長男が便利な言葉を使い始めたけど・・・

長男は、小さい頃からあまり発語がありません。

成長とともに、自分の名前・物の名称・自分の気持ちが言えるようになってきましたが、日常会話となると難しいです。

でも、ここ最近、長男は自分で便利な言葉を編み出したのです。

その言葉とは・・・?

便利な言葉、それは・・・?

長男が覚えた便利な言葉、それは・・・

「これ」

 

それは、ある日のこと。

その言葉を長男は、さりげなく使っていました(笑)

 

新品のペットボトルのフタを開けることができない、長男。

いつもでしたら、「あけてください」もしくは「手伝ってください」と言うのですが、その日はフタを指さして、

「これ」

と一言のみ。

 

ペットボトルのフタが硬くて開けれないのかなと、状況を察した私。

「ああ、フタね。・・・はい、あけたよ。どうぞ。」

「・・・ありがとう」

 

長男が「これ」を使い始めた頃は、自分で伝えたい気持ちが出てきたのかなぁ~と思い、嬉しかったです。

しかし、やがてああなるとは、予想もしていませんでした・・・。

いつでも、どこでも、誰にでも・・・

長男は、おそらく「これ」で、自分の考えが通じると思ったのでしょう。

事あるごとに「これ」を連発する長男。

長男による便利な活用法

「これ」(しょう油とって)

「これ」(箸が次男のだよ)

「これ」(宿題の答え合ってる?)

「これ」(DVDの続き、観てもいい?)

「これ」(次男がブロックを貸してくれないんだけど・・・)・・・等

 

どんだけ「これ」を使うのよ・・・。

伝えたいことはわかるけど、「昭和の親父」みたい・・・(;^ω^)

 

そして、長男は、「これ」を私以外の人にも使うようになってきました。

主人、学校の先生、次男・・・。

しかし、毎回、長男の「これ」が通じるとは限りませんでした。

便利な言葉が通じない?

長男の「これ」が通じるのは、あくまで周囲の人が状況を見ていた、もしくは習慣でわかることだけであって、次のような時だと何のことやらわかりませんでした。

  • ブロックの部品を、長男が希望するところに、はめて欲しいとき
  • 次男のブロック作品で、自分が使いたい部品を貸して欲しいとき
  • 次男が、テレビのリモコンを勝手に操作するとき
  • 学校でブロックをしていたとき、説明書に書いてあるブロックの位置がわからなくて困ったとき・・・等

つまり、「より具体的な説明が必要なとき」には、「これ」では通じなかったのでした。

 

一所懸命に「これ、これ、これ」と指さしながら、アピールする長男。

アピールもむなしく、相手が自分の考えを理解してくれないときは、諦めたり、イライラしていました。

 

このままだと、長男のコミュニケーション方法が、「これ」と言うことだけになってしまいそう・・・。

不便だし、理解できないとお互いに辛い。

どうしようかと悩みました。

そこで、ある方法をやってみることになったのです。

初心に帰って・・・

ある日の夕食でのこと。

夕飯は、長男が大好きな餃子。

私は、予め長男から遠いところに、醤油を置いておき、長男の小皿の醤油が切れるのを待ちました。

そして、その時が・・・

「これ」(しょう油とって)

 

すかさず、私は、

「これって?」

「これ」(※長男心の声:しょう油だって)

「『これ』では、わかりません。言ってください。」

すると、長男ややイライラしたようで、オウム返しで、

「言ってください!」(※心の声:うるさいなぁ!)

 

若干イラっとしましたが、ここは冷静に・・・と思い、

「『しょう油、とってください』だよね?」

「・・・。」

私は、長男がちゃんと「しょう油、とってください」と言えるのを待ち、しょう油は渡しませんでした。

 

しばらく待ってみても、長男はなかなか言ってくれないので、初めて要求語「ちょうだい」を練習した時のように、私の方から少しずつ言葉を提示してみました。

「しょ う ゆ ・・・」

「しょう油、とってください」

「わかったよ。どうぞ。」

「・・・ありがとう」(←ちょっと腑に落ちない感じで)

 

これ以降、できるだけ状況にあった言葉へと変換して、言わせるようにし、上手く言えないときは、一字ずつ提示したりと、長男にとってわかりやすい方法をとるようにしました。

もちろん、家だけではなく、長男が通う学校の先生にも同じように対応をお願いしました。

それからは、長男が「これ」を言う頻度が減ってきたと思います。

 

長男にとってみると、便利な言葉が使えなくなって、残念だったのかもしれません。

「これ」で相手が分かってくれるから、楽ですしね(笑)

長男にその場に合った言葉を言い直してもらおうとすると、若干、「めんどくさいなぁ・・・」という表情をしています(苦笑)

ときどき、長男の言い方にイラっとするときもありますが、長男なりに頑張ってくれているので、嬉しく思います。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す