自閉症児とグアム観光してみた! コンビニエンスストア大阪編

今回、2日目の夕食「プロア」を予約するのに、「コンビニエンスストア大阪」を利用して予約しました。

「プロア」を予約するのまでの経緯と、コンビニエンスストア大阪のお店を利用した時のことを、レポートします。

「プロア」を予約するまでと、その後のこと

サイトで予約して完了するまで

私達が出発する6日前に、コンビニエンスストア大阪のサイトにて予約をしました。

予約した後は、確認の自動メールが返信で届きます。

ただ、この時点ではまだ予約は、未確定です。

そして、この次の日に、予約確定のメールがきました。

内容は、簡潔に書くと下記のようになります。

  • 予約店:プロア・ハガニア店
  • 予約時間:午後6時
  • 午後5時40分頃、ホテルへ送迎に向かいます
  • 食事が終わったら、店の店員さんに電話をかけてもらえば、すぐお店に迎えにいきます
  • 店からホテルに行く前に、コンビニエンスストア大阪に寄るので、他のお店より安いので買い物をしてほしい
  • グアムに入国してホテルに到着したら、予約と送迎の確認のため、電話をしてほしい

一応、この予約確定のメールをプリントアウトして、旅行に持参することにしました。

グアムに到着したあと

グアムに私達が到着して、2日目にコンビニエンスストア大阪に連絡しました。

実は、連絡することをすっかり忘れていました・・・。

スマートフォンから連絡しようと思いましたが、メールに書かれているのは7桁の電話番号だけ。

これで、電話がかかるのかなぁ・・・?

と、ちょっと不安になったので、サイトに書かれていたお店の電話番号にかけました。

すると、電話に出てきたのは、カタコトの日本語を話せる現地の店員さんだったと思います。

「プロア」予約の件を話すと、オーナーさんと代わってもらいました。

このオーナーさんが、予約関係や送迎をされているようでした。

予約確認をできて、あとは予約当日を待つだけでした。

ちなみに、メールに書いてあった7桁の電話番号は、携帯電話でその7桁でかければOKだそうです。

食事後に送迎をお願いするのに、この電話番号にかけたらつながりました。

ちなみに、私達は現地でプリペイドSIMを購入し、日本にいる時と同じようにスマートフォンが利用できました。

このプリペイドSIMの購入や設定等については、注意点もあったので別途記事を作成する予定です。

予約当日

予約当日。

ホテルのロビーで待っていたところ、ロビーからコンビニエンスストア大阪のロゴが入った車が見えました。

迎えに来てくれたのは、オーナーさんで、物腰の柔らかい60~70代の男性でした。

お店が違っている

そして、乗ること約5分。

「プロアに、着きましたよ~。」

と、オーナーさんの一言。

私とパパは、顔を見合わせました。

実は、プロアは「タモン店」と「ハガニア店」があります。

私達が予約したのは、ホテルから車で約15~20分にある「ハガニア店」です。

でも、到着したのは「タモン店」でした。

「あの、予約したのはハガニア店の方なんですけど・・・」

と、私達が言うと、オーナーはビックリした表情でした。

どうやら間違えて「タモン店」の方に、予約してしまったようです。

でも、まあいいかと思い、タモン店にて食事をすることにしました。

無料のはずが・・・

車から降りようとしたとき、オーナーさんは何か探していました。

どうやらコンビニエンスストア大阪を通して予約した場合、プロアでアイスティーが無料になるようでした。

しかし、その無料チケットが車内になく、オーナーさんは慌ててました。

そこで、オーナーさん、

「プロアの店員さんに、無料にしてくださいと言ったので、大丈夫です。」

と、対応してくれました。

そのため、私はせっかくなのでアイスティーを注文しました。

 

食事が終わって会計となり、明細を見たところ・・・

アイスティーが加算されておりました。

店員さんに言おうかなとも思いましたが、自分にそこまで英語力がなかったのと、料金が$2.75しか、かからなかったので、そのまま支払いました。

 

そして、自分でコンビニエンスストア大阪の携帯電話に電話をして、迎えにきてもらうことになりました。

その後、私達はホテルに向かう前に、コンビニエンスストア大阪で買い物をすることになりました。

ちなみに、コンビニエンスストア大阪の場所は、ハイアットからはちょっと離れています。

 

コンビニエンスストア大阪での買い物

ホテルとプロアタモン店間の送迎は、無料となっています。

※ハガニア店の場合は、送迎は有料です【大人$10、小人(4~11歳)$5 ※タクシーよりは安いらしい・・・?】

ただ、コンビニエンスストア大阪で買い物をしなければ、なりません。

お店のサイトでは、他店(ABCストア・Kマート)よりも、飲み物・食べ物・お土産が安いと記載してありました。

お店の様子

オーナーさんに、お店まで送迎されると、お店には店員さんが待っています。

オーナーさんは次の送迎をお客さんを乗せて、行ってしまいました。

ホテルまで送迎はするので、買い物をして待っていて欲しいとのことでした。

 

お店の中に入ると、お土産、食べ物、飲み物、そのほかにTシャツや民芸品みたいなものもありました。

午前中に参加したアトランティス・サブマリンのツアー中に、長男の帽子が風に飛ばされてしまったので、ここで新しい帽子を購入しました。

次男に選ばせた帽子は、$17でした(アトランティスのお土産で買おうとした帽子は、$30でした)

他にも、滞在中の飲み物を買いました。

 

ただ、この買い物の間、お客さんが私達だけしかいなかったため、常に店員さんが私の後ろをマークしていました。

「これなんか、いいよ~?」

「もっと、買いなよ~。他より安いよ?」

と、ものすごく押しがすごい店員さんでした。

最初は、帽子と飲み物だけでよかったのですが、なかなか店員さんが商品を押してくるので、レジに行きづらかったです。

追加で、チョコレート2箱買って、ようやく会計となりました。

帽子1個・飲み物(水3本・オレンジジュース1本)、チョコレート2箱(小さいGODIVA・マカダミアチョコレート)で、$37.31でした。

確かに他店よりは、若干安いかなという感じでした。

でも、店員さんに勧められるまま買うと、高くつくなぁ・・・と思いました。

子供達の様子

お店の中に入ると、長男は私の側にいてくれるのですが、次男はお店の中を探検していました。

お店の中には、民芸品や化粧品など壊れやすいものがあるので、次男があちこち触らないか心配でした。

そのため、次男はパパにマークしてもらいました。

次男は欲しい物を見ると、何でもすぐ「これ買って~」と持ってきます。

売り物でもお構いなしに振り回したり、触ったりするので、目が離せません。

もちろん、必要なもの以外は「だめ」と断ります。

一方長男は、自分からあれこれ欲しいとほとんど言わないタイプです。

滞在中は大きなパニックもなく、大人しく待つことができましたから、とても助かりました。

 

買い物が終わってしばらく外で待っていると、オーナーが車で戻ってきて、ホテルまで送ってくれました。

ホテルに着いた時、長男に持たせたチョコレート2箱をいれた袋がありませんでした。

「チョコレートどうしたの?」

と、聞いても長男は、沈黙・・・。

どうやら車の中に忘れてきたようです。

お店の携帯電話にかけようかと思いましたが、またオーナーに来てもらうのも悪いので諦めました。

車に降りるとき、ちゃんと持っているかどうかチェックしなかった私も悪かったし・・・。

結局、チョコレートは後日、JPストアで買うことに・・・。

まとめ

予約が間違っていたり、飲み物が無料じゃなかったり、ところどころ「え?」と疑問なところがありました。

また、高齢のオーナーが1人でやっている印象があったので、仕方ないのかなと思います。

予約の他に、送迎もオーナーだけがしていているのか、忙しくとても手が回っていない印象でした。

 

お店の方は、ABCストアのように、いろんな物が売っていました。

ただ、お店の人がずっとついて来るので、ゆっくり見ていられなかったです。

でも、グアムの情報を知りたい場合、この店員さんに聞くと詳しいかなと思います。

私達に対応してくれた店員さんは、日本人だったと思います。

商品を選びながら、そういった会話を楽しむのは、いいなと思いました。

あとは、お店の中はちょっと手狭なので、子供達が走り回ったりしないよう、気をつけてください。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行2日目 

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す