自閉症児とグアム観光してみた! プロア タモン店編

グアム2日目。

プールとビーチで、たくさん泳いだ後は、夕食に出掛けることにします。

グアムでチャモロ料理が食べれる有名なお店の1つ、「プロア」に行きました。

お店の場所と予約

プロアは、タモン店とハガニア店の2店舗があります。

タモン店は、ハイアットから車で約5分で、ハガニア店は、ハイアットから車で約15分です。

タモン街に宿泊している場合、立地が近いタモン店がいいのですが、予約が取りづらいお店です。

ハガニア店は遠く、交通の便が悪いのですが、新しく広いお店のため、比較的予約がとりやすいのが特徴です。

私達は、出発する5日前に「コンビニエンスストア大阪」のHP経由で予約を取りました。

出発前に予約をとらないと予約できないのかと思っていましたが、そうでもないようです。

 

毎週水曜日18:00から、ハガニア地区にて「チャモロ・ヴィレッジ・ナイトマーケット」が開催されます。

この日は、チャモロ料理や衣服を扱う屋台が並び賑わうため、多くの観光客がそこに行くようです。

そのため、この日は人気の飲食店も空いている可能性が高いようです。

予約は、水曜日が狙い目かもしれません。

お店の雰囲気

私達は今回、タモン店の方へ行きました。

夕方18:00頃に到着。

お店の中はすでに地元の人や観光客でにぎわっていました。

ワンフロアに4人掛けのテーブルが6つぐらいあり、他にも6人掛けのテーブルもありました。

店内には、幼児専用の椅子もありました。

照明は、店の奥に行くほど、少し薄暗かったです。

またワンフロアなので、他のお客さんの席との間が、仕切られていません。

でも、席の間隔が離れているので、それほど気になることはありませんでした。

 

また、私達が来店したときは、2人組がギターを使って生演奏をしていました。

お店の中が、それほど広くないので、生演奏がかなり響いていました。

2人とも大きな音が苦手なので、耳を塞ぐかな・・・?と思いましたが、意外に大丈夫だったようです。

お子さんによっては、耳栓を用意しておいた方良いかもしれません。

動画を参考にしてみてください。

今回注文したもの

プロアでは、日本語メニューがあります。

また、店員さんは、フレンドリーな人ばかりで、日本語に慣れている感じがしました。

 

まずは、前菜です。

最初は、ガイドブックに載っていた「アボカドを添えたマグロのポギ」を注文しようとしました。

しかし、メニューの前菜の中には見当たらず・・・。

ひょっとしたら、ハガニア店限定だったかもしれません。

そこで、スタッフの方に「おススメは?」と聞くと、「チキン&ビーフナチョス」を勧められたので、それにしました。

子供達は、最初は「何これ・・・?」みたいな表情でしたが、一口食べてみるとおいしかったようで、2人で競うように食べてしまいました。

 

この他に、キッズメニューもあったので、「スパゲッティとミートボール」を注文してみました。

キッズメニューでしたが、ミートソースは甘い感じではなく、やや酸味がきいているようでした。

量は、子供1人で食べるには、十分すぎる量です。

 

そして、プロアで代表的なメニューの、「トリオBBQ(ビッグ・フェラー・トリオ)」を注文しました。

ショートリブ・スペアリブ・チキンに、グアム伝統の味フィナデニ・ソースがついています。

その他にレッドライスとミニサラダが、ワンプレートにのっています。

2人前を4人で食べましたが、十分なボリュームでした。

子供達に取り分けれるように、2人には大きなお皿を用意してくれました。

ドリンクは別に注文します。

こちらもLサイズ以上の量でした。

しかも、おかわりOKのようで、飲み物がグラスの半分になると店員さんが注ぎに来てくれます。

コンビニエンスストア大阪を通して予約すると、アイスティーは無料となるようです。

私達は、ちょっと手違いで、無料にはならず残念でした。

 

最後にデザートを勧められました。

プロアのお店の中には「プロア・パティスリー」があります。

お店の中で食べるのもOKですし、テイクアウトでもOKです。

私達は、料理でもうおなかいっぱいだったので、テイクアウトにしました。

今回は、「ティラミス」と「ニューヨークチーズケーキ」を注文しました。

ティラミスは、日本で食べているのとはちょっと違った感じのティラミスでした。

ニューヨークチーズケーキは、とても美味しかったです。

それぞれ1ピースずつでしたが、どれも日本のケーキよりも一回り大きかったです。

支払い方法

支払いは、それぞれのテーブルで行います。

自分のテーブル担当の店員さんが、伝票を挟んだフォルダーを持ってきてくれます。

伝票内容を確認したら、クレジットカードを挟んでおきます。

(※現金の場合でも、そのフォルダーに挟みます。)

ちなみにプロアも、サービスチャージ10%が含まれているので、チップは不要です。

そして、担当の店員さんにフォルダーを渡します。

 

すると店員さんが、再びフォルダーを持ってきます。

中には、伝票とレシートとクレジットカードがあります。

(※現金で支払われた場合は、おつりがあると思います。)

そして、再度、確認した後にクレジットカード決済のサインをして、支払い終了です。

今回の支払いは、$103.90でした・・・。

旅行に出ると、出費も出る・・・。

 

私達がお店を出る19:00前頃になると、お店は混んできたので、店員さんも忙しそうでした。

自分に英語力とアピール力がないため、なかなか店員さんを呼べませんでした・・・。

そのため、支払いは終わったのに、なかなか持ち帰りのスイーツが来なかったので、しばらく待つことになってしまいました。

気づいた点

店員さんが、とてもフレンドリーなので、子供達によく話しかけてくれます。

次男は、まだ受け答えができる方なのでいいのですが、長男はうまく答えられず、沈黙です。

でも、店員さん「彼はシャイなんだね」と英語でポジティブ発言をしてくれました。

その対応が、嬉しかったです。

 

プロアでも、おしぼりはありません。

テーブルには、ナイフとフォークの下に敷いてあった紙ナプキン1枚だけでした。

1日目での「メスクラ・ドス」もそうだったので、ウェットテッシュを持ってよかったです。

トリオBBQのスペアリブを食べる時、特にスペアリブは手で持って食べた方が、子供達も食べやすそうでした。

ただ、手が汚れやすいので、ウェットテッシュがすごく活躍しました。

 

支払いが終わった頃に、送迎を頼むためコンビニエンスストア大阪さんに電話しました。

店員さんに、電話をかけてもらうのでもOKです。

タクシーを呼んでもらう際は、お店の人に頼んで手配してもらってください。

ちなみに、私達は現地でプリペイドSIMを購入し、日本にいる時と同じようにスマートフォンが利用できました。

このプリペイドSIMの購入や設定等については、注意点もあったので別途記事を作成する予定です。

まとめ

予約が難しいので、早めに予約をとるか、水曜日の「チャモロ・ヴィレッジ・ナイトマーケット」の日が狙い目です。

日本語メニューが置いてあり、キッズメニューもありました。

店員さんは、とてもフレンドリーで、たまに話しかけられたりします。

ワンフロアにテーブルがいくつか設置されていますが、気になる距離ではありません。

店内では、生演奏があるかもしれないので、お子様によっては、耳栓などを準備してください。

子供達がスペアリブ等を食べる時は、手づかみの方が食べやすいと思います。

ただ、手がべったりするので、ウェットテッシュは必須です。

支払いは、クレジットカードもしくは現金でOKです。

帰りのタクシーを頼むときは、店員さんにお願いしてください。

 

料理は、多かったですが、とても美味しかったです。

お店の雰囲気も良かったでした。

スイーツも販売していますので、よろしけば召し上がってみてください。

 

私達は、国内での旅行は何回かありましたが、初の海外旅行ということで不安がありました。

でも、子供たちの楽しげな様子を見ていると、連れて行ってよかったと思います。

その様子をダイジェストでまとめた映像がありますので、よろしければご覧ください。

 

また、この他にも空港や飛行機の中での子供達の様子、搭乗にあたっての注意点や、現地のホテルやお店の様子などを、映像でまとめました。

この映像は、私達と同じように、自閉症のお子さんをお持ちのご家族にとって、参考になればと思い制作しています。

そのため、通常では全てカットするような機内の様子なども、できるだけお伝えできるように編集してあります。

また、私達のプライベートな部分も多いため、不特定多数の人には公開をしていません。

読者登録された方のみ、無料でご覧いただけるようになっておりますので、よろしければご覧下さい。

【動画】自閉症児の挑戦!グアム旅行2日目 

 

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す