うちの子はなんで逆さバイバイをするの?目指せ模倣の獲得!

自閉症児の特有のしぐさの中に、「逆さバイバイ」があることは、ご存知でしょうか?

「逆さバイバイ」とは、相手に手を振るとき、手のひらを相手に向けるのではなく、自分に向けてバイバイをすることです。

自分に向けてバイバイをしているので、「逆さバイバイ」と呼ばれています。

自閉症児が苦手な「模倣」

もちろん、お父さんやお母さんは普通にバイバイを教えているつもりです。

私達の時もそうでしたが、特別に変な教え方をしたつもりはありません。

でも、なぜか自分に向けて、バイバイをするようになってしまったのです。

自閉症児は、なぜ「逆さバイバイ」をするのでしょうか?

理由のひとつとして、自閉症児は、相手の行動を自分に置き換える「模倣」がとても苦手だからです。

模倣ができるということは?

お母さんやお父さんの言葉や動作のまねをすることは、とても重要な能力です。

なぜなら、「まねをする」ということは、さまざまな能力を獲得するうえでの土台(基礎)になる力だからです。

 

例えば、皆さんも、新しい料理に挑戦する時や新しい趣味を始めるときには、まず何かを手本にして、まねたりしますよね?

ですから、新しい能力を獲得していくためには、

「他の人はどうやっているのかな?」

「僕も同じようにやってみよう。」

「同じようにできた!うれしい!」

このように、模倣ができる能力を育てる必要があるのです。

 

では逆に、なぜ自閉症児には、模倣の力が弱いお子さんが多いのでしょうか?

それは、やはり人に対する関心の弱さにあるのだと思います。

生まれながらに、人に対する関心が弱ければ、そもそも人の動きに関心を持ちません。

人の動きに関心がありませんから、同じように動いて遊んでみよう、という気持ちが芽生えにくいのです。

ですから、実は自閉症児にとって、模倣の獲得というは想像以上に負担の大きい課題なのです。

 

では、子供達はどう思っているのでしょうか?

私達は、子供達はこう考えていると思います。

「どうして、頑張ってまねしないといけないの?」

ここに問題があるのです。

 

興味や関心が無かったり、少ないということは、上手になっていくうえで、壁になりやすいです。

人間には、生来から人に対して関心を持っていますし、逆に人から関心を持ってもらいたいという強い欲求があります。

自閉症の子供達は、ここが弱い子供達が多いように感じます。

 

ですから、模倣の獲得の練習の際には、人と関わることへの喜びが大きくなるように、努力する必要があります。

単に模倣ができるように練習していると、お子さんが嫌になって諦めてしまうかもしれません。

 

模倣ができるようになった時、あなたがお子さんを褒めることで、子供達の脳は活性化されていきます。

人と関わることへの喜びがわかる→模倣の獲得ができる→お母さんも嬉しい→褒められることで人と関わることへの喜びがさらにわかる

このように、親子にとって良いスパイラルに入ることがとても重要です。

そして、お子さんが模倣をできるようになってきたということは、療育が進んでいる・うまくいっていることを意味するのです。

具体的に模倣を獲得するためには?

模倣を獲得するには、スモールステップを踏んで、「できた」という成功体験を積み重ねていきます。

模倣を獲得するには、動作模倣と音声模倣が必要です。

お子さんの様子をみながら、同時並行で取り組んでもOKです。

動作模倣

まずは、体を使って、相手の動作をまねることから始めてみましょう。

最初は、頭・腕・お腹・足など、子供にとって分かり易い部分から始めます(粗大運動)

ただし、始める前にお子さんの注意をよく引いた状態で行ってください。

例えば、子供と向かい合うようにして、「せーのっ!あたま!」と言って、両手を頭に乗せます。

お子さんができたら、大げさに褒めてあげてください。

お子さんが大丈夫ならば、くすぐりをすることもOKです。

是非お子さんと楽しみながらやってあげてください。

 

我が家では、しょっちゅうパパが「せーのっ!おなかっ!」と言っては子供達と遊んでくれました。

子供達も、楽しそうにゲラゲラ笑っては、一緒に遊んでいました。

これにより、お子さんは、親と同じ動作をすると褒められる・自分が楽しいことがされるという、プラスの経験を得ることができます。

 

これが、できるようになったら、目・鼻・口・耳など、細かい部分へと変えていきます(微細運動)

最終的には、手遊び歌ができるのを目標にしてみてください。

音声模倣

動作模倣の中で、微細運動ができるようになったら、口形模倣の練習ができます。

口形模倣とは、口をあけたり、唇をすぼめたり、舌をだす等です。

これができることによって、音声模倣の土台が出来ていきます。

 

次の段階として、あなたは、お子さんのどんな声でも、真似てみてください。

同時に、お子さんの動作を、真似ることもOKです。

これを「逆模倣」といいます。

この逆模倣をしていくと、子供は意識するかのように、大人の方を見るようになってきます。

すると、今度は子供が、大人の方を見たら、まねをするようになっていきます。

 

そして、この次の段階として、子供の発声を、大人が正しい表現に直して返します。

これを「拡充模倣」といいます。

例えば、お子さんが「ちょうだい」を「あーあい」といった場合、あなたは「ちょうだい」と言い直して返してください。

お子さんが、大好きなものを使って行うと取り組みやすいです。

注意すること

お子さんの様子をみながら

模倣獲得の練習は、自閉症児にとって負担がかかります。

お子さんに無理なく進めれるように、練習時間は短くしてください。

そして、休憩を挟んでは、繰り返し行うようにしましょう。

 

また、楽しく進めるためにも、お子さんの好きなものを使ってみるのもいいと思います。

最初は、お菓子などから進めてみるのもいいですが、できるだけ「くすぐり」や「ハイタッチ」など人からの働きかけに変えれるようにしてください。

日常生活の中で、お子さんが頑張った時に、タイミングよくお菓子を出せない時もあります。

そのため、他者から「すごいね」と言われ、ハイタッチされる働きによって、お子さんの意欲が上がるように移行してみてください。

やり方を変えてみる

練習を進めていく上で、上手く出来ない時があるかもしれません。

長男に「ちょうだい」を言わせようとしましたが、いつも受身で、自発語が全くありませんでした。

大好きなチョコレートを長男の目の前に差し出しても、無言で取ろうとするだけ。

そこで、絵カードを取り入れました。

 

チョコレートの絵カードを長男が差し出したら、チョコレートをあげていました。

そして、長男がこの行動を理解した頃に、「ちょうだい」を取り入れたのです。

これは、2人体制で行いました。

パパは長男の後ろにいて、長男を補助しました。

長男が、カードを私に差し出した時、パパが「ちょうだい」と言います。

そして、そのあとにチョコレートを長男に渡します。

これを何度か繰り返します。

そして、今度は長男1人でさせてみます。

カードを差し出した時、しばらく待って様子をみます。

もし、何もなければ、長男の後ろから、「ちょ・う・だ・い」と少しずつ言葉を伝えます。

そして、長男が「ちょうだい」もしくは、それらしい言葉を言えたら、すぐに褒めてチョコレートを渡します。

最終的には、絵カードを自主的に出して、「ちょうだい」が言えるようになりました。

今では、絵カードなしでも「ちょうだい」と私達に伝えられるように成長しました。

 

お子さんによって、上手くいかないときは、写真や絵カードを使ったりするのがいいと思います。

そして、お子さんが徐々に馴染んできた時には、それらを少しずつなくしていくように進めてみましょう。

やり方は夫婦で共有しておくこと

模倣の練習は、日常生活の中でもできます。

先ほどの長男の「ちょうだい」の練習は、チョコレート以外にもお茶や他の要求の練習にも繋がります。

でも、お母さんは絵カード+「ちょうだい」で、お茶をくれる。

一方、お父さんは絵カードだけで、お茶をくれる。

やり方を統一しないと、お子さんは混乱してしまいます。

そのため、お子さんとのやり取りをどうしているか、きちんと情報を共有してください。

 

情報を統一するのに、ご夫婦で一緒に取り組むのは、とても良い事だと思います。

お子さんによっては、最初サポートが必要な場合があります。

どちらかが指示出し役、どちらかがサポート役で分担すると、お子さんもやり易くなるでしょう。

また、何よりお母さん・お父さんの2人に褒められると、お子さんはもっと嬉しいです。

できるだけご夫婦で、やってみてください。

逆さバイバイは、どうしてみる?

自閉症児は、視界で見たもののを、忠実に表現します。

例えば、逆さバイバイだったら、子供の視点では、相手の手ひらが見えます。

それと同じように、自分の手のひらを、自分の方に向けてしまうのです。

 

「逆さバイバイ」の向きは、いずれ改善します。

我が家の長男も、療育を始めた3歳頃は、逆さバイバイをしていました。

そのため、長男が逆さバイバイをした時、次のやり方を試してみました。

  1. 長男の手を持ち、正しい方向にむけて、バイバイする
  2. 1.に慣れてきたら、長男の手の側で、正しい方向のバイバイをし、お手本をみせる
  3. お手本をみて上手くできなかったら、もう一度、1.から試してみる
  4. お手本をみて出来た場合は、必ず「すごいね~」と言って、必ず褒める

これを繰り返していくうちに、自然と改善したのです。

今では、ピースサインもできるようになりました。

まとめ

模倣の練習は、獲得することだけを目標にしていると、お子さんにとって負担がかかります。

そのため、人との関わることの喜びが芽生えるように、楽しく取り組むことが大事です。

お子さんが楽しく取り組んでいくことが、やがて模倣の獲得に繋がります。

そして、あなたがお子さんを褒めることで、さらにお子さんが意欲的になると思います。

 

練習は、お子さんに無理のない短い時間で、回数を多くこなすようにしてみてください。

もちろん、日常の遊びの中でしてもOKです。

 

また、模倣獲得には、動作模倣・音声模倣が必要です。

お子さんによっては、特に音声模倣が苦手かもしれません。

写真や絵カードを使い、スモールステップを踏んでみてください。

また、お子さんが、今どの段階で、どんな練習をしているか?

ご夫婦で情報を共有することで、お子さんの混乱を避けることができます。

そして、ご夫婦で取り組むことにより、お子さんのできたときの喜びを一緒に分かち合えるでしょう。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す