子供が外出先で大きな声を出してしまう。静かにしてもらうには?

スーパーに行くと、子供が突然大きな声を出してしまう。

「静かにしてね」

「もっと声を小さくして」

と子供にお願いしても、声を小さくしてくれない。

あなたにも、同じような経験ありませんか?

どうして声を小さくしてくれないの?

自閉症のお子さんにとって、「静かにしてね」「もっと声を小さくして」というお願いは、理解することが難しい場面があります。

それは、自分の出した声は、目に見えないからです。

「静かにしてね」、「もっと声を小さくして」と言われても、自分の声をどのぐらい大きさにすればいいのか、直感的に分かりにくいからです。

では、できるようになるために、どのように練習すればいいのでしょうか?

声の大きさを練習する方法とは?

練習する方法は、お子さんの現在の発達に合わせて、試してみましょう。

絵を使って教える

お子さんが、まだ小さかったり、数字がわからない場合は、声の大きさを具体的に分かるように「絵」を使います。

例えば、小さな声を「ありさんの声」、大きな声を「ぞうさんの声」とします。

1枚の紙に、二つの絵を描き、「おはようございます」など実際に声に出して練習します。

 

ここで注意したいことは、想像することが苦手な自閉症のお子さんが、多くいらっしゃいます。

我が家の場合、この練習を最初にしたときに、

「ゾウさんの声だよ」と伝えると、そのまま「ゾウさんの声だよ」とおうむ返しをするだけで、声の大小の理解には至りませんでした。

「アリさんの声だよ」と言っても、大きな声で「アリさんの声!!」と大きな声で言うだけなのです。

 

そのため、最初は、親がお子さんにお手本を見せ、お子さんにマネをしてもらいましょう。

「ありさんの声」の時は小さな声で、「ぞうさんの声」の時は大きな声で言いましょう。

ゲーム形式にするなど、お子さんと楽しく遊びながら学ぶことができるのが、望ましいですね。

お子さんが絵を見て言えるようになったら、絵を見なくても、できるように練習してみましょう。

数字を使って教える

数字を理解できているお子さんの場合、最初は3段階で練習します。

小さな声は、「1の声」

普通の声は、「2の声」

大きな声は、「3の声」とナンバー付けをします。

最初の頃は、1枚の紙に1~3の数字や図形を描いたりして、数字の「3」が一番大きいと分かるように示してあげましょう。

そして、「おはようございます」など実際に声に出して練習します。

 

最初は、親がお手本を見せ、その後にお子さんに繰り返してもらいます。

お子さんが練習に慣れてきたら、ランダムに数字を出してみてくださいね。

数字や図形をお子さんに視覚で示さなくても、声の調整ができるように練習してください。

 

また、3段階ができるようになったら、場面によって声の調整ができるように5段階にチャレンジしてみるのは、いかがでしょうか?

最初は、次の図のようにわかりやすく示します。

 

ひそひそ話は、「1の声」

周りに迷惑でない会話は、「2の声」

普通の会話は、「3の声」

授業の発表や返事は、「4の声」

外でのかけ声などは、「5の声」

 

練習する時は、具体的な場面(「お家にいる時は?」「スーパーにいる時は?」など)を提示して、お子さんに声を出して、声の大きさを実感してもらいます。

練習がうまくできるようになったら、実際の場所にてチャレンジしてみてくださいね。

気をつけることは?

日常生活の中で練習しよう

声の大きさをコントロールする練習は、日常生活の中で行うことで、身に付きやすくなります。

なので、最初は、子供の将来に役立つ、基本の7つの挨拶で練習してみましょう。

 

基本の7つの挨拶は・・・

「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」「いただきます」「ごちそうさまでした」「ありがとう」「ごめんなさい」

実際の日常で使うことが多いので、声の大きさをコントロールする力だけでなく、あいさつをするのスキルも磨かれ、一石二鳥ですね。

お子さんの今の状況を理解してあげましょう

自閉症の子供の中には、「独り言」を言うお子さんが中にはいます。

我が家の長男もそうです。

独り言は、大きくなるにつれて、外出先だと目立つようになっていきます。

 

ただ、その場の状況にもよりますが、例えば、周囲が騒がしくて、自分を落ち着かせるために独り言を言っている場合、それを止めさせるのは難しいです。

独り言を言う理由を把握せずに、子供を怒ったり、無理に止めさせようとすると、子供はますます大きな声を出してしまうことがあります。

そのため、小さな頃から「ありさんの声」や「1の声」ができるように練習しておきましょう。

どうしても難しい場合は、お子さんを別の静かな場所へ移動させるなど、配慮をしてあげてくださいね。

子供が落ち着いているときが練習の狙い目!

お子さんとの練習は、できるだけお子さんが落ち着いているときが狙い目です。

気持ちが落ち着いているときの方が、自分の声の大きさを意識しやすいですよね

また、お子さんが家の中で、発している声の大きさが適切であれば、それを見逃さないで、できていることを褒めてくださいね。

 

練習は焦らずに取り組んでみてください。

できたときは、当たり前だと思わず、できたことを必ず褒めましょう。

そして、お子さんの成長に合わせて、ステップアップをすることで、自分で意識的に声の大きさが調整できるようになるでしょう。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す