自閉症児と一緒にTARZAウォーターパークに行ってみた!

グアム旅行3日目。

グアム3大ウォーターパークの1つ、「ターザ」に行ってきました!

ここでは、自閉症児にとってどうなのか?

楽しめる所?もしくは怖いところ?

ターザの内容をまとめましたので、参考になれば嬉しいです。

ターザの場所は?

ターザは、グアムプラザ・リゾート&スパのすぐ裏にあります。

タモン街中心のホテルに泊まると、徒歩数分で着くことができます。

私達が宿泊したホテルからでも、徒歩約10分で到着しました。

事前予約の方がお得に!

当日でも入園OKですが、あらかじめ事前予約をした方がお得です。

私達は、今回HISさんを通じて、事前予約をし、1人当たり約10$ぐらい、お得になりました。

他のサイトでも、お得な情報もありましたので、出発前までにチェックしてください。

 

ただ、インターネット予約で、注意事項があります。

当日、予約内容が記載してあるバウチャー券が必要となります。

出発前に印刷して持っていくのを、忘れないでください。

ターザについて

更衣室・シャワールーム・トイレ

更衣室は、やや広く、コインロッカーと座れる長細いベンチが1台あります。

また、更衣室のすぐ側に、シャワールームがあるせいか、床が濡れている所もありました。

そのため、混み合ってくると着替えたり、荷物を置いたりするのが、大変かなと思います。

 

シャワールームは、なんと天井がありません!

これには、ビックリしました。

また、シャワーから出るのはお湯ではなく、水です。

ちょっと冷たいので、気をつけてください。

 

トイレは、更衣室の入口と園内にと、合計2ヶ所ありました。

インフォメーションについて

コインロッカー利用前に、園内のインフォメーションへ行ってください。

ここで、コインロッカーにかける南京錠付きのカギを借ります。

1個$5でした。

この$5には、保証金$3が含まれています。

カギを返却したときに。$3返金されます。

 

同じようにバスタオルも、このシステムで借りることができます。

浮き輪と子供用ライフジャケットは、無料で借りれます。

再入場はできる?

当日の再入場は、可能です。

お昼を食べに、一旦タモン街に行って戻ってきてもOKです。

ただ、水着のままで行くのはNGなので、気をつけてください。

 

ターザの中に「ターザナ」という軽食が食べれる休憩所があります。

ホットドッグやハンバーガー、飲み物等がありました。

ターザのスライダー

ターザには、多くのスライダーがあります。

お子さんにとって難易度が低い順から、リポートします。

また、それぞれのスライダーの様子がわかる動画がありますので、参考にしてください。

カゴ・リバー

カゴ・ビーチを出発点に、園内を取り囲む全長90mの流れるプールです。

ターザ専用浮き輪に乗って、ゆったりと園内を回れます。

我が家の子供達は、ここが一番気に入っていました。

 

ただ、ここの水深は3~3.5フィートと表示がされていました。

つまり、約91~106cmです。

小さなお子さんには、必ずライフジャケットを着用させてください。

 

また、カゴ・ビーチには、浅瀬の場所があります。

ここならお子さんでも、スムーズに浮き輪に乗ることが可能です。

ただ、ターザの無料浮き輪のサイズは、少し大きめでした。

小さなお子さんは、浮き輪を持参したほうがいいと思います。

クマレラ・シュート

横一列に並んだカラフルなすべり台です。

フラットの部分が、2ヶ所あるので、スピードが出ても一度に下までいきません。

ここの、降り口の水深は、3フィート(約91cm)でした。

 

実際に上まで行ってみると、意外と高く感じました。

また滑ってみると、スピードもでますが、フラット部分のおかげで、安心して降りることができます。

ただ、スピードが苦手な長男は、なかなか降りることができず、やや半泣き状態でした。

次男は、すごい楽しいようで、何回も滑っていました。

ファミリア・フルーム

浮き輪に乗って滑り降りるので、スピード感のあるスライダーです。

そのため、コーナーを曲がる度に、右へ左へと大きく揺れます。

1人でも滑れますが、2人乗り用の浮き輪もあるので、親子で楽しむこともできます。

 

我が家の場合、前が子供、後ろに親にして、2人乗り用の浮き輪に乗りました。

乗る時にバランスが崩れないよう、スタッフさんがサポートしてくれるので、大丈夫です。

 

この出発地点が、園内の一番高いところにあります。

浮き輪を持って、階段を上がるのは、ちょっと大変でした。

一応、出発地点にまで行ける、坂を上るスライダーはあります。

私達が遊んだ日は、残念ながら調整中でした。

ブラック・ホール

右側がブラック・ホールの出発入口です

真っ暗なトンネルの中を、浮き輪を使って滑り落ちる全長約90mのスライダーです。

我が家の子供達は、怖いと思ったため、乗りませんでした。

 

代わりに私が乗ってみましたが、後悔しました・・・。

それは、スタート時点から、先が真っ暗で何も見えないからです。

そして、真っ暗の中を猛スピードで降りていくので、かなり怖かったです・・・。

ゴール手前になると、一瞬だけ明るいところはありました。

暗いところが苦手、予測できないことが苦手なお子さんにとっては、オススメできないです。

 

でも、このブラック・ホールの隣に、真っ暗ではないスライダーがありました。

こちらも私が滑ってみたところ、ゴールまで長いなぁと思いましたが、明るいところを滑っていくため、大丈夫でした。

もし、お子さんが1人で行く場合は、まずは明るい方のスライダーから試してみてください。

スピード・シュート

全長75m、高さ20m、最高傾斜45度の急勾配を、一気に滑り降りるスライダーです。

こちらは、身長108cm以上のお子さんから滑ることができます。

また、滑る時に履物を脱いで、自分で持ちながら滑ります。

 

ここでは、我が家を代表して、パパに滑ってもらいました。

下から見ても怖そうだなぁと思いますが、上から見るとさらに怖さが増すようです。

それは、高さ20mで、しかも仰向けに寝て滑るため、先がわからない恐怖があるからです。

ちなみに、我が家の子供達は、パパの滑る様子を見て、「しません」「無理だよぉ」と拒否していました。

フロー・ライダー

ボディボードのような波乗り感を味わえるサーフ・アトラクションです。

こちらは、身長108cm以上から利用できます。

ただ、こちらのアトラクションは、「世界大会仕様」となので、かなり難易度が高いです。

 

ターザにいた時、挑戦していたのは大人だけでした。

波の勢いが凄いので、子供にはかなり不向きなアトラクションだと思います。

安心のライフセーバーさん常駐!

園内には、監視のスタッフさんもいますが、ライフセイバーさんもいます。

主に、クマレラ・シュート、ファミリア・フルーム、ブラック・ホールの到着地点にいらっしゃいました。

 

この3つのスライダーから滑って降りた後、後ろから次の人が降りてきます。

そのため、早くその場から離れるように、笛を鳴らされます。

もし、お子さんが1人で滑る場合は、終わったらすぐプールから出るように予め、伝えてください。

それか、到着地点で、お子さんが滑ってくるのを、待っていてください。

まとめ

私達は、開園時間10:00頃から行ったので、すごく空いていました。

お昼頃になると、観光客が多くなるので、午前中に行かれるのがオススメです。

 

スライダーは、いろんな種類あります。

お子さんが無理なく楽しめるものから、チャレンジしてみてください。

 

また、このターザでの様子が、動画「自閉症児の挑戦!グアム旅行3日目」にあります。

実際のスライダーの様子、子供達の様子などがありますので、よろしければご覧ください。

参考になれば、嬉しいです。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行3日目 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す