自閉症児と一緒にボーリングへいってみた

先週、兄弟たちはボーリングをしました。

人生初です!

一応、出発前にボーリングの映像を見せてあげました。

次男はあまり興味なさそうでしたが、長男は興味津々でした。

さあ、初めてのボーリングはどうなるのか?!

最近のボーリング場は?

ボーリング場に到着。

初めてのボーリング場にいきなりテンションUPの二人。

2ゲームの受付をして、シューズを借りました。

 

そしてボールですが、今では子供用のボールがあったのにビックリしました。

大人は指を入れる穴が3つ空いていますが、子供用はおそらく投げやすいように、5つ穴がありました。

あと、ガター防止のものを、レーンにつけてもらいました。

 

準備完了。

そして、ゲームスタート!

1ゲーム目

投げる順番は、①パパ ②ママ ③長男 ④次男

パパ、ママは無難に投げると、いよいよ長男です。

長男の第一投目

パパに教わりながら、長男、ボールを投げました。

コロコロ・・・

コロコロ・・・

・・・遅っ

 

ピンに到達するまで約15秒

しかも、倒したピン

1本のみ

 

しかし、長男、倒れたピンを見て・・・

歓喜の雄叫び ヽ(*´∀`)ノヤッタ~

次男の第一投目

次男、体をひねりながら、第一投を投げました。

コロコロ・・・

コロコロ・・・

・・・またもや遅し

 

ピンに到達するまで約10秒

その間、ボールを投げれたことで満足感いっぱいの次男

顔がやりきったドヤ顔です ( ̄Д ̄)ボク、スゴイ

ちなみに倒れたピンは、

3本

前途多難かも・・・。

まさかのミラクル

兄弟のマイペースな第一投から始まったボーリング。

2フレーム(ボーリングは1ゲーム=10フレームとして数えます)にして、珍事が・・・。

 

それは、ガター防止があるのにもかかわらず、

ガターを決める兄弟・・・

ある意味、スゴイです。

 

ちなみに2ゲーム中

長男:10回

次男:8回

ガターでした。

 

そして、1ゲームの8フレームにして本当のミラクルがありました。

何と次男、

初!スペア!!

次男、よくわかっておりませんでしたが、喜んでおりました。

2ゲーム目のとき・・・

そして2ゲームに突入しましたが、2人の成績もイマイチでした。

しかし、長男も次男もそれぞれゲームを楽しんでいました。

 

ちゃんと自分の順番が来ると、ボールのあるところにいったり、1フレームにつき、2回投げることも次第に分かってきました。

次男に至っては、2ゲーム以降から、応援をしてくれるようになりました。

 

私が投げようとすると、

「おかあさん、がんばって~」

と、言ってくれます。

 

そして、ピンが倒れた後には、

「おかあさん、すごい、すごい~」

と、言って、私に抱きついてくれます。

 

ただね、次男よ。

おかあさん、そんなにピン倒してないから、スゴくないんだよ。

あんまり大きな声で「すごい、すごい」と言われると・・・

ものすごく恥ずかしいからヤメテ・・・ (TдT)

そんなこんなで、ゲーム終了。

2人の成績は?

1ゲーム目

長男:42

次男:54

2ゲーム目

長男:50

次男:52

初めてにしては、よく頑張ったと思います。

いろんなことを経験して、余暇の過ごし方を学べたらいいなと思いました。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す