自閉症児と一緒にグアム観光をしてみた! ~ザ・ビーチ BBQビュッフェディナー&ショー

グアム4日目。

夜は、ホテル・ニッコーグアム隣にある「ザ・ビーチ」にて、BBQビュッフェディナー&ショーを鑑賞します!

予約方法は?

今回私達は、現地ツアー予約サイト「VELTRA」を利用しました。

宿泊したハイアット・リージェンシーまで、往復の送迎がついています。

料金は、大人:$85、小人:$45です。

ホテルの出発時間は、17:45でした。

※時期によっては、料金や送迎時間等は変わると思います。

ホテルからザ・ビーチまで

ホテルのロビーで待っていると、ディナーショーのスタッフさんが迎えに来ます。

スタッフさんは、

「タオタオ・タシ~、バーベキュー。タオタオ・タシ~」

と言って、参加者を呼んでいました。

これが、今回のディナーショーの正式名なので、聞き逃さないように気をつけてください。

 

スタッフさんのところに行き、名前を確認してもらうと、送迎バスに乗り込みます。

ディナーショーは人気があるので、人数が多く、大型バスでした。

そして、ホテル・ニッコーグアムの隣にある「ザ・ビーチ」の会場へ向かいます。

ザ・ビーチに行くまで、スタッフさんが英語で説明をしてくれました。

何となく聞き取れたのは・・・

  • 会場に着いたら、受付にバウチャー券を提示すること。
  • 帰りも送迎があるから、勝手に帰らないこと。
  • このバスの番号は、「3」。帰りは、「3」の列に並んで待って欲しいこと。
  • 自分は、別のところで降りるが、運転手が現地まで連れて行くので、大丈夫だということ。

でした。

会場の雰囲気は?

ザ・ビーチに到着し、看板の横を過ぎて奥に行くと「TAO TAO TASI」の看板が見えます。

ここが、BBQディナーショーの会場です。

 

天気が良かったおかげで、夕日がきれいに沈む様子をみることができました。

また、海が近いので、暑いということもなく、風が吹いて気持ちよかったです。

受付の方にバウチャー券を渡すと、別のスタッフさんが席まで案内してくれます。

座席は?

座席は、3つのゾーンに分かれていました。

  1. ステージを正面から見ることができるゾーン
  2. 海を正面にして、右側奥ゾーン
  3. 海を正面にして、左側奥ゾーン

ちなみに、予め指定することは、できません。

私達は、2のゾーンで、一番右奥でした。

でも、子供達が万が一パニックになって時、会場から出やすかったので、よかったです。

 

ちなみに、2のゾーンは、日本人観光客で集められていた気がしました。

1のゾーンは、韓国からの観光客が多かったと思います。

BBQビュッフェは?

今回のディナーショーは食事つきで、ビュッフェ式のBBQでした。

ビュッフェコーナーは、受付をした場所のすぐ側です。

会場についてすぐは、オープンしていないので、気をつけてください。

 

ビュッフェコーナーに着くと、いろんな料理が揃っています。

前菜・サラダ・グアム伝統チャモロ料理・BBQ各種・フルーツなど。

ただ、1つだけ問題が・・・。

 

沢山の観光客が一斉に食事を取りにいくので、かなり混み合います。

時間帯をずらすのもいいですが、料理によっては、追加補充がないものもありました。

フルーツは1つも取れなかったです・・・。

ディナーショーが始まってからは、ビュッフェコーナーに、小さい冷凍庫が置かれます。

何種類かカップアイスがあったので、お子さんにオススメです。

 

私達は、このディナーショーの約3時間前に、遅めの昼食をとったのでお腹がいっぱいでした。

子供達が食べれそうなお肉やソーセージ、とうもろこし、ライスなど少量ずつ食べました。

正直に言うと、味は普通かな・・・?という感じでした。

 

ビュッフェは食べ放題でしたが、飲み物は違います。

席を案内してくれたスタッフさんが、飲み物のオーダーを取ってくれます。

 

また、ショーが始まって、しばらく経つと飲み物のラストオーダーを聞かれます。

そして、座っている席にて、飲み物の精算があります。

現金でもクレジットカードでもOKです。

 

私達は、クレジットカードで支払いをしました。

サービスチャージ15%込なので、チップは特に払っていません。

でも、飲み物だけで、合計$32.20かかったのには、少しビックリしましたね。

  • コーラ:$4
  • オレンジジュース:$8
  • ペットボトルウォーター:$4
  • ウーロン茶:$6

お得に感じたのは、ペットボトルウォーターでした。

アイランドショーは?

このショーは、グアムでも最大のアイランドショーと言われています。

また、ショーの内容が「物語風」とあったので、子供達が飽きないかもしれないと思い、選びました。

子供達の様子を中心にレポートします!

ショーが始まる前

ショーが始まる前に、前座がありました。

女性シンガーが、ギターを奏でながら、会場をまわります。

曲は、英語でゆったりとした曲調でした。

しかし、音量がやや大きいかったです。

そのため、長男は耳を塞ぎ始めました。

そこで、持参した耳栓をつけてあげると、長男は安心した表情になりました。

 

このとき、外は夕日が沈んで真っ暗になります。

でも、ライトが点いているので、会場内は明るく感じます。

子供達も落ち着いた雰囲気で、ブッフェを食べていました。

ショーが始まると・・・

ショーが始まると同時に、いきなり会場が真っ暗になります。

また、ショーが始まるというアナウンスはありません。

 

急に、会場が真っ暗になったので、子供達はビックリしていました。

普段から場面変化に慣れているので、パニックを起こすことはなかったです。

でも、「怖い」という表れか、2人とも耳を塞いでいました。

 

ショーの始まりは、それほど激しい音楽はありません。

ただ、演出のため、会場はしばらく暗いです。

子供達を安心させるために、2人を自分達の近くに座らせました。

隣のテーブルとの間隔が広かったので、ショーの最中にイスを移動させることが可能でした。

 

そして、本格的にアイランドダンスが始まると、雰囲気は一変します。

まず、音です。

太鼓などの打楽器を中心に、大きな音がでます。

また、パフォーマーによる雄叫びや手拍子もあるので、子供達はビックリしていました。

イメージとしては、ディズニー映画「モアナと伝説の海」に登場する「マウイ」です。

以前、DVDでこの映画を観たことがあったので、「マウイだよ。大丈夫だよ」と言って子供達が安心できるように気をつけました。

そして、光の演出もあります。

いろんな色のライトが、チカチカ点滅したりするので、眩しく感じるかもしれません。

我が家の子供達は、光は一応、大丈夫でした。

 

また、ダンサーやパフォーマーとの距離が近いので、迫力がありました。

今までの旅行の中で、体験したことがないためか、ずっと子供達は耳を塞いでいました。

でも、目は舞台の方に向けていましたし、途中、拍手や手拍子もしていました。

ショーは、華やかなアイランドダンスがあったり、ファイヤーダンスもありました。

また、観客が選ばれて、ステージに上がり、パフォーマーに絡まれます。

選ばれたのは、大人の男性だけでした。

言葉がわからなくても、見ていて面白かったです。

この時は、会場内も明るいので、子供達もちょっとホッとした表情を見せていました。

特に2人が気に入ったのは、ファイヤーダンスでした。

ショーが終わった後

ショーが終わった後、ダンサーやパフォーマーとの記念撮影ができます。

やはり、女性ダンサーは衣装が華やかなので、多くの方が写真を一緒に撮っていました。

でも、近くにいた男性パフォーマーとの記念撮影ができて、よかったです。

 

帰りは、行きに送迎バスを降りたところへ向かいます。

すると、番号の書いた紙を持ったスタッフが立っています。

送迎のバスの中で、アナウンスされた番号の列に並んで、しばらく待ちます。

 

この日は、ツアー参加者が多く、送迎バスも複数ありました。

バスは、番号順に出発するようで、私達がバスに乗り込むまで、約20分ぐらいは外で待っていたと思います。

子供達は、ややお疲れ気味でした。

 

送迎バスが、ホテルに到着するとアナウンスをしてくれます。

ホテルに到着したのは、21:30ぐらいだったと思います。

気付いた点

トイレ

トイレは、会場の外に設営されており、案内看板が出ています。

トイレ内は、キレイに掃除されていました。

女子トイレは、数が少なかったので、余裕を持って行かれるといいと思います。

子供達は、ショーの間に1回と、帰りの送迎バスに向かう前に1回利用しました。

ショーの演出

ショーの物語が進むにつれて、会場が暗くなったり、明るくなったりします。

子供達が、一番驚いたのは、雷の演出でした。

突然、会場内が暗転して、雷音が響きます。

子供達は、この時、目をつぶったりして、自分なりに対処していました。

まとめ

食事は、食べ放題で、ビュッフェ式です。

ツアー参加者が大勢いるので、ビュッフェコーナーは混雑します。

飲み物は別注文で、スタッフにお願いすると席に持ってきてくれます。

 

ショーは、とても迫力があって、面白かったです。

ただ、音が大きく、光の演出もありました。

我が家の子供達は、光は大丈夫でしたが、音が怖かったようです。

一応、音対策として、耳栓を持参してよかったです。

 

ショーの内容によっては、お子さんが怖いと思ったり、パニックになるかもしれません。

お子さんが無理そうでしたら、会場の外に連れ出して、クールダウンするのもいいと思います。

 

この様子が、動画「自閉症児の挑戦!グアム旅行4日目」にあります。

実際の会場やショーの様子、子供達の様子などがありますので、よろしければご覧ください。

参考になれば、嬉しいです。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行4日目 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す