自閉症児とグアム観光をしよう! ~ローン・スター・ステーキハウス編

グアム旅行3日目。

グアム・プレミア・アウトレットでの買い物を終えた頃には、もう夕飯の時間。

そこで、アメリカンステーキが味わえる「ローン・スター・ステーキハウス」に、行きました。

お店の場所は?

グアム・プレミア・アウトレットからは、徒歩で約5~6分ぐらいです。

帰りも赤いバス利用の場合は、時間に余裕を持って移動してください。

 

営業時間は、11:00~22:00です。

ただ、夜の場合、お店からアウトレットまで、街灯があまりないため暗かったです。

夜道を歩かれるときは、十分に気をつけてください。

ローンスターステーキハウスでは、ディナー時に無料送迎を行っているようです。

あらかじめ、レストランに予約をしておくと、ホテルまで往復送迎してくれます。

ただ、ディナー時間帯によっては、予約が取れない可能性もあるので、気をつけてください。

 

ちなみに、私達は食事後、アウトレットまで歩き、赤いバスで帰る予定でした。

しかし、外は街灯が少ないので暗く、子供を連れて夜道をあるのには少し不安が・・・。

でも、偶然、送迎しているスタッフの方に声を掛けてもらい、送迎車に乗せてもらいました。

予想外の出来事だったので、とても嬉しかったし、助かりました。

一応、車から降りるときは、感謝の気持ちでチップをスタッフの方に渡しました。

お店の雰囲気は?

私達が来店したのは、夕方頃でした。

お店の中は、観光客もいたと思いますが、地元の方がけっこういたような気がします。

 

店内は、古き良きカウボーイ時代をテーマとした、雰囲気になっていました。

雰囲気をだすためか、照明がやや暗い感じで、カントリー系?の音楽もかかっていました。

子供達は、特に臆することなく、大丈夫でした。

 

入店すると、すぐ小さなカウンターがあり、店員さんが迎えてくれます。

私達を見て、「Four? Japanese menu?」と簡単な英語で聞いてくれたので、助かりました。

 

店員さんは、日本語がわかるかは、ちょっと微妙でした。

でも、私達のつたない英語と身振り手振りで、理解してくれたと思います。

次男が、フォークを床に落とした時も、すぐに新しいフォークを持ってきてくれました。

丁寧な対応が、嬉しかったです。

今回注文したもの

私達が今回注文したのは、こちら!

フライド・マッシュルーム

マッシュルームを揚げたもので、特製のソースをつけて食べます。

私達のテーブル担当の店員さんに、オススメを聞いたら、これを教えてくれました。

 

マッシュルームフライ自体は、すごく美味しかったです。

ただ、熱々でくるので、お子さんが口の中でヤケドしないように気をつけてください。

また、特製ソースにつけて食べると、美味しさUPではありますが、辛かったです。

辛いのが苦手な方は、ほんの少しだけつける方がいいと思います。

 

前菜サラダとパンが、無料でついてきました。

パンは、焼き立てで柔らかく、甘めの味がしました。

次男は特にパンが気にいって、よく食べていました。

ただ、パンも量が多いので、食べ過ぎるとメインが来る前にお腹一杯になります。

 

サラダも、同じように量が多かったです。

でも、この滞在中、野菜がほとんど摂取できてなかったので、有難かったです。

ニューヨークストリップ 397g

ステーキメニューの中でも、人気があるメニューです。

14オンス(約397グラム)のステーキと、ライスがワンプレートの上にのっています。

焼き方は選べたので、「ミディアム・レア」でお願いしました。

 

主に、私と次男で食べましたが、2人で十分な量です。

お肉は硬くなく、とてもジューシーでした。

グアムに来てから、お米を全く食べていなかったので、久々のお米が嬉しかったです。

プライム・リブ 453g

数量限定で、注文を受けてからカットし、丁寧にじっくり焼き上げるステーキです。

1ポンドステーキなので、約453グラムとボリュームがありました。

ニューヨークストリップと同じ、ライスものっています。

 

焼き方は、こちらも「ミディアム・レア」でお願いしました。

ただ、実際にきたのは、写真でもお分かりだと思いますが、「レアじゃないの?」と思うくらいの焼き加減でした。

 

こちらは、特製ソースにつけて食べます。

美味しかったようで、長男とパパが、あっという間に完食しました。

支払い方法

支払いは、現金でもクレジットカードでもOKです。

サービスチャージ10%が含まれているので、チップも特に不要です。

 

自分のテーブル担当の店員さんに、お会計をお願いします。

すると、店員さんが、伝票を挟んだフォルダーを持ってきてくれます。

内容を確認しOKであれば、現金もしくはクレジットカードをフォルダーに挟みます。

私達は、クレジットカードを挟みました。

そして、担当店員さんにフォルダーを渡します。

 

しばらくすると、店員さんがフォルダーを持ってやってきます。

今度はフォルダーに伝票とレシートとクレジットカードが、フォルダーに入っています。

内容をもう一度確認し、決済のサインをして支払い完了です。

 

3つの食事と4つのドリンク・サービスチャージ合わせて、$105.85でした。

でも、とても満足がいく食事だったと思います。

気付いた点

ステーキ類は、カットはされていません。

親御さんが、食べやすい大きさにカットしてあげてください。

 

もしくは、お子さんが「やりたい!」と言うかもしれません。

お子さんにとって、ナイフとフォークの使い方の練習になります。

その場合は、お子さんをサポートしてあげてください。

 

飲み物は、グラスがとても大きいので、量がありました。

お子さんによっては、飲み物でお腹一杯にならないように気をつけてください。

小さなお子さんでも飲めるような、りんごジュース・オレンジジュースがあります。

また、炭酸飲料も、コカ・コーラ等がありました。

 

あとは、おしぼりがないので、ウェットティッシュがあると便利だと思います。

まとめ

お店利用の際には、あらかじめ、利用時間と無料送迎の予約をするのがオススメです。

店員さんは、日本人になれている感じで、カタコトの英語と身振り手振りで会話が通じました。

料理や飲み物の量が、結構多いです。

でも、とても美味しかったので、またグアムへ行く機会があれば、是非行きたいと思いました。

 

この様子が、動画「自閉症児の挑戦!グアム旅行3日目」にあります。

実際の店舗内の様子、子供達の様子などがありますので、よろしければご覧ください。

参考になれば、嬉しいです。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行3日目 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す