子どもの発達に不安・・・。発達はいつまで伸びるの?

2018年6月。長男は、10歳になります。

自閉症と診断されて、7年の月日が経ちました。

診断が出た3歳頃に比べると、できることが多くあり、成長したなと感じます。

 

でも、一方で、こんな不安もあります。

「この子は、いつまで発達できるのだろう・・・?」と。

辛い日が続くけど・・・

長男が自閉症と診断されて、私達はすぐに療育を始めました。

療育は、病院にて月1回と、自宅にて毎日30分。

 

上手くいく日もあれば、当然、全く駄目な日もありました。

約半年経った頃、長男に発達の兆しを、初めて「見る」ことができました。

今でも覚えています。

 

ただ、それから長男の発達は、一進一退でした。

「こだわり」に関しては、1つなくなったと思ったら、

すぐに新たなこだわりがでてくる。

私は、日々イライラしたり、落ち込んだりの繰り返しでした。

「こんな日が、いつまで続くのだろう・・・」

あなたにも同じ経験は、ありませんか?

 

自閉症を持つ子どもを育てるのは、健常児よりも大変です。

また、私のように最初の子供が、自閉症児の場合だと、もっと大変です。

育児経験がないのにもかかわらず、それ以上のことをしなければならない。

本当に辛いです。

 

でも、諦めたり、何もしなかったら、子どもの発達は伸びません。

また、お子さんに対して、諦めたり、焦ったりしていると、

それは、必ずお子さんに伝わります。

私は、お子さんにとって、お母さんは〇〇になって欲しいと思います。

あなたから見る「立ち位置」とは?

想像してみてください。

あなたは、「療育」というサッカー競技場にいます。

お子さんは、選手です。

では、あなたの役割は、何だと思いますか?

 

多くの方は、「監督」もしくは「コーチ」と答えたでしょう。

でも、「監督」や「コーチ」は、「療育機関の先生」や「保育園などの先生」です。

親は、「サポーター」になって欲しいと思っています。

 

選手が上手にシュートを決めたら、選手を褒めたり、盛り上げる。

選手がミスをしたら、叱咤激励をする。

どこまでも、選手を応援する立場でいて欲しいのです。

 

ただ、お子さんの将来に対して不安は尽きないかもしれません。

どこまで、発達できるのか?

親としては、気になることですよね。

近年の研究で、あることが証明されました。

人間の成長はどこまで?

20世紀の終わりまで、人の脳は、思春期以降は変わらないと言われていました。

しかし、近年、年齢に関わらず、人の脳は成長できることが科学的に証明されたのです。

 

皆さんは、「ブラックキャブ」をご存知ですか?

「ブラックキャブ」とは、ロンドンの黒いタクシーのことです。

この「ブラックキャブ」のタクシードライバーになるには、

「The Knowledge(ザ・ナレッジ)」と呼ばれる道案内テストをパスする必要があるようです。

そのレベルは、世界最難関!

 

また、道路が工事中で通れない場合も、ありますよね?

それも、事前に把握する必要もあるのです。

ブラックキャブのドライバーになったあとも、大変な職業です。

でも、ロンドン市民からは尊敬と羨望を受ける職業なのです。

 

人の脳をスキャンするfMRIを使って、そのタクシードライバー達を検査した結果、

一般の人と比べて、空間記憶をつかさどる海馬が、非常に大きかったようです。

つまり、脳には適応能力があり、生涯を通じて変わることができることが証明されたのです。

これを、「神経の可塑性(かそせい)」といいます。

 

また、これによって次のことも証明されています。

脳には持って生まれた可塑性があるということが確認されれば、

私達の人間的、知的成長にもまた、可鍛性(かたんせい・鍛えて変えることができる性質)があるということになる。

出典 「幸福優位の7つの法則」 著:ショーン・エイカー

 

つまり、私達の脳には、限界はないです。

私達が、常に学んだり、前に進もうとする限り、脳は発達するのです。

だから、子供達には、まだまだ可能性が十分にあります。

次の段階に行くためのステップ

お子さんの療育を進める中で、うまくできない時期があります。

なかなかできなくて、親が焦ってしまうかもしれません。

 

でも、それはお子さんが、次の段階に行くために、頑張っているということです。

上手くいかない場合は、方法を変えてみるのもいいと思います。

もしくは、一旦、前の段階に戻って、

十分練習してから、もう一度チャレンジする方法もあります。

 

親が焦ってしまうと、お子さんはもっと焦ってしまいます。

療育や普段の生活の中で、お子さんが上手くできないときは、

「サポーター」のようにお子さんに寄り添って、応援してください。

まとめ

お子さんが、ある程度発達していくと、「停滞期」になる場合があります。

それによって、お子さんの発達に不安を感じてしまうかもしれません。

 

でもそれは、お子さんが次の段階に行くための「準備期間」だと思ってください。

もし、準備期間が長かったら、一段階戻って、スモールステップを行うなど、工夫をしてみてください。

 

そして、お子さんの発達に関して、焦ったり、諦めないでください。

継続的に適切なサポートをすることで、お子さんが発達する可能性は十分あります。

家族の理解ある心強い「サポート」があれば、お子さんにとってこの上ないことだと、私は思います。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す