春、愛知に行ってきました ~〇〇編

愛知県2日目。

我が家の目的。それは・・・

潮干狩りです

実は、我が家は昨年も愛知県で潮干狩りをしました。

家族全員初体験でしたが、思いのほか楽しかったです。

昨年でも2回行きました。

あさりも美味しくて、兄弟たちもご満悦でした。

そこで、今年も行くことになったのです。

昨年は、干潮から満潮の時間帯を体験できたので、今年は満潮から干潮の時間帯にしようということで、名古屋市内に前泊し、朝早くに潮干狩りができる海岸に行ったのでした。

 

海岸に到着してから、しばく待っていれば引いていくかなと思っていましたが、本当に徐々にという感じなので、下の写真(※引き潮を眺める次男)ぐらいになるまで、時間が結構かかりました。

shio_1

だいたい干潮になりつつなったので、潮干狩りに向かいました。

今年は時期的にまだ早かったのですが、まあまあ収穫できました。

一方、子供たちですが、まずは次男は今年も相変わらず・・・

戦力外です (TдT)テツダッテ・・・

昨年同様に、泥んこ遊びや小さいカニ・魚に夢中です。

そして、長男は、泥遊びに夢中かと思いきや、

数個収穫!

しかも、バカ貝ではなく、ちゃんとあさりを取ってきてくれます。

さすが、長男・・・ ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

なんだかんだで、約3時間ぐらいやって終了。

合計約8kgゲットです。

ちなみにこの海岸での採取制限は、大人1人8kgまで、子供1人(小学生)4kgまでとなっております。

我が家の場合だと20kgまでOK。

・・・そんなには無理ですね。

 

家に帰り、洗浄と砂抜きをしました。

shio_2

その後は、潮抜きをして、終了。

さっそくあさりを使ったボンゴレをパパが作りました。

長男も次男も美味しそうに食べていました。

shio_3

 

潮干狩りは狩るときも大変ですが、その後の処理も大変です。

ですが、子供たちの喜ぶ顔をみると行ってよかったな~と思いました。

潮干狩りの行くときのTipsを後日書こうと思いますので、ご参考にしてください。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す