長男、気持ちを伝える

長男が3歳になる前の頃、よく「クレーン現象」をしていました。

例えば、のどが渇いて飲み物がほしい時。

長男は言葉を出さず、ただ私の手を取り、冷蔵庫の前まで私を引っ張っていました。

でも、療育が始まってから、少しずつ言葉が出始めてきたのです。

現在の長男(特別支援学校1年生)

「〇〇〇、ちょうだい」

「といれ。おしっこ」

「〇〇〇、ください」 ※「ください」のみもある

「かして」 ※「返して」の意味合いもたまにある

「テッシュ、とって」 ※主に鼻血のとき

「だっこして」 ※おんぶのときもある

「まって」

健常児の子供に比べれば、まだまだかもしれませんが、あの頃に比べると本当に成長したんだなと思います。

しかし、先日。それを上回ることがありました。

思いがけない出来事

最近、長男は去年のクリスマスに、放課後デイサービス所で頂いた赤い自動車が、お気に入りです。

食事・トイレ・お風呂・就寝以外では、必ず持っているか、自分の側に置いておきます。

しかし、先日学校から帰ってからみると、車がどこかにいってしまったようでした。

長男は、部屋のあちこちをぐるぐる回ったり、覗き込んだり。

 

それでも見つからないので、夕飯の支度をしていた私のところへやってきました。

一緒に探してみたものの、それでもなかなか見つからない赤い車。

しかし、長男は諦めずに探していました。

 

私は、もしかしてと思い、コタツの中を探してみると、赤い車が転がっていたのです。

「そうちゃん、車あったよ~」

と、車を長男に渡すと、見つかったことがすごい嬉しかったのか、

「やった~」 ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

と、嬉しさいっぱいの笑顔でした。

そして、

「ありがとう」 (*´∀`*)

と、私にお礼を言ってくれました。

 

長男が、自発的にお礼を言ってくれたのは、これが初めてでした。

普段していた練習が、身についたのだと思いました。

LEGOを使った練習

長男はLEGOのブロックが取れないときに、私のところへ来ます。

無言でブロックを私に差し出したときは、オウム返しで「てつだってください」と言わせるようにします。

言えた時にだけ、ブロックをはずしてあげます。

「ブロック、はずれたよ」

と、私が言って、ブロックを差し出すと、

最初の頃は、長男は無言ではずしたブロックを、持っていこうとしていました。

 

そこで、ブロックを渡す前に、私はオウム返しで「ありがとう」と言わせます。

言えた時にだけ、ブロックを渡すようにしました。

 

たまにオウム返しがなくても、長男の顔を無言で見つめたり、

「あ・り・が・・・・」と、少しずつ手がかりを出してあげると、

思い出したように、お礼を言ってくれるときもありました。

自発的にお礼が言えるようになって、良かったです。

 

今回は、オウム返しなどがなくても、普通に会話しているかのように言ってくれたことが、私は嬉しかったです。

それから後は、いつものようにオウム返しでないと言ってくれない時もあります。

でも、焦らずに、長男の言葉を引き出していこうと思いました。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す