長男の心の成長 ~愛用していたタオルを・・・

我が家の長男は、自閉症と診断される前から「カエルタオル」を愛用しています。

カエルタオルは、長男にとって「安心できるアイテム」なのでしょう。

家の中にいる間、トイレ・風呂・食事以外、ずっとそのカエルタオルを持ち歩いていました。

もちろん、寝る時も・・・。

でも、2020年、長男12歳。ある変化があったのです。

長男とカエルタオル

カエルタオルは、長男にとって安心できるアイテムです。

ただ、同時に「こだわり」のようなものになってしまっていました。

そのため、カエルタオルが汚れて洗濯する時など、長男に気づかれないように試行錯誤することが大変でしたね。

長男とタオル ~前編

 

長男が幼児期の頃、家の中にいるときは常にこのカエルタオルと一緒でした。

それは小学校入学した後に続き、このままずっと家ではカエルタオルを持ち続けるが、長男にとって良いことなのか、良くないことなのか悩みました。

でも、このこだわりは、普段は家の中だけで限定的ですし、日常生活を送る上で長男だけでなく、周囲の家族にも影響があるわけではないので、たとえこのままこのこだわりが続いてもいいと判断したのです。

 

それに、このカエルタオルおかげで、長男はいろんな体験をすることができました。

国内旅行や海外旅行など、初めての場所・乗り物などは長男にとっては不安だったと思います。

でも、それを乗り切ることができたり、落ち着いて行動できたのは、今までの経験の積み重ねもありますが、お守りでもってきたカエルタオルのおかげだと思います。

 

なので、タオルに関しては、私も主人も特に気にしなくなりました。

でも、長男が成長するにあたって、ある変化が出てきたのです。

成長の過程で、変化が!?

その変化は、2回ありました。

4年生の宿泊学習

長男が特別支援学校の4年生になった時、学校行事で宿泊学習がありました。

宿泊学習では、クラフト制作などの遊びの他に、自分たちで食事の準備、入浴、就寝の準備などを行います。

もちろん、事前に学校の授業にて、宿泊学習で何をするのかや、係り決め、準備物の確認などを実施します。

 

長男が初めての場所に宿泊をすることになるので、私は長男にカエルタオルを持たせるべきかどうか迷いました。

実は長男、初めての場所でカエルタオルがないと寝つきがかなり悪く、いつもでしたら30分以内には就寝していたところ、2時間たっても起きているのです。

担任の先生にこのことを相談したところ、次のように決めました。

  • 長男にはタオルは持っていかないことを伝える。
  • 持ち物リストには記載しない。
  • 当日は長男に見つからないように、カエルタオルを先生にこっそり渡す。
  • 就寝のときに、落ち着かないなど、いつもと様子が違うようだったら、カエルタオルを長男に渡す。

宿泊学習当日。心の中ではかなり心配でしたが、笑顔で長男を見送りました。

 

そして、1泊2日の宿泊学習が終わり、担任の先生から長男の様子を教えて頂きました。

  • 決められた係りについて、きちんとこなしていた。
  • 食事・入浴・就寝の準備もでき、食事は残さず食べ、入浴は誰よりも満喫していた(笑)
  • なかなか入眠できなかったが、布団の中で静かに過ごしていた。

そして、カエルタオルのことですが、「使うことなく、過ごすこともできたし、朝までぐっすり眠ることもできた。」のです!

その話を聞いて、私はとても嬉しかったです。

ひょっとして、タオルのこだわりがなくなったのかな?と思っていたのですが、帰宅して第一声が、

「タオル」

でした・・・(苦笑)

5年生の修学旅行

あれから1年後。今度は修学旅行です。

東海方面へ1泊2日ということで、今回もどうしようか悩みましたが、4年生の宿泊学習と同様に、「カエルタオル」なしで挑みました。

出発当日。バスに乗るとき、長男が私に「いってきます!」と嬉しそうに言ってくれた姿をみて、親バカではありますが、何て頼もしくなったのだろうと涙ぐんでしまいました。

 

長男が修学旅行に行っている間、私は心配で落ち着きがなかったです。

でも、当の本人は、先生曰く「かなりエンジョイしていた」そうで、ずっと落ち着いて過ごせていました。

自分の家と、両方の祖父母へのお土産も忘れずに購入。

自分へのお土産は、かなり吟味していたようです(笑)

私が心配していたカエルタオルについても、全く大丈夫でした。

 

長男を迎えに行き、帰りの車の中で、「修学旅行どうだった?」と聞くと、「楽しかった!」と笑顔で答えてくれた長男。

本当に楽しかったんだなと思いました。

タオルのこだわりは、やっぱり継続でした。

でも、私達が気づかないだけで、長男の中ではタオルについて変化があったのでしょう。

修学旅行から約半年後、それは突然やってきたのです。

その日は突然やってきた

ある日の夜。

我が家の子供達は、21時頃から次の日の学校の準備をし、歯磨きをして寝ます。

いつもの日常でしたが、何か違和感が・・・。

よく見ると長男が愛用のタオルを持たないで、布団に入っていたのです。

私は内心、「え?長男、タオル持っていないような・・・。いいの??」と、予想外の光景に動揺していました(笑)

私の心配をよそに、「おやすみさなさい」と言って寝室のドアを閉める長男。

そのまま朝までグッスリ寝ていました。

 

そして翌日の夜もタオルなしで寝る長男。

タオルは、いつもくつろいでいるソファの上にキチンと畳まれていました。(※上記写真参照)

主人にもそのことを話して、きっちり畳まれたタオルを見てもらうと、ビックリしていました。

 

今でもタオルなしで夜はぐっすり眠っています。

タオルなしでも落ち着くことができるのか、心が少しずつ大人へと成長しているのかなと感じました。

成長は嬉しいですが、もう小さな子供ではないかと思うと少し寂しいですね。

体も心も成長している長男に私達ができること

健常のお子さんが、12歳頃から思春期を迎えるように、障害のあるお子さんも思春期があります。

実際に長男も12歳ごろから、親がイラっとするような返事をするようになったり、体の変化に戸惑っている感じがします。

 

本格的に思春期を迎えることになると、長男はどんな行動をするのか、親としてうまく対応できるかが心配です。

ただ、気をつけようと思っていることがあります。

それは、長男のことを「障害のある子」ではなく「一人の人」として尊重することです。

 

私達はこれまでも、長男のことを「一人の人」として尊重してきました。

長男は「知的障害を伴う自閉症」と診断されましたが、同じ年頃のお子さんと変わらないと思いました。

なので、「障害があるからわからない」とか、「これ以外は興味がないはず」と限定的にしないで、長男が好きそうなもので、年相応な物を買ってあげたり、見せてあげたり、聞かせたりなど、興味の幅を広げるようにしていたのです。

そのおかげか、家での過ごし方・休日の過ごし方が、かなり充実しました。

例えば、新作の映画が公開されれば観に行きたいと言ったり、Apple Music(アップルミュージック)で流行りの音楽や、最近ハマっているヒップホップを聴いたりなど、私達が子供の頃に比べたら、羨ましいなと思うぐらいです。

 

子供の思春期は、障害の有無に関わらず、大人になるための通過点です。

親としては戸惑うところはあると思いますが、社会的によくないことでない限り、親の考えを一方的に押し付けるのではなく、子供の考えや意思を尊重して見守ることが大切だと思います。

それによって、子供の自立心が育まれるでしょう。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す