自閉症の長男がくれた「母の日」のできごと

毎年、5月の第2日曜日は、「母の日」です。

2021年の母の日は、忘れられない日になりました。

それまでの母の日は・・・

長男が園に通い始めた頃から、毎年、母の日のプレゼントをもらっていました。

ただ、「もらっている」というよりは、「カバンの中から見つけている」という感じでしたね。

 

保育園の先生から、「今日は、母の日のものを作りましたよ」と教えてもらいます。

でも、長男が保育園で作ってもカバンの中に入れたままですし、長男が取り出して私に「見て見て!」と言ってくれることもなかったです。

 

長男が特別支援学校の小学部に入学した後も、図工の時間で母の日に贈るプレゼントを作ってくれていました。

でも、それもカバンの中に入れたままですし、連絡帳には「先日図工の時間で作ったものです」と書いてあるだけ。

一度だけ授業参観の中で、お母さんに母の日のプレゼントを渡すということがありましたが、長男はそっけなく無言で、本当に「ただ渡す」だけでしたね。

「仕方がないか・・・」と思いつつ、どこか寂しかったです。

 

母の日が近づいてくると、街角にカーネーションが販売されたり、母の日に贈るプレゼント特集がいろんなところで見られます。

気にしないようにはしていましたが、私は子供達から、この母の日に「ありがとう」と言われることは、この先ないだろうなと諦めていましたね。

これまで形式的にもらった母の日のプレゼント。

長男が頑張って作ったのはわかるのですが、長男にとっては「図工の時間で作ったもの」なのでしょう。

そう思うと、気が沈みましたね。

 

ただ、2021年の母の日は、私にとって忘れられない日となったのでした

2021年の母の日

それは、2021年5月8日の母の日より3日前のことです。

その日は5月5日、子供の日で祝日でしたが、週1回で通っている放課後デイサービスの日でした。

デイサービスから帰ってくると、長男はカバンをガサゴソと何かを取ろうとしていました。

 

すると、おそらく放課後デイサービスで作成した、1本のカーネーションを取り出してきたのです。

私は、放課後デイサービスの先生からから、このことについて全く知らされていなかったので、驚きましたね。

それに、長男が家以外で作ったものを、カバンから取り出す行動にも、ビックリしました。

 

私が長男の行動にポカンとしていると、長男がカーネーションをもって、私に近づいてきたのです。

予想外の展開に、私は「え?この後どうなるの?」と心臓がバクバクしていましたね(笑)

 

すると、長男が私に渡そうと手を伸ばしてきたのですが、ピタッとその手を止めたのです。

「どうしたのだろう?」と思い、長男の顔を見ると、長男は何かを考えているような表情でした。

しばらく、長男の様子を伺っていると、長男がハッとような表情をしたので、何か思い出したのかな?と私が思っていると、長男が伝えてくれました。

 

「お母さん、いつもありがとう。」

 

予想外の長男の言葉に、私は驚きました。

そして、「ああ、母の日だ・・・。私に母の日が来たんだ。」と目頭が熱くなりましたね。

初めて「母の日」を実感することができました。

 

「ありがとう。すごく嬉しいよ」

と、長男に伝えると、長男は嬉しそうに微笑んでくれました。

今年は、忘れられない母の日になりましたね。

長男からもらったカーネーションは、今でも飾っています。

これまでの積み重ねが、ようやく・・・。そして、将来のために。

長男は、小さい頃は発語はほぼなく、療育を始めてから、本当に少しずつ少しずつ言葉が増えていきました。

ちなみに、初めて「おかあさん」と言われたのは、長男が8歳のときでしたね。

「おかあさん」

長男が特別支援学校の小学部にいるときは、挨拶や要求語などは、言えるようになってきましたが、コミュニケーションができるには、まだまだ程遠かったです。

でも、6年生になったとき、お世話になっている相談専門支援員さんから、ある提案がありました。

それは、「学習支援」のデイサービスに通ってみませんか?でした。

「学習支援」の放課後デイサービスとは?

みなさんがよく知っている放課後デイサービスは、学校が終わった後や、夏休みの長期休暇の時に利用できるなど、「学童保育」のようなところだと思います。

「学童保育」の放課後デイサービスでは、施設にもよりますが、宿題の他に、みんなで遊んだり、わりと自由に過ごせることができます。

もちろん、お子さん一人一人に「個別支援計画書」を立てますので、それに合わせたサポートも行ってくれます。

ただ、学習面に重きを置いていないので、学習をもっとしっかりしたいお子さんにとっては、物足りないかもしれません。

 

6年生の頃の長男は、生活身辺の自立がほとんどできていたので、学習を重点的に行っていましたが、特別支援学校はもともと、学習よりも生活スキルの向上を重視しているので、学習の授業自体が少なく、自宅だけでの学習には限界がありました。

また、長男は学習もそうですが、中学校進学に向けて、コミュニケーションスキルの向上が必要でした。

なので、もっと学ぶ機会を増やすためには、どうしたらいいのだろうと悩んでいた時、相談支援専門員さんに、現在通っている「学習支援」の放課後デイサービスを勧められたのでした。

 

長男は、2020年の8月から通い始めました。

ここは、「学童保育」の放課後デイサービスとは違い、施設までは親が送迎し、利用時間は1時間です。

この1時間は、先生とマンツーマンでしっかり学習することとなっており、「塾」のような感じですね。

自分から言葉を発することが苦手な長男ですが、ここに通うことがきっかけで、徐々に私たち家族や、周りの人に「伝えてみよう」という気持ちが溢れてきたのかもしれません。

少しずつ変わっていく長男

中学生になった長男。

学校が地域の中学校の特別支援学級となり、これまでの環境とは全く違っていますが、頑張っています。

同じクラスの子に話しかけることは、まだまだ難しいですが、話しかけられたとき、答えるときもあるそうです。

中学校から帰ってきて、「今日どうだった?」と聞くと、「体育、走った」「楽しかった」と単語と身振り手振りで教えてくれます。

他にも長男は、「ヤバい」など言うときもあったり、「こんな言葉、どこで知ったんだろう?」とビックリすることもありますね。

そのくらい、最近の長男は、言葉をぽつりぽつりと言うようになってきたのです。

 

これまで、長男とコミュニケーションをとるのに、最初はハンドサインから始め、少しずつ単語を増やし、次は文章で伝えたり、本当に長い時間かかりました。

それでも、健常のお子さんのようにスムーズなコミュニケーションは難しいですが、長男が「どうしたいのか」「どうして欲しいのか」がわかるようになり、お互いに「わからない」ことのストレスが減っていったと思います。

 

長男の言葉が少しずつ出始めたことは、私達にとってとても嬉しいことですが、何より長男自身が、言葉で相手に伝わることに「嬉しい」と感じていることが何より喜ばしいと思っています。

長男の将来のために

これから将来において、相手に伝える機会は増えていきます。

特に、長男の場合は、自分が困ったときに助けを求めることが必要です。

今は、学校・家・放課後デイサービスで連携して、場面において適切な言葉を言えるように練習しています。

 

長男にとっても、私達にとっても、この中学校3年間は、あっという間でしょう。

この3年間で学べることを、長男が将来に活かせるようにサポートしていこうと思います。

長男が小さい頃から積み重ねてきたことが、今実るように、この3年間がまた次にことへと繋がるように頑張ります。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す