特別支援学校へ見学に行くとき注意するポイント

特別支援学校ですが、長男が特別支援学校に通っているので、今回は見学に行っておりません。

そこで、2年前の長男の進学の時に、特別支援学校の見学に行っておりますので、その時のことをお話しいたします。

特別支援学校に見学の申し込みをする

地域によっても違いますが、特別支援学校では見学・説明会が設けられています。

日にちは学校によって、日時が違います。

以前に「特別支援学校・支援学級等の学校説明会」にも記載しましたが、学校説明会で、見学・説明会の日時を教えてもらいます。

この学校説明会の参加がなくても、学校に直接問い合わせても大丈夫です。

また、特別支援学校でも肢体不自由や知的障がい・病弱等によって学校が違うので、あらかじめ調べておきましょう。分からない場合は、教育支援センターや市町の教育委員会の担当者に問い合わせてみてください。

さて、見学する学校が決まった後は、直接学校に連絡し、申し込みをしておきましょう。

また、学校によっては子供も参加できるところもあります。

見学当日の流れ

長男の時に、特別支援学校を4校見学しましたが、当日の流れは、だいたい次のようでした。

学校の説明・質疑応答

支援学校の場合、小学部・中等部・高等部で構成されています。

学校説明では、全体の説明と小学部・中等部・高等部ごとの簡単な説明があります。

 

寮の説明 ※寮がある場合

現在、長男が通っている学校にも寮がありますが、他の見学した学校と違って、この寮には一人暮らしの練習ができる部屋があり、一通りの家具家電がそろっております。

もし長男が高等部になった時に、この練習をさせてみたいと思い、学校を選んだ理由の1つになりました。

 

教室の見学

見学したい学部に分かれ、子供と一緒に来た場合、子供はいっしょに授業を体験することができます。

 

見学当日に注意したいこと

見学当日には、下記の点をチェックしてみてください。

・生徒数と先生の数

・生徒の様子

・授業風景

・教室(刺激をなくす工夫がされているか等)

・パニックが起こったときの対処法

・教室にある展示物(どんなことをしているかの参考に)

この他にも聞きたいことがあれば、あらかじめ自分でリストを作ることをお勧めします。

また、もし特別支援学校を希望する場合は、学校面談が後日あります。

この学校面談の話はまた後日に。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す