うちの子は言ってもわからない。この子のためにも、厳しくしつけないと。実はそれは・・・

前回、「叱る」と「怒る」の違いについて、記事を書きました。

あなたは、この記事を読んで、どう思いましたか?

子育てが大変、嫌だと感じたら・・・子育てに前向きになれる秘密のコツとは

「そうは言っても、うちの子はいくら言っても分からない。」

「言っても分からないんだから、厳しくしつけないと、この子のためにならない。」

「言うことを聞かないし、どうしても怒っちゃうよ。」

こんなふうに思われた方も、いらっしゃると思います。

もしそうでしたら、ぜひこの記事を読んでみてください。

親とは教育の経験がない教育者

子供を育てる方法

子供の教育方法

お金に関する知識・・・

これら全て私達は、学校で習ってこなかったことです。

 

あなたは子供が熱を出したら何度で医者に連れて行きますか?

あなたの教育方針は何ですか?

利回り計算をするときに、72の法則をご存知ですか?

 

どんな親も、子供を育て、教育していくことは避けて通れません。

当然ですが、ほとんどの親の場合、教育する立場になった経験がないまま、教育者になります。

分からないことがある度、自分で書籍やネットで調べたりして、試行錯誤を繰り返しますよね。

真面目で優秀なお父さんやお母さんほど、陥りがちなワナ

真面目で優秀なお父さんお母さんほど、子供の欠点がいろいろと目に付きます。

また食べこぼしている。学校の用意が遅い。宿題をしない。挨拶をしていない。背筋が悪い。服を泥だらけにした。etc

「早く用意をしなさい」「早く宿題をしなさい」「背筋を伸ばしなさい」「食べこぼさない」「毎回言わせないで。」

外に出しても、恥ずかしくない子供に育ててあげないと・・・。

子供のために、一生懸命、欠点をなくしてあげようと努力する。でも一向に良くならない・・・。

そんな経験ないでしょうか?


本当は、探さなければならないことは、欠点ではなく、その子の良い所を見つける努力をしなければなりません。

 

想像してみてください。

あなたは、夕方から一生懸命夕飯を作りました。

今日の夕飯はサバの塩焼きです。

いつもはお惣菜で買うところですが、今回は、頑張ってお魚を買って、自分で捌いてみました。

塩加減がよくわからず、微妙になってしまいましたが、何とか完成しました。

そして、ご主人が帰宅し、夕飯を一緒に食べます。

ご主人がサバの塩焼きを食べて、こう言いました。

「今日の塩サバは塩がきいていないから、イマイチだね。」

「あと、ちょっと焼きすぎで、パサパサしてない?」

「とりあえず、醤油かけるから、とってくれる?」

あなたは、ご主人の言葉に対して、どう思いましたか?

せっかくあなたが、一生懸命作った晩御飯を、味が濃いだの薄いだの、固いだの柔らかいだのと、ご主人からこう言われたらイラっとしますね。

また、頑張って料理しようと思わなくなりますし、2度と作らないと思ってしまうでしょう。

 

では、もしこのご主人が次のように言ってくれたら、あなたはどう思いますか?

「味がいつもと違うね?どうしたの?」

「自分で捌いてみたんだ!すごいじゃん。」

「僕は、もうちょっと塩がきいている方が好みだな。」

「次はもっと美味しくなると思うよ。お願いしてもいいかな?」

先ほどのケースと違って、このご主人は、あなたが作ってくれた料理に対して喜んでくれています。

また、イマイチになってしまったサバの塩焼きでも、褒めるところを見つけてくれています。

もし、ご主人からこう言ってもらえれば、あなたは「今度は頑張ってみよう」とヤル気が出ますし、自然と料理が上手になっていくでしょう。

 

実は、欠点を見つけるということは、誰にでもできてしまうことなのです。

ですから、真面目で優秀な人ほど、さらに多くの欠点がいろいろと目に付いてしまいます。

 

でも反対に、何かしら良いところを見つけるということは、とても難しい作業なのです。

これは、常に意識して、良い所を探す努力をしなければ、できないことなのです。

 

子供が言うことを聞かない

「どうして、いくら言ってもわからないの!」

「言うことを聞きなさい!」

「早く〇〇しなさい!」

教育に関して学んだことがない私たちは、ついつい、子供に対して「しつけ」や「教育」という名のもとに、「指示」や「怒鳴る」ことをしてしまいます。

親としても、子供が自分の思うように動いてくれなくて、ついイライラが募ってしまいますね。

「この子はいくら言っても聞かないんだから!」と言って、ついつい怒鳴りつけてしまう。

でも怒られることでは、状況は改善しません。

むしろ、ますます泥沼にはまっていきます。


子供に「いい子でいてほしい」のならば、親が工夫して、子供に「いい子でいたくなるようにさせる」努力が必要になります。

親が子供に対して、思うように「行動して欲しい」のであれば、子供が「行動したくなる」ように工夫しなければなりません。

とはいえ、なかなか行動に移すというのは、難しいものがあります。

よく子供を怒ってしまうという方は、ぜひ次の一文を読んでみてください。

父は忘れる

D・カーネギーの『人を動かす』:(Dale Carnegie)『How to Win Friends and Influence People』に記載されている一文を紹介します。

この本は、昭和11年に初版が発行されてから、世界各国で数千万部売れ、未だに増版されている名著として知られています。

かなり長めの引用ですが、良文ですので、ご覧ください。

あなたが、子供たちに小言を言いたくなったら、-あなたは、私がまた「小言はいけない」と言うのだろうと思っているに違いない。
ところが、私は、そうは言わない。
まず、アメリカ・ジャーナリズムの古典の一ついわれている『父は忘れる』という一文を読むようにすすめる。
この文章は、最初ピープルズ・ホーム・ジャーナル誌の論悦として発表されたが、のちにリーダーズ・ダイジェスト誌が要約して掲載した。

この『父は忘れる』は、ある瞬間の誠実な感情に動かされて書かれたものだが、読むものの心を深く動かすすぐれた作品として、今では不朽の名作となり、いろいろな場合に引用されて、社会に大きな反響を呼んでいる。

父は忘れる(リヴィングストン・ラーネッド)


坊や、聞いておくれ。
お前は小さな手に頬をのせ、汗ばんだ額に金髪の巻き毛をくっつけて、安らかに眠っているね。
お父さんは、ひとりで、こっそりお前の部屋にやってきた。
今しがたまで、お父さんは書斎で新聞を読んでいたが、急に、息苦しい悔恨の念にせまられた。
罪の意識にさいなまれてお前のそばへやってきたんだ。

お父さんは考えた。これまでわたしはお前にずいぶんつらく当たっていたのだ。
お前が学校へ行く支度をしている最中、ちゃんと顔を洗っていないといって、叱った。
靴を磨かないからといって、叱りつけた。
また、持ち物を床の上に放り投げたといっては、どなりつけた。

今朝も食事中に小言を言った。
食べ物をこぼすとか、丸呑みにするとか、テーブルに肘をつくとか、パンにバターをつけすぎるとかいって、叱りつけた。
それから、お前は遊びに出かけるし、お父さんは駅へ行くので、一緒に家を出たが、別れるとき、おまえは振り返って手を振りながら、「お父さん、行っていらっしゃい!」といった。
すると、お父さんは、眉をひそめて、「背筋が曲がっているぞ!」といった。

同じようなことがまた夕方に繰り返された。
私が帰ってくると、お前は地面にひざをついて、ビー玉で遊んでいた。
タイツはひざのところが穴だらけになっていた。
お父さんはお前を家へ追い返し、友達の前で恥をかかせた。
「タイツは高いのだ。お前が自分で金をもうけて買うんだったら、もっと大切にするはずだ!」-これが、お父さんの口から出た言葉だから、われながら情けない!

それから夜になってお父さんが書斎で新聞を読んでいる時、お前は、悲しげな目つきをして、おずおずと部屋に入ってきたね。
うるさそうにわたしが目をあげると、お前は、入口のところで、ためらった。
「何の用だ」とわたしがどなると、お前は何もいわずに、さっとわたしのそばに駆け寄ってきた。
両の手をわたしの首に巻きつけて、わたしにキスした。
お前の小さな両腕には、神さまがうえつけてくださった愛情がこもっていた。
どんなにないがしろにされても、決して枯れることのない愛情だ。
やがて、お前は、ばたばたと足音をたてて、二階の部屋へ行ってしまった。

ところが、坊や、そのすぐあとで、お父さんは突然なんとも言えない不安に襲われ、
手にしていた新聞を思わず取り落としたのだ。
何という習慣に、お父さんは、取りつかれていたのだろう!

叱ってばかりいる習慣-まだほんの子供にすぎないお前に、お父さんは何ということをしてきたのだろう!

決してお前を愛していないわけではない。
お父さんは、まだとしはもゆかないお前に、無理なことを期待しすぎていたのだ。
お前を大人と同列に考えていたのだ。

お前の中には、善良な、立派な、真実なものがいっぱいある。
お前の優しい心根は、ちょうど、山の向こうから広がってくるあけぼのを見るようだ。
お前がこのお父さんに飛びつき、お休みのキスをした時、そのことが、お父さんにははっきりわかった。
ほかのことは問題ではない。
お父さんは、お前にわびたくて、こうしてひざまずいているのだ。

お父さんとしては、これが、せめてものつぐないだ。
昼間にこういうことを話しても、お前にはわかるまい。
だが、明日からは、きっと、よいお父さんになってみせる。
お前と仲よしになって、一緒に遊んだり悲しんだりしよう。
小言を言いたくなってもこらえよう。
そして、お前がまだ子供だということを常に忘れないようにしよう。

お父さんはお前を一人前の人間とみなしていたようだ。
こうして、あどけない寝顔を見ていると、やはりお前はまだ赤ちゃんだ。
昨日も、お母さんに抱っこされて、肩にもたれかかっていたではないか。
お父さんの注文が多すぎたのだ。


人を非難する代わりに、相手を理解するように努めようではないか。
どういうわけで、相手がそんなことをしでかすに至ったか、よく考えてみようではないか。
そのほうがよほど得策でもあり、また面白くもある。
そうすれば、同情、寛容、好意も、自ずと生れ出てくる。

すべてを知れば、すべてを許すことになる。
イギリスの文学者ドクター・ジョンソンの言によると-「神様でさえ、人を裁くには、その人の死後までお待ちになる」まして、我々がそれまで待てないはずはない。

出典:人を動かす D・カーネギー

どうでしょうか?

この、D・カーネギーの本は、一般的にはマネジメントの本として、マネージャーやチームリーダーの立場の方が読むことが多い本です。

でも、親子関係でも、大いに学ぶ点がある本でした。

この本は初版が昭和11年ですから、今から80年以上前に発行された本です。

そんな古い本に、古典として紹介されている一節です。

親子関係は、今も昔も、例え国が違っていても、本質的なところは何も変わっていないのです。

「また今度」は言わないように

私達の子供、特に次男は、「あれなんだ~?」「ゲームした~い」「DVDみた~い」「あそんで~」とひっきりなしに、やってきます。

でも、家事で忙しい時間だと、「また今度ね」と、ついついはぐらかしてしまいそうになります。

でも、それをぐっとこらえて、

「じゃあ、お片付けを手伝ってくれたら、一緒に〇〇しようか?」

「〇〇できたら、ご褒美に〇〇だよ。」

と言って、できるだけ子供のために、時間を割いてあげるように努力しています。

でも、正直、本当に大変です。

それでも、「また今度」は、できるだけ言わないようにしています。

なぜなら、たいていの場合、その「また今度」はいつまでたっても来ませんし、子供たちもそれを知っているからです。

もし、断らなければいけない場面でも、私は今ではこのように答えています。

「今日は、ゲーム一緒に1回やったよね。もうおしまいです。明日学校が終わって、宿題をしたら、一緒にゲームしよう。」

「今日は、まだお手伝いしていないよ。じゃあ、お片づけのお手伝いしてくれる?これが終わったら一緒にゲームしよう。」

たとえ子供であっても、相手を尊重して、ちゃんと約束するようにしています。

努力の甲斐があり、今では進んでお手伝いをしようと、頑張ってくれます。

お手伝いですが、最初は、教えることがとても大変で、自分がした方が早いと思ってしまいますが、温かく見守ることにしています。

それは、子供たちが「お手伝いをしたい」という意欲的な気持ちが、とても嬉しいからです。

いかがでしたでしょうか?

私達の体験や学んだことを1冊のデジタルEブックにしてあります。

もし、子育てでお悩みの方がいらっしゃいましたら、何かしらのヒントが得られるかもしれないので、下からダウンロードしてみてください。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す