夫が子育てに協力的ではありません。どうしたらいいでしょうか?

「夫が子育てに協力的ではありません。どうしたらいいでしょうか?」

これは、私達にお寄せいただくご相談の中でも、とても多い内容です。

 

今回は、パートナーシップについて考えてみましょう。

できれば、ご夫婦でこの記事をご覧ください。

どうして、夫は子育てに協力的ではないの?

わたしの主人も、かつては子育てに協力してくれませんでした。

 

私は、子育て自体初めての経験で、子供をうまく育てられるか不安でした。

そのため、よく子育ての関連本や雑誌を読んだり、

身近に知り合いがいないので、電話で友人に聞いたり・・・。

また主人に、本や雑誌の中でいい記事があったとき、「これ、読んでね」とお願いしていました。

 

ある日、主人と公園にお出かけしたときのことです。

主人がよかれと思って、子どもを芝生の上に寝転がしました。

でも、私には「え、それはちょっと・・・」と思うことで、

「そんなこと、しないでよ。万が一虫でも口に入ったらどうするのよ!」

と、思わず言ってしまいました。

 

最初の頃、主人は私の意見を聞いてくれました。

でも、主人が子供と触れ合う度に、「え~」とか「ちょっと・・・!」と私が言ってばかりいたためでしょうか、

次第に、主人は子供と関わることに、嫌気がさしてきたのだと思います。

 

ある日、泣いている長男をあやそうともしない姿を見て、主人を責めると、

「子供に何かしようとするたびに、あれこれ言われると、嫌になるよ。

本や友達の言うことが正しいと思うのなら、それで子育てすればいいんじゃない?」

と、逆に私が責められました。

その時は、ムッとしましたが、思い返せば主人の言う通りだったなと思い、反省しました。

 

それからは、本や雑誌の記事や、友人からのアドバイスは、参考程度とするようにしました。

子育ては、それぞれの家庭状況やお子さんよって、千差万別です。

いろんなやり方があって、同じやり方はないのだと気付きました。

その家庭にあった子育てのやり方を見つけて、実行するには、出来ることなら1人より2人の方がいい。

パートナーと、お互いにカバーし合いながら、協力して、子どもを育てていく。

それが子育てなのだと、そう思うようになりました。

お互いの気持ちに、気付いて欲しい

ご主人に知ってもらいたいことがあります。

奥さんが、最初のお子さんの子育てで、どうしてナーバスな気持ちになるのか、ご存知でしょうか?

 

一般的には、出産によるホルモンバランスの変化とも言われています。

しかし案外、子育てに対するプレッシャーが原因かもしれません。

  • 今まで、小さな子どもと接する機会がなかった(経験が少ない)
  • 初めての子育てにナーバスになっている
  • 周囲からあれこれ干渉される(両親・親戚・保健センター等)
  • 相談できる人がほかにいない

真面目なお母さんほど、子育てのプレッシャーは大きいと思います。

そのプレッシャーから、少しでもお母さんを解放できるように、

サポートをするのが、ご主人の役目だということを知ってほしいです。

 

だから、私は子育てのことで主人と話し合うときに、正直に自分の気持ちを伝えました。

  • 初めての育児で、知らないことが多い。だから、情報を得るために雑誌や友人を頼った。
  • 周囲に誰も知り合いがいない。
  • きちんと育てられなかったら、どうしようという不安がある。

すると、主人も私の気持ちを分かってくれました。

それからは、子育てで迷ったら、主人に相談して、主人も分からなかったら、本などを参考にして、

「2人で考えて・やってみる」ようにしました。

今でも、このスタイルは変わっていません。

 

ご夫婦で気をつけて欲しいことがあります。

それは、次の2つです。

  1. 奥さんは、「主人は、何も言わなくても、わかっているはず」と思わないこと。
  2. ご主人は、「奥さんが、何も言わないのは、大丈夫なはず」と思わないこと。

相手の考えや気持ちをよく知らないうちに、お互いのことを、決めつけてしまうことは、

夫婦間のすれ違いに、繋がりやすくなってしまいます。

 

男性という生き物は、「はっきり言わないと、伝わらない」もので、

女性という生き物は、「言わなくても、気付いてほしい」ものなのです。

 

だから、奥さんは、「ご主人に言いたいこと・して欲しいことは、具体的に伝える」ことを始めてみてはどうでしょうか。

その時のコツは、ご主人が仕事で疲れていたり、機嫌が悪そうだとうまく伝わりません。

少し面倒ですが、タイミングを見計らうと、うまくいくと思います。

そして、ご主人は、奥さんの気持ちに気付いてほしいですが、かなり高度な技なので、

奥さんが話をしたい時は、まずは反論しないで黙って話を聞いてください。

 

これを読んでいると、「面倒だなぁ・・・」とご夫婦で思うかもしれませんね。

でも、その面倒を少しずつこなしていくうちに、新婚の時よりもお互いのことがわかり、

気付けば、他のご夫婦よりも、夫婦の絆が深まっているかもしれませんよ。

読むとわかるかもしれない、夫と妻の心理とは?

男という生き物は、その道を極めようとするやっかいな生き物です。

その執念たるや、女性ではついていけないものがあります。

我が家の主人を、その例としてご覧ください。

 

我が家の休日のお昼は、主人がつくることが多いです。

しかし、「超」がつくほど凝り性なのが問題・・・。

パスタにハマると、イタリア料理店でも開く気かとツッコミたくなるほど、研究します。

 

先日は、「家族に美味しいラーメンを食べさせるんだ!」などと決意してから、前日の朝から海へ鯛を釣りに行き、

釣った鯛を捌き、一晩寝かせ、翌日の朝から約3時間ほどかけて出汁を取り、ラーメンのスープを作っていました。

確かに絶品だったのですが、ラーメン1つ作るのに、何もそこまでしなくても・・・と実は内心そう思いました。

 

私は、「どうして、この人は面倒なことを嬉々としてするのか?」と常々疑問に思っていました。

その答えは、パートナーシップに関して世界的に有名な心理学者である、ジョン・グレイ博士の著書の中にありました。

夫の幸せは、妻や家族が幸せにしていることなのです。

大部分の男性は、愛情を分け与える事に飢えています。

 

つまり、私や子供達が、主人の作る料理を食べて「おしいしい!」と言ってくれるのが、

主人にとっては、嬉しくてこの上なく、幸せと感じるからなのです。

 

だから、あなたのご主人は、あなたやお子さんを幸せにするために、一生懸命に仕事に打ち込むのかもしれません。

もしくは、一生懸命、あなたを労ってくれているのかもしれません。

ただし、それはご主人なりのやり方で。

 

できれば、ご主人の行動に付き合ってあげてください。

もしかしたら、思いがけず楽しいかもしれませんよ。

私は、主人ほど釣りに興味はありません。

最初は、嫌々で行きました。

でも、釣に行く時、準備は殆どしなくていいし、釣り場に行っても、後始末も、主人がしてくれます。

子供達も楽しそうだったし、意外にも主人の趣味に付き合ってよかったなと思いました。

 

ただ、あんまりご主人を褒めすぎたりすると、

回数が増えたり、何かしら「家族のため」と言って、購入する可能性があるので、気をつけてください。

ご主人も、日頃頑張っている奥さんを労うように、率先して行動してください。

すると、奥さんのお墨付きにより、ご趣味がレベルアップする可能性もあるかもしれませんよ。

お互いを察知するセンサーの違いとは?

夫の妻を察知するセンサーは、だいたい不具合を起こしている

ずいぶん昔、(株)タカラから発売されていた「バウリンガル」をご存知でしょうか?

犬の鳴き声を、日本語に翻訳するというおもちゃです。

 

あなたのご主人にも、この「バウリンガル」は、搭載されています。

いうなれば、妻の気持ちを察知するセンサー「妻リンガル」です。

そして、大抵の場合、ご主人に搭載されている「妻リンガル」は、不具合を起こしています。

まれに正常に機能している夫もいますが、ごく少数です。

 

しかも、殆どの夫は「妻リンガル」が不具合を起こしていることに、気が付いていません。

ですから、毎回毎回、「私の気持ち、わかっていない!」とケンカになるのです。

また、ジョン・グレイ博士はこのようなことも言っています。

夫にとって、自分が必要とされていないと感じることは、ゆっくりとしたペースで死んで行くようなものだ。

だから、再びやる気を起こしてもらうためには、受け入れられ、認められて頼られているのだという実感を持つ必要があるのです。

 

ご主人のあなたを察知するセンサーは、「不具合」というだけで、「壊れている」わけではありません。

いささか面倒ではありますが、あなたが具体的にして欲しいことを提示したり、

「ありがとう」・「嬉しい」を伝えて、頼りにすることで、徐々に改善されてゆくのだと思います。

妻の夫を察知するセンサーは、高度すぎる

逆に、奥さんに搭載されている「夫リンガル」は、とてもセンサーが過敏になっています。

ご主人は、こんな経験ありませんか?

 

今日は職場にて嫌なことがあった。

家に帰って一人でゆっくりしたい。

それなのに、妻がしつこく「どうしたの?」「何かあったの?」と聞いてくる。

ご主人は、「何でもないよ」と言うと、今度は妻が泣き出す。

「あなたが、何考えているのかわからない!」

ご主人からすると、奥さんの考えがわからなくて、困るでしょうね。

 

妻側からすると、仕事から帰ってきた夫が、不機嫌で、しかも何も自分に相談してくれない。

そのことで、妻は夫に対して、不安な気持ちになってしまうのです。

でも、ご主人の立場からすると、仕事の内容や職場であったことを、家庭で話したくない方もいらっしゃると思います。

そういったご主人は、自分だけの時間を持つことで、リラックスしているのかもしれません。

そこで、妻があれこれ言ってくると、リラックスもできませんよね。

お互いに、こういった状況のとき、どうすればいいのか、予め知っておくと、ケンカは回避しやすいと思います。

例えば・・・

妻「今日はちょっと疲れているみたいね。しばらく一人にして、あとから声をかけてみよう」

夫「今日は、疲れたなぁ・・・。30分だけゆっくりしよう。妻に心配掛けたかも・・・」

お互いの気持ちを知ることは、本当に大事ですよね。

読んで面白い、おすすめの書籍とは?

私達は、お子さんに障害があると分かって、いろいろと困難なことが待ち受けている時にこそ、夫婦関係を良好にするチャンスだと考えています。

夫婦関係の改善に関するお問い合わせがあったときに、お勧めしている本があります。

 

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)さんによって書かれた「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」です。

具体的な事例ごとに、とてもユーモラスに書かれていて、本に馴染みがない方でも、サラッと読めてしまいます。

 

また、事例ごとのアドバイスについても、夫向けと妻向けに具体的に書いてあります。

きっと、「あ~、うちとよく似ている。わかるなぁ~。」と思うでしょう。

とても参考になりますので、よろしければ購入してみてはいかがでしょうか。

 

以下は、書籍の中に記載されている、夫の取扱説明書についてご紹介します。

夫の「基本生態」がわかれば、無駄な衝突を防ぐことができ、もっと楽に生きることができます。

(1)妻の問いに黙ってしまうことがあります。この場合、故障ではありません。
「考え中」「感情の整理中」「感情の整理中」「考えているが、わからない」「言葉が見つからない」と言うことが考えられます。イライラせず、時間を与えてください。
(2)テレパシーは通じません。動いて欲しい時は、その内容を具体的に説明する必要があります。
(3)一度に複数のことは出来ません。その代わり、1つのことに集中することが得意なので、内容によっては威力を発揮します。
(4)頼られると喜びます。
(5)曖昧な言葉は通じません。分かりやすい言葉で優しくいうと伝わります。
(6)ほめることが苦手ですが、ほめられるのは好きです。ほめられたい場合は、先に褒めることをお勧めします。
(7)存在を忘れて放っておかれすぎると、機嫌が悪くなります。ときどきかまってあげることを忘れないでください。
(8)センサーが鈍い構造になっています。そのため、察知能力も高くはありませんのでご了承下さい。
(9)構造は単純ですが、「プライド」が内蔵されていますので、傷つきやすく、逆ギレしやすいのが特徴です。十分ご注意ください。
(10)「一人の時間を与える」「労う」「能力を認めてあげる」ことで、長持ちします。

出典:なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか 高草木陽光

いかがでしょうか?

こんなふうに捉えると、思わずクスッとしてしまいますよね。

最後に

お子さんが大きくなるに連れて、お互いの協力が必要な時があります。

保育園・幼稚園への入園、小学校就学時、行事(七五三など)、具合が悪くなった時・・・等

私達夫婦も、幾度となくいろんな困難がありましたが、

お互いのことを理解して、お互いにサポートし、乗り越えてきたと思います。

 

もちろん、たまにケンカをするときがあります。

でも、その度にお互いに寄り添って考えられるようになってきました。

今では、子供達を寝かしつけた後、お茶を飲みながら、

「あのとき、こんなことあったね~」と、笑いながら話をしています。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す