子供が自立する為に今からできること

長男が自閉症と診断されたとき、私はふと思いました。

「この子は、将来、自立できるのだろうか?」と。

 そもそも、「自立する」とは?

あらためて考えてみると、「自立する」ってどんなことだと思いますか?

  • 自分でお金を稼ぐこと
  • 自分で買い物に行くこと
  • 親の支援がなくても大丈夫なこと

確かに自立できることですね。

ちなみに、我が家のご意見番・パパに聞いてみたところ、

「漫画『ワンピース』のルフィだ。海賊王に俺はなるっ!って感じじゃない?」

と、よく分からないことを言われました・・・。

 

つまり、「自立する」ってこんなことかな?と思います。

自分の実現したいことのために、自分が自主的に行動すること(海賊王になるために鍛えて、大海原へ出航すること)

自分が出来ないこと・困っていることは、助けてくれる相手を探し、助けを求めることができること(自分を助けてくれる仲間を見つけて、協力してもらうこと)

いつも側にいる人(親など)だけでに頼るだけではなく、色々な手段を身につけていること(仲間だけではなく、行く先々で何かあっても、考えて乗り越えていくこと)

 

とはいえ、すぐには難しいです。

そのため、「自立への第一歩」として、今からでも獲得しておきたいスキルがあります。

それは、自分で身の回りことができる「家事スキル」です。

 

お子様によっては、すでに身の回りのことは、自分で出来ている子もいると思います。

ただ、それは「自分の意思」で行動できていますか?

例えば、お母さんが声掛けをした後に、行動していませんか?

本当の自立というのは、「自分が実現したいことのために、自分で気づき、何か不足があれば自分で用意したり、助けを求めたりして、実現のために自分で行動する」ことだと思います。

家事スキルを身につけるためには?

では、家事スキルを身につけるためには、どうしたらいいでしょうか?

それは、子供に「お手伝い」をお願いしてみることです。

これが、家事スキルを身につける確実な方法です。

スモールステップで、お手伝いをレベルアップする

「お手伝い」は、お子さんが幼児期からでもできます。

例えば、朝起きたら新聞を持ってくる、郵便物を取ってくる など、比較的簡単で、わかりやすいものから始めてください。

そして、必ず褒めることを、忘れないでください。

 

簡単なお手伝いができるようになったら、ちょっとレベルを上げてみてください。

例えば、配膳のお手伝いです。

夕飯のお手伝いで、箸・茶碗・食器・コップを並べることです。

箸・茶碗等が誰のものか?

食器がどれだけいるか?

お母さんに聞かないと、わからないこともあります。

そのため、相手に助けを求めるスキルが必要です。

 

また、これができるようになったら、コップにお茶を注ぐ、ご飯やおかずを盛る等に挑戦させてみましょう。

こぼさないようにお茶を注いだり、ご飯やおかずをうまく盛るには、さじ加減がわからないと難しいです。

私達がお茶を注ぐと、だいたいコップ7~8分目ぐらいですよね?

でも、さじ加減がわからないと、コップに溢れそうなぐらいお茶を注いでしまいます。

 

実際に、我が家の長男は、さじ加減が把握しにくいようです。

ご飯だと山盛りになったり、サラダにドレッシングをかけるとかけ過ぎになったり・・・。

そのため、最初の頃は、お茶を入れるときは、ここまで注いでと長男がわかるようにサポートしました。

その後は、練習あるのみです。

失敗しても、それも練習になる!

もちろん、うまくいかない日もあります。

グラスに引っ掛けて、お茶をテーブルに、こぼした時もありました。

でも、お茶をこぼしてしまった時、台布きんでふき取る練習ができました。

 

生活中で、上手くいく日もあれば、上手くできない日もあります。

子供に「できた!」と実感できる成功体験は、大事です。

でも、「失敗しても大丈夫!」という失敗から学ぶ体験も、大事です。

この体験がないと、失敗することを子供は恐れてしまい、常に完璧を求めてしまいます。

そのため、失敗してしまった時、パニックを起こしてしまうかもしれません。

だからこそ、失敗しても「次は、大丈夫!」「こうすれば、大丈夫!」という前向きな姿勢を、育てて欲しいと思います。

 

この他に、洗濯物・掃除でもスモールステップによって、徐々にできると思います。

確かに、時間はかかるかもしれません。

でも、一度お子さんが身につけたことは、きっとずっと身についていると思います。

子供によって、やり方を工夫する

お子さんによっては、これがきっかけで、意欲的にお手伝いをしたがる子もいると思います。

その場合は、たとえうまくできなくても、どんどんお子さんにさせてあげてください。

 

また、逆にお手伝いに消極的なお子さんでしたら、「ご褒美」を使うことも有効です。

もちろん、「ご褒美」だけではなく「褒める」ことも、忘れないでください。

それによって、

「お手伝いをする」→「褒められる」→「ご褒美をもらえる」

となり、「お手伝いをする=お母さん・お父さんに褒められる+いいことがある」ということを、子供は学ぶことができます。

ご褒美は、お子さんの好きなお菓子だったり、好きな遊びでもいいと思います。

ただし、お手伝いの回数が多いとご褒美が大変なので、お菓子だったら少量、ipadやゲームだったら短時間にしてください。

もちろん、積極的にお手伝いをしてくれるお子さんにも、ご褒美はさらにやる気がでると思います。

 

ご褒美を与えることに、抵抗がある方もいるかもしれません。

もちろん、ご両親から褒められることが、一番大事です。

でも、頑張った先に良い事があると思うだけで、モチベーションが高くなりませんか?

そのため、お子さんのやる気をさらに引き出す手段の1つと考えてもいいかなと思います。

ご褒美を変えることで、次のステップへ

お子さんが小学校入学して、大きくなってくると、今までのお菓子やゲームでは、物足りなくなってくるかもしれません。

そんなときは、次のステップに移るチャンスです。

 

ご褒美を、「おこづかい」へと変えてみましょう。

最初は、金額は少額から始め、できれば、お小遣い帳もつけてください。

そして、お子さんと「〇〇〇すれば、10円」「貯めたお金以上の物は、買わない」など、ルールをちゃんと決めてください。

すると、お小遣い帳をつけることで、自分でお金を管理する練習ができます。

算数ができなくても、電卓を使ってもいいと思います。

お子さんがやり易い方を、選択してあげてください。

 

そして、お子さんに、好きなものを買わせたりすると、買い物の練習もできます。

これは、最初にイメージした「自分でお金を稼ぐこと」「自分で買い物に行くこと」ことに、繋がりますね。

小さな経験を重ねていくうちに、振り返ってみれば、いつの間にかたくさんのことが、できるかもしれません。

だから、「うちの子はできないかもしれない」と諦めないで、小さなことからやれることを、確実に積み重ねてあげてください。

親が気をつけたいこと

失敗しても怒らないこと

お母さんは、日々多忙です。

そのため、お子さんがお手伝いをしてくれた時、失敗してしまうと、「あぁ~」とか「もう~」など言って、イライラしてしまいませんか?

私もついこれを、やってしまうことがあります・・・。

お子さんに手伝ってもらうより、自分でした方が早い時もありますよね・・・。

そのため、子供のちょっとした失敗に、イラっと反応してしまうのです。

でも、子供にとってそれを両親にされると、失敗を恐れて出来なくなってしまいます。

だから、失敗しても決して怒らないように、気をつけてください。

もし、お子さんにお手伝いを任せられない時は、やんわりと断ってもいいと思います。

ご褒美やお小遣いを減らさないこと

もしお子さんが、嫌な事や悪い事をしても、ペナルティとしてご褒美やお小遣いを減らさないでください。

お子さんが頑張ってゲットしたご褒美やお小遣い。

それを減らされると、お子さんのお手伝いのモチベーションも下がります。

 

我が家では、子供が悪い事をしたら、お手伝いをさせません。

それは、子供達の中で、

「嫌な事・悪い事をする」→「お手伝いができない」→「いいことも起こらない」→「ご褒美等を得るチャンスを逃す」

ということが、分かってきているからです。

頑張って獲得したことを減らすよりは、獲得できる機会を与えないほうが、効果的ではないかと思います。

必ずお子さんとの約束は守ること

お子さんとご褒美やお小遣いのルールを決めた場合、必ずどんなに忙しくても、約束は守ってください。

我が家では、お手伝いをしてご褒美マークを5つ貯めると、パソコンで「マインクラフト」ゲームができると約束しています。

正直、子供に今パソコンを使われると・・・と、思うことはありますが、余程の理由がない限り、子供達との約束は守るようにしています。

 

みなさんも、たとえお子さんが幼くても、約束を守ることを心がけてください。

お父さん、お母さんがお子さんとの約束を優先する姿を見せることで、子供達は約束を守ることの大切さや、約束したから我慢するということを学んでいくのだと思います。

お子さんに、約束を守らせるためにも、まずは、ご両親がお子さんとの約束を守ってください。

まとめ

いかがですか?

お子さんが自立する一歩として、まずは身の回りのことを一人でできるように練習してみましょう。

もちろん、最初からあれこれ出来るわけでは、ありません。

スモールステップにわけて、今から出来ることから、徐々にできることを増やしていきます。

出来るたびに褒めてあげたり、ご褒美をあげたりして、一緒に家事を楽しみましょう。

身の回りのことが自分でできるようになれば、次第に出来ることが増えていきます。

小さな「今できること」を積み重ねることで、子供達は自立に向かっていくのです。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す