自閉症児と行く北海道旅行 ~旭山動物園へGo!

北海道旅行2日目。

この日の旭川は朝から曇り空でした。

季節的には夏でしたが、朝から肌寒かったです。

旭山動物園へ

2日目のメインイベントの「旭山動物園」へ出発!

開園前に到着したものの、すでに人が並んでおりました。

 

しかし、その列は、入場券購入のための列でした。

我が家は、前日ホテルにて入場券を購入済み。

そのため、直接、入場口の列に並ぶことができたので、よかったです。

 

開園までまだ時間があったので、長男は少し周りをウロウロしていました。

ベビーカーに乗っていた次男は、身動きが取れないので、一番退屈そうでした。

次男、この頃はまだ9カ月のため、つかまり立ちが限界・・・。

 

次男が退屈しないように、ベビーカーにアンパンマンのおもちゃのハンドルをつけていました。

しかし、次男、退屈だと言わんばかりにハンドルを右・左にガチャガチャ・・・。

ついには、ハンドルをバシバシ叩いていました。

開園して、ペンギン館へ

そして、ようやく開園!

するとやはり皆さん、人気の動物館へ走る、走る。

我が家は入場口から近いペンギン館へ行きました。

 

この当時より前から、旭山動物園はテレビでも特集されていました。

一度は行ってみたいな~と思っていたので、子供達よりも私の方がテンションが高かったと思います。

 

ペンギン館で、泳ぐペンギンを見て、

「そうちゃん、ペンギンだよ~。泳いでいるよ~。」

長男、「ほうほう。」という感じで、クールにペンギンを観察していました。

penguin

アザラシ館へ

次に、アザラシ館。

こちらは既に人でいっぱいでした。

アザラシが大きなガラス管のところを上下に移動するのですが、人が多くて、中々見れませんでした。

しばらくして人ごみが落ち着いてから、アザラシがよく見れそうな場所へ移動。

下からアザラシがやってくると、2人とも興味津々と見ていました。

azarasi

シロクマ館へ

そして、次はシロクマ館。

こちらも人でいっぱいでした。

シロクマが飛び込むところを一目見ようと、水槽の前には人だかりが。

 

私も長男に見せてあげたいので、抱っこをして待機。

今にも飛び込みそうで、飛び込まないシロクマ。

10分たってもダメそうなので、諦めてシロクマ館を出ました。

すると、館内から歓声が・・・。

シロクマ、やっと飛び込んでくれたようです・・・(泣)

 

その後は、園内を一通り回りました。

レッサーパンダ、シカ、オオカミ、カピバラ、キリン等々。

長男は特にはしゃぐわけではありませんでしたが、じーっと動物たちを見ていました。

ふれあい動物のコーナーにて・・・

そして、お昼を軽く食べた後、最後にふれあい動物のコーナーに行きました。

ここでは、うさぎに触れるということで、長男にトライしてもらいました。

しかし、触るのがやはり怖いようで、手を出さない長男。

でも、私が長男の手を添えて、一緒にやろうとすると、少し触ることができました。

 

一方、次男。臆することなく触るというか・・・

笑顔で、うさぎを叩いてしまいました Σ(゚Д゚;)キャー

 

その後は、記念に旭山動物園のモニュメントの前で記念撮影。

そして、次の観光地。

美瑛へレッツゴーです!

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す