自閉症児と行く北海道旅行 ~小樽にて

富良野で、お花とスイーツを満喫した後、次の観光地、小樽へ向かいました。

着いた時には、夕方前でした。

小樽運河へ

ホテルにチェックインした後、少し早目の夕食をとり、歩いて小樽運河まで行くことに。

小樽運河に着いた頃には、ちょうど日が沈む頃でした。

 

街灯がつき、それが運河の美しさを引き立てているようでした。

長男も次男も、運河をじーっとしばらく見ていました。

otaru

ホテルでの出来事

そして、ホテルに戻り、子供たちを寝かせてゆっくりしていたところ、何やらパパ、お風呂でこそこそ何かをしていました。

「何してるの、パパ?」

「え?いやさ、これを試してみようと思って。」

パパの手には・・・

ハッカ油

実はこれ、富良野から小樽に行くとき、途中の金山PAで買った物です。

 

パパ曰く、

「これをお風呂のお湯に入れると、スーとするんだって」

と言って、お湯に10滴ぐらい入れました。

すると・・・

風呂場がハッカの匂いで充満

 

そして、パパ、ハッカ油入りのお風呂に入りました。

5分後・・・

「あ、何か体中スーッとしてきた」

さらに5分後・・・

「何か寒くなってきた・・・」

そして1分後・・・

「寒いっ!」 (((゚ Д゚ ;)))ガタガタ

そう言って、パパ、慌ててお風呂から出て、急いで着替えるも、寒さは変わらないようでした。

 

そして・・・

夏だというのに布団にくるまる夫

そして、そのまま、パパ就寝。

私は、明日のすぐ出発できるように、荷物の整理と明日着る服を出していました。

すると突然、パパ・・・

「暑いっ!」 ヽ(;`Д´)ノ

と、かぶっていた布団を投げ飛ばして、また寝ました。

寝ぼけてたんですかね・・・

何やってんだか・・・(;´∀`)ヤレヤレ

親がドタバタしている横で、子供達はスヤスヤと熟睡していました。

小樽市内にて

そして翌日は、小樽市内を観光しました。

主にガラス工房・オルゴール館を見たり、お土産を買ったりしました。

長男、次男は特に面白くなかったようで、他にもお店を見ようとしたら、長男、

「むーーー!」 ヽ( `皿´ )ノヤダー

と怒ってしまいました。

 

そこで、買い物等は終了して、お昼をたべることに。

「小樽」といえば「お寿司」です。

ガイドブックで目星をつけていたお店に行きました。

 

この頃、まだ長男は、かっぱ巻きなど巻物しか食べれませんでしたが、嬉しそうでした。

次男は、やはりまだ1歳前の赤ちゃんなので、食べれません。

私がお寿司を食べるとき、

「あ~っ」 (;´Д`)タベタイ

という感じで、恨めしそうにこっちを見ていました・・・(;^ω^)ゴメンネ

 

そして、次の観光地、「登別」に出発しました。

まだまだ旅行は続きます!

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す