自閉症児と行くグアム観光 アトランティス・サブマリン編

グアム旅行2日目。

午前中は、潜水艦で海の中の生き物やサンゴ礁が観察できる「アトランティス・サブマリン」に行きました。

今回、現地ツアー専門予約サイト「VELTRA」を利用し、第2便(9:30出発)で予約が取れました。

(※予約サイトの記載では、子供は3歳から参加可能ですが、身長92cm以下のお子さんは参加できないので、気を付けてください)

宿泊ホテルの送迎時間は、8:45でした。

ホテルからアクアワールド・マリーナに着くまで

当日は、ホテルのロビーにて待っていると、スタッフの方が迎えに来てくれます。

そして、カタコトの日本語で私達の名前を確認し、送迎車に案内してくれました。

途中で大型バスに乗り換えて、まずは「タモンベイセンター」に向かいます。

到着するとバスの中で、スタッフによるツアーの説明が簡単にあります。

説明が終わると、予約バウチャー券の回収と、参加者として腕に紙テープが巻かれます。

オプショナルツアーに参加する場合は、日本で予約バウチャー券を印刷して持っていきましょう。

ツアーによっては、紙で印刷したものを用意しなければ参加できません。

私達は、念のためすべての予約分を日本で印刷しておきました。

そして、アクアワールド・マリーナに向かいます。

 

アクアワールド・マリーナに到着し、ここでシャトルボートに乗り潜水艦があるダイビングポイントへ向かいます。

シャトルボートに乗る前には、トイレをすませておきましょう。

一応、シャトルボートの中にはトイレが完備されていますが、潜水艦の中にはありません。

シャトルボートに乗ってから帰ってくるまで、約1時間20分くらいかかります。

マリーナでは男女兼用のトイレが1ヵ所しかないので混み合いますが、スタッフの方が、ちゃんと待っててくれました。

 

シャトルボート乗車前には、家族ごとに記念撮影があります。

ここで撮った写真は、解散場所のタモン・サンズ・プラザ内にあるギフトショップで販売しています。

私達も、旅行の思い出にと、ついつい買ってしまいました。

シャトルボートから潜水艦まで

シャトルボートに全員乗船したら、いよいよ潜水艦へ向かいます。

シャトルボートが動き出してすぐに、スタッフの方から潜水艦内の注意事項の説明がありました。

  • 潜水艦に乗船の際は、はしごを使って、昇り降りすること
  • 艦内は、飲食禁止
  • 艦内では、動き回らないこと
  • 艦内には、トイレが完備されていない
  • 席の移動ができないので、家族揃って乗艦すること
  • 救命胴衣の使い方など

説明が終わると、ボートのデッキや上部デッキに出ることができました。

のんびりとアプラ湾を眺めていたのですが、ボート場をすぎるとシャトルボートがスピードを上げました。

加速すると風当りが強くなるので、帽子が飛ばされないように注意してください。

また、エンジン音も大きくなります。

大きな音が苦手なお子さんには、イヤーマフや耳栓を用意してあげてください。

ボートデッキにも行けますが、必ず大人が付き添うようにしましょう。

潜水艦に乗艦

潜水艦があるダイビングポイントに到着したら、ボートから潜水艦に乗り換えます。

ボートと潜水艦の間には、若干の隙間がありました。

お子さんが怖がる可能性がありますから、サポートしてあげましょう。

もちろん、スタッフの方もいるので、お手伝いしてもらえます。

またお子さんが潜水艦の上部に乗り移ったら、勝手に動き回らないように気を付けてください。

 

潜水艦に乗った後は、梯子で艦内に降りていきます。

艦内は狭くて、順番に降りた後はあちこち移動できませんから、家族揃って降りるようにしましょう。

我が家の場合、私→長男→次男→パパの順番で降りました。

潜水艦内部に降りて気づいたことが、いくつかありました。

  • 艦内は薄暗い
  • 艦内は、音が響きやすい(※艦内アナウンス・エンジン音・スタッフさんの口笛など)
  • 一番最初に乗艦した人は、操縦席が見える前方になる
  • 潜水艦は48人乗りで、席は背中合わせで2列になっていた
  • 今回の参加者は、ちょうど24人だったが、片側1列に座らされた
  • 2人で1つの窓を見る感じだった
  • 1人につき1つ、日本語の説明が聞けるヘッドフォンが置いてあった

私達は一番最後に乗艦したので、潜水艦の後方となりました。

後方になるとは知らなかったのですが、万が一、子供達がパニックになった時、後方なら他の方の迷惑にはならないような気もしました。

実際のツアーの様子

ツアー時間は、約30~40分です。

私達は、一番後方に座っていたのですが、近くに現地スタッフの方も座っていました。

とても陽気な方で、不安がっている子供達に、「モウスグ、ニモミエルヨー」・「ニモミテネー」など、カタコトの日本語で話しかけてくれました。

 

この日は、海のコンディションが今一のようで、海中は少し濁っていました。

魚が見えるか心配でしたが、魚の餌付けスポットがあるようで、ちゃんと見れました。

スタッフさん曰く、運がいいとウミガメやサメが見れるそうです。

今回は、残念ながら見れませんでしたが、大きなサンゴ礁や「ファインディング・ニモ」でお馴染みの、カクレクマノミなど、いろいろな魚を見ることができました。

そして、海底45mの深さに潜ります。

海の色が綺麗で、非日常的でした。

この様子は、動画にて収録されていますので、よろしければ参考にしてください。

できればお子さんに事前に見せてあげて、参加できそうか反応を見てもいいと思います。

 

海底に到着した潜水艦は、その後一気に海面に向けて浮上して、ツアー終了です。

この時、タンクから出る空気が、太陽光でキラキラ光って、とても綺麗でした。

 

潜水艦から降りるときは、操縦席側の前方から順番に、梯子を昇ります。

梯子を昇る前に、操縦席の様子が見れます。

子供達は、操縦席で記念撮影をさせてもらえました。

梯子を昇った後は、来るときに乗ったシャトルボートに再度乗り込みます。

子供達の様子

ツアーが始まると、エンジン音の他に潜水艦のモーター音らしきものが響いていました。

そのため、子供達は不安に思ったようで、耳を塞いだり、長男は備え付けのヘッドフォンをしたりしていました。

でも、魚やサンゴ礁を見て夢中になっている間は、耳を塞いだりはしていませんでした。

また、艦内では不用意に立ち上がったり移動してはいけないようです。

私とパパが、子供達の両側に座っていたので、立ち上がったり、どこかへ行ってしまうことはありませんでした。

次男は最初、パパの隣でしたが、不安になって長男と席を替わり、私の隣に移動してきました。

 

水族館が好きな子供たちなので、魚を探すのは、面白かったようです。

また、潜水艦の窓に使われている、かなり厚みのあるアクリルガラスの見本を、直に触ることができました。

普段できない体験に、不思議そうな顔をしながら、ペタペタ触っていました。

潜水艦から帰るまで

潜水艦からシャトルボートに乗り込むと、マリーナへ向かいます。

往路の時と同様に、復路もボートは加速して進みます。

ボートの走行中、次男はパパとデッキへ行き、私と長男は、後方で海を眺めていました。

すると一瞬、何か飛んでいったことに、気づきました。

「誰か帽子を飛ばされたな・・・」とのん気に思っていたら、うちの子でした(笑)

今頃は、グアムのアプラ湾に浮いていることでしょう・・・。

 

次男の帽子が飛ばされた瞬間、パパは次男が帽子を取ろうと身を乗り出さないように、腕を掴んだようです。

このように、不測の事態があるかもしれないので、お子さんには必ず付き添うようにしましょう。

この様子も、動画に収録されています。

 

アクアワールド・マリーナに到着すると、帰りのバスに乗ります。

バスは、タモンベイセンターまで送迎してくれます。

そこまでの移動時間は、約30分です。

バスに乗る前にトイレをすませた方がいいでしょう。

タモンベイセンターに到着すると、建物の中にあるアトランティス予約センター兼ギフトショップに案内されます。

ギフトショップ

ギフトショップでは、アクアワールド・マリーナで記念撮影した写真を見ることができます。

金額は$15で、購入するかどうかは自由でした。

 

ギフトショップの中には、海の生き物のぬいぐるみや、アトランティス特製グッズなどが販売されていました。

次男の帽子が飛ばされてしまったので、ここで購入しようと思いましたが、$30もしたので、ここでの購入はやめました・・・。

まとめ

「アトランティス・サブマリン」は、エンジン音等が大きく、艦内はよく響きます。

そのため、音が苦手なお子さんは、イヤーマフもしくは耳栓が必要です。

また、艦内は薄暗くなっていました。

魚は、餌付け場があるので、潜水艦の中から見ることができます。

 

シャトルボートは、アクアワールド・マリーナから離れると、速度が速くなるので、突然の加速に、気を付けてください。

また、帽子を飛ばされないように気を付けるか、乗船中はお子さんの帽子を預かるようにしてください。

もし、お子さんを連れて行くのに不安があるようでしたら、私達が撮影した動画を見ていただいて、参考にしてください。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行2日目 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す