子どもの障害を受容できる日がきっと来る。その5つのプロセスとは?

お子さんが自閉症だと診断されて、あなたはどんな気持ちでしたか?

ほとんどの方は、信じられなかったと思います。

どうして、うちの子が・・・?

そんな筈がない・・・。

 

子どもの障がいを受け入れるのは、容易なことではありません。

障がいを受容するまでには、5つの過程があるからです。

障がい受容までのプロセス

子どもの障がいを受容するまで、様々な考察があります。

その中でも、共通する5つのプロセスをご紹介いたします。

ショック

子どもが診察を受ける前、半信半疑ではありませんでしたか?

「子どもは、自閉症かもしれない」と。

でも、それが医師による確定になると、やはり親は多かれ少なかれショックを受けます。

否認

ただ、「子どもが自閉症」という現実を、親は感情的には認めたくありません。

中には、診断をした医師に対して、激昂する人もいると思います。

特に、普段からお子さんと過ごす時間が短い、お父さんや祖父母が、頑なに認めない傾向にあります。

悲しみと怒り

そして、親はさらに複雑な心境に陥ります。

 

もっと早くに気付いていれば、よかったのに。

何が原因だったの?

本当に私のせいではない?

これから将来はどうなるの?

 

将来に対する不安・焦り、周囲の落胆・誤解、自分への怒り・・・。

常に、不安定な気持ちになりやすくなります。

適応

お子さんが療育施設に通ったり、あなたが障がいに関する本を読むことで、障がいに対しての正しい知識が、次第に身についてきます。

それによって、自閉症児の本質を、理解することができるのです。

そして、不安定な気持ちから脱却することができ、お子さんの障がいに寄り添うことができます。

再起

そして、お子さんが頑張って、少しずつ成長している姿をみると、親も行動を起こし始めます。

子どものために、将来のことを考えよう。

子どものために、自分にできることをやろう。

つまり、子どもの障がいを受容し、子どもや将来に対して前向きな気持ちになれるのです。

参考:「軽度発達障害児をもつ親への支援」 著 岩崎久志・海蔵寺陽子

障がいを受容するまで、時間はかかります。

また、人によって、受容するまでの時間は違います。

受容までの期間は人による

人によって、考え方は違いますよね?

そのため、子どもの障がい受容まで、人によっては期間が短かったり、長かったりします。

 

特にお父さんは、なかなかお子さんの障がいを、受容することができません。

でも、受容できないといって、お父さんを責めることはしないでください。

普段から子どもとの接点が少ないお父さんの場合だと、

「うちの子に限ってそんなことはない。お前の気のせいじゃないのか?」

となり、夫婦仲が険悪になるケースは、少なくありません。

お母さんは、カッとならないで、冷静に対応してみてください。

 

または、お父さんをお子さんが通っている療育機関へと、一緒に来てもらうのはいかがでしょうか?

そこで、お父さんが疑問に思っていることを、先生に直接聞いて、先生から答えてもらうのも効果的だと思います。

自閉症児を持つお父さんにできることは、たくさんあります。

以前に、記事を書いたので、参考になれば嬉しいです。

自閉症児を持つお父さんにできること

受容できなくても

受容ができるまで時間はかかります。

でもその間、「何もしない」だけは、避けてください。

 

確かにお子さんに診断がでたとき、あなたはショックでいっぱいです。

さらに、追い討ちをかけるように、医師から療育手帳の取得を勧められるかもしれません。

現実を突きつけられて、目を逸らしたくなりますよね?

「どうして、しないといけないの?」と。

 

でも、お子さんの将来に必要なことだったら、どうしますか?

療育手帳のことを調べず、親の気持ちだけで判断しては、お子さんの将来を閉ざしてしまいます。

療育に関してもそうです。

 

お子さんの障がいを受容できなくても、お子さんにとって大事なことは、検討からでもいいので、前向きに考えてみてください。

何もしないで、後々その大事さに気づいた時、あなたは後悔してしまうかもしれません。

私が子どもの障がいを受容できた時

私は、長男が自閉症と診断された時、自分の育て方が原因でないとわかって、ホッとしました。

でも、ショックで涙が溢れて、止まらなかったのを覚えています。

 

パパの方が、長男の障がいを受容できたのが、早かったです。

そのため、長男のためにできることを調べたりして、奔走していました。

 

私は、療育方針が決まった後、昼間は家事や育児をしつつ、長男の療育を病院と自宅で行っていました。

ただ、夜、子供達を寝かしつけて一人になると、私は不安・焦りの中にいました。

 

これから、どうなるのだろう?

このまま、この療育でいいのかな?

長男は、発達するのかな?

 

答えがでないものばかり、ぐるぐる考えていました。

また、パパのように前向きな考えができない自分が嫌でした。

 

長男の障がいをなかなか受容できないまま、診断を受けてから約半年が過ぎました。

すると、長男に変化が表れたのです。

その様子を見て、

「長男は少しずつだけど成長している。頑張っているんだ。自分も子供達のために頑張ろう」

と思い、前向きな気持ちに切り替えることができたのです。

 

それからは、自分ができることを積極的に行っています。

もちろん、挫けそうな時もありました。

でも、子供達の可能性を信じて諦めなかったので、今日の子供達は、健やかに育っていると思います。

まとめ

子どもの障がいを、すぐに受け入れることは難しいです。

そのため、無理に「大丈夫。大丈夫」と自分に言い聞かせるのは、逆効果です。

心が張り詰めたままでいると、やがてバランスが壊れてしまいます。

 

障がい受容までは、5つのプロセス「ショック・否認・悲しみと怒り・適応・再起」を経ます。

そのため、人によりますが、多かれ少なかれ時間が必要なのです。

 

必ずあなたが、お子さんの障がいを自然に受け入れる日がきっときます。

それまで、お子さんの将来に必要な事だけは、検討からでもいいので、前向きに考えてみてください。

お子さんの可能性を信じてください。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す