといけないかもしれません。

でも、一つ一つ丁寧に積み上げてきたものは、確実にお子さんに身についています。

「できること」が少しずつ増えていくことで、お子さんの自信へと繋がります。

焦らずに、お子さんと二人三脚で取り組んでいきましょう。

チャレンジすることで、わかること

でも、お子さんに、初めてのことや、新しいことをさせるのは、不安ですし、心配ですよね。

最初は、お子さんの発達に合わせて、「これなら、できそうかな?」ということから始めてみましょう。

お子さんにとって、「ちょっと難しいかな?」ぐらいがいいようです。

 

たとえ、お子さんができなくても、ガッカリしないでください。

できなかったのであれば、何がいけなかったのか?考えてみましょう。

  • チャレンジするには、まだ早い段階だった。
  • 子供に理解してもらうのに、文字ではなく、絵で示すのがよかった。
  • 手順書を作って、次に何をするのか?自分でチェックできるようにすればよかった。

お子さんができるように工夫するなど、試行錯誤することを続けます。

お子さんによって、時間はかかるかもしれないけど、いずれできるようになっていくでしょう。

 

もし、できたときのお子さんの表情を、見逃さないでください。

きっと、自信に満ち溢れて、キラキラしていますよ。

そのときは、お子さんと「できたね!」とハイタッチして、できた喜びを分かち合ってくださいね。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す