夏休みの思い出2017 ~若狭和田ビーチ・準備編

2017年の夏休みですが、近場でいろいろ行ってみました。

「若狭和田ビーチ」にての海水浴です。

知らない人もいると思いますが、こちらの福井県の高浜町にある「若狭和田ビーチ」は、

日本初の国際環境証「ブルーフラッグ」を取得したビーチです。

そのため、すごく海がキレイでした。

 

さて今年、兄弟達にはある挑戦をしてもらいました。

それは、海でシュノーケリングです。

海が大好きな兄弟。

毎年海に行くたび、水中メガネを使って海の中を見ていました。

シュノーケリングならもっと楽しめれるのでは?と思い、今年することになったのです。

 

ただ、これには問題がありました。

その1:長男が顔を水につけれない

その2:2人とも水に浮けるのか?

 

まず長男ですが、顔を水につけれる時間はわずか5秒もありません。

若狭和田ビーチに行く前に、近場の海水浴場で練習しましたが、約1秒つけれただけで、

ガッツポーズ ( ̄ー ̄)ニヤリ

・・・できてないよ、長男 (;´∀`)オイオイ

パパが試しに、「顔つけて10秒数えよう」と言うと、

本当に水に顔をつけたまま10秒数え、むせこむ長男。

・・・前途多難だ。

その後も何回か挑戦しましたが、「楽しい」よりも「イヤだ」の気持ちが出てしまい、本人も半泣き。

苦手意識がつくのもよくないと思い、とりあえず無理には続けませんでした。

 

ただこれではシュノーケリングはできない・・・。

どしたものかなと思っていると、パパ登場

「いいものを、みつけたよ」( ̄ー ̄)ニヤリ

それは・・・

シュノーケルマスク!

※商品名:Zenopling シュノーケルマスク バダイビングマスク フルフェイス型

アマゾンにて購入したのですが、顔全体がプラスチックのマスクで覆われているので、

顔を水につけなくても大丈夫です。

サイズもキッズ用があり、顔にフィットできるように調整ができます。

 

ビーチに行く前日にマスクを調整し、お風呂にて慣れさせてみました。

すると顔を徐々につけれるようにはなりました。

あと、実際に使ってみるとわかったのですが、水が入らないようにするので、

フィット感が長男にとっては気になるようでした。

そのため、何度もマスクをつけたりはずしたりしていました。

そうなると、使用中に水が入ってくることもあるので、

もし購入される場合は、お子様の様子に注意してください。

 

次に兄弟とも泳げません。

長男は水にやっと顔をつけれるぐらいで、次男は水の中で潜って目をあけれるようになったばかりでした。

当然いつも海では浮き輪は必須です。

どうしたものかと思っていると、またまたパパ登場

「こんなときは、これだよ」( ̄ー ̄)ニヤリ

それは・・・

ライフジャケット!

※商品名:ロゴス フローティングベスト 子供用75 ブルー66812100

ただ、これはウチの狭いお風呂場での事前練習は難しいので、海水浴当日に実戦することになりました。

 

準備は万全。

では、若狭和田ビーチへGo!

シュノーケリング編へつづく!

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す