子供にお片付けをさせるには?

我が家の子供たちは、お片付けが苦手です。

遊んでいるのに夢中なため、どんどんおもちゃを箱から出してきます。

「お片づけするよ~」と声掛けしても、知らん顔。

あなただったら、どうしますか?

ご褒美を最初に示す

 

我が家は、お片付けが終わったら、「楽しいことがありますよ」と子供達に示してあげます。

後で好きなことがあると分かっていると、子供たちは積極的にお片付けをしてくれます。

 

ところで、皆さんはゲーム好きですか?

最近ではほとんどやらなくなりましたが、子供の頃は大好きでした。

ゲームってレベル上げとか、単純作業が多くて、実際のところ大半がつまらない工程だと思います

 

でも、飽きずにできるのは、

「レベルが上がったら〇〇が手に入る。」

「〇〇ができるようになる」

という、「良い事」が事前に分かっているからだと思います。

つまり、先に自分の求めるものがあると見通せたとき、頑張れるのです。

ご褒美の示し方

では、お片付けが終わったら、「楽しいことがあるよ」と子供達にどう示せばいいでしょうか?

我が家は、レゴがたくさんあるので、部屋の中がちらかり放題です。

基本的には子供たちに片付けさせていますが、なかなか思うように片づけをしてくれません。

ちゃんと手伝ってくれた時の我が家の体験談は以下のとおりです。

 

私:「お方付けしよう。」

子供達:「・・・」(無視 ブロックに夢中)

私:「お方付けしよう。終わったら好きなDVDだよ」

DVDパッケージを、子供達に見せる。

子供達は、ちょっとだけ片付けるも、ブロックが気になり片付けが全然終わらない。

私:「いい加減にしなさい!」(怒)

 

そこで、パパ登場。

片付けをしない子供達の横で、DVDを再生する。

子供達は、お片付けは二の次で、TVにくぎ付け。

子供たちがじーっと見ているのを確認した上で、DVDを一時停止する。

 

すると、子供達は、「何すんだよ!」という表情でパパを見る。

すると、パパ一言。

「片づけが終わってから。」

 

子供達は、ものすごいスピードで片付け開始。

あっという間に終わりました。

まとめ

子ども達には、次に何があるのか、分かりやすく示してあげることが大切なのだと思います。

ただし、一番良いのは、自分から進んで片付けをしてくれることです。

「DVDが無いと片付けをしない」ということにならないよう、やりすぎないことがコツです。

この時、長男7歳、次男5歳で、ある程度意思の疎通ができている段階でした。

お子さんの状況により、参考にしてみてはいかがでしょうか?

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す