自閉症児と一緒にグアム入国審査に挑み、タクシーを拾ってホテルに着くまで

飛行機の中ではそれほど騒いだり、パニックになったりすることなく過ごすことができました。

次は、いよいよグアムへの入国審査です。

そして、入国審査を通過したら、次はタクシーでホテルに向かいます。

グアム入国審査

飛行機から降りて、コンコースを歩いていくと、グアム入国審査場に到着します。

そこでは、入国手続きで並ぶ場所が、3ヶ所に分かれています。

  1. ESTA未取得
  2. ESTA取得済(アメリカ初入国)
  3. ESTA取得済(アメリカ入国2回目以降)

入国審査のところに行くと、現地の係員さんが立っていて、並ぶところを誘導していました。

グアムは、ESTAが必須ではありませんが、推奨をしています。

事前に調べたところ、ESTAを取得しておくことで、出入国カードの記入が免除され、通常の入国審査よりも審査が簡略化されることがわかりました。

そのため、予め自分達でESTAを取得しておきました。

「これで、あまり並ばずに入国できる!」

と、私は安心していました。

実際の様子

しかし、実際に行ってみると、ESTA未取得(出入国カード必須)のレーンも、ESTA取得レーンも両方混み合っていました。

ただ、この2つのレーンの間にある8機のAPC(自動入国審査端末)が搭載されている「キオスク」だけは、空いていました。

この「キオスク」は、ESTAが導入された2008年以降に、アメリカ本土(ハワイ・グアムを含む)に入国したことがある人が、利用できます。

私達は、今回初めての入国でしたから、キオスクの利用はできませんでした。

 

仕方なくESTA取得レーンに並ぶことに・・・。

もし混雑していた場合、小さなお子さんは、ここで列に並ぶ前にトイレを済ませておきましょう。

場所は、この入国審査場の、審査官のいる方を正面に向いて、右手奥にトイレがあります(※上にある図を参考にしてください)

そして並ぶこと約20分。

ようやく私達の番がきて、家族全員で入国審査官のいるブースへ行きました。

 

まず、子供達のパスポート照合から始まりました。

入国審査官がパスポートに書かれた名前を読み上げ、パスポートの写真と子供の顔を確認していました。

その後は、「How long are you going to stay?」を聞かれたので、「5days」と返答。

次に、両親のパスポート照会と、指紋採取と写真撮影がありました。

指紋採取は、片手ずつ行い、両手採取します。

まずは、親指以外の指紋。

次に、親指だけの指紋をとりました。

入国審査官の方が「ミギテー 4ホン」「ミギテー オヤユビ」「ヒダリテー 4ホン」「ヒダリテー オヤユビ」と丁寧に言ってくれたので、分かり易かったです。

次に、備え付けのカメラで、顔写真を撮影されて終了です。

パスポートに入国のスタンプが押され、無事入国審査を通ることできました。

この指紋と写真撮影は、14歳から必要になります。

そのため、我が家の子供達は、特に何もしなくてOKでした。

 

入国審査の列に並び、通過するまでは約30分ぐらいかかったと思います。

思いのほか、予想していたよりも長い時間かかりました。

でも、ESTA未取得のレーンよりは、早く入国できたのではないかと思います。

 

子供達の様子

子供達ですが、入国審査を出た頃には、少し疲れた様子でした。

それもそのはず、待っている間はずっと立ったままです。

我が家の場合、長男よりも次男の方が、待つのが苦手です。

そのため・・・

「まだ~?つかれた~。」

と言って、退屈そうにし、座り込みしそうなときもありましたが、何とか頑張ってくれました。

お子さんが待つのが苦手な場合は、待ち時間対策(ipadやゲーム、興味があるもの)が必要だと思います。

 

入国審査の様子は以上ですが、私達が入国した2018年1月時点での様子です。

レーンの配置等はその時点で変わっている場合がありますので、ご了承ください。

手荷物受取所・税関検査

入国審査が終わると、次に1階へ機内に預けた荷物を取りに行きます。

エスカレーターで1階に下りると、乗ってきた飛行機の便とレーンナンバーが電光掲示板に表示されています。

荷物が出てくるレーンは4か所ありますから、確認して取りにいきます。

電光掲示板で確認もできますが、係員さんも誘導しています。

私達は係員さんに、

「チャイナエアライン?」

と聞かれたので、

「ユナイテッド!」

と答えるとレーンナンバーを教えてくれました。

 

手荷物受取所にて、自分たちの荷物をピックアップしたあとは、同じ1階フロアにある税関検査に行きます。

ここで、予め機内で記入した「税関検疫申告書」を提出します。

私達は申告するものはなかったので、すぐに通過することができました。

グアム到着ロビー

税関検査を通過すると、到着ロビーに出ます。

到着ロビーには、旅行会社の現地係員やホテル送迎スタッフが、ボードを持って待っています。

また、到着ロビーに出て正面には、旅行会社やレンタカーのカウンターがありました。

また到着出口は2ヵ所あります。

ロビーに出て右側が東到着口(East  Arrivals)、左側が西到着口(West  Arrivals)です。

東到着口には、各旅行会社が手配しているバス、もしくはホテル送迎のバスが駐車してあります。

西到着口には、タクシー乗り場があります。

また、空港の外で唯一喫煙できるのは、西到着口を出たところだけです。

赤いバスの乗車券購入

私達は、ホテルについた後、すぐにマイクロネシア・モールに向かう予定のため、空港で赤いバスの乗車券を購入しました。

購入場所は、到着ロビーに出て正面にある旅行会社のカウンターで、上の看板にバスの絵が描いてあるところでした。

パパが購入してくれたのですが、カウンターにいた女性にお願いしたところ、日本語が通じたようで、簡単に購入できました。

もし、購入するのが後でもいい場合は、空港以外にグアムプレミア・アウトレット内、Tギャラリアby DFS内、マクロネシア・モール内、主要ホテルにあるツアーデスクでも購入可能です。

乗車券は、主に以下の種類があります(※6歳未満は乗車無料)

  • 1回乗車券:$4
  • 乗り放題期間1日間:$12、2日間:$15、5日間:$25
  • 6~11歳の子供向け乗り放題券:$16 ※有効期限は大人同伴者の有効期限に準じます。

ちなみに、子供は大人同伴での利用で、子供のみでの乗車はできません。

MIKIタクシーに乗車

私達は、空港からホテルまでは、MIKIタクシーを利用しました。

MIKIタクシーは、西到着口(West  Arrivals)に出るとすぐわかります。

黄色のポロシャツを着たスタッフが、「ミキ~、ミキ~」と言っているので、スタッフに声を掛けて、宿泊するホテルを伝えてください。

ただ、この西到着口は、他のタクシー会社もいるようです。

中にはちょっと胡散臭そうな人もいるので、そんな人が寄ってきた場合は、はっきり「ミキ」と言って断ってください。

MIKIタクシーの場合、空港からホテルまでの料金は定額で決まっています。

私達が今回宿泊したハイアット・リージェンシー・グアムまでだと、$20です。

今回は、スーツケースが3つで、乗車人数が4人ということもあり、車はバンタイプで$25でした。

ちなみに、スーツケース1つにつき$1加算されるので、合計$28となります。

 

空港からハイアットまでは、タクシーで約10分ぐらいです。

ホテルに到着すると、ドライバーさんが荷物を降ろしてくれて、料金の支払いになります。

料金は、$28でしたが、私達は$30を現金で渡し、「Keep your change.」(おつりは取っておいてください)と言いました。

正直チップに慣れていないので、感覚がイマイチ分からなかったです・・・。

タクシーはバンタイプということもあって中は広く、エアコンも効いていて、快適でした。

ただ、グアムの人って結構スピード出すんだなぁ・・・と内心思っていました。

 

さて、ホテルに無事に到着し、チェックインもできました。

次は、宿泊したハイアット・リージェンシー・グアムをリポートします。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

自閉症児の挑戦!海外旅行に行ってみよう!【グアム・1日目】

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す