今年はどうなる?次男のマラソン大会!

次男が通う小学校では、毎年秋頃にマラソン大会があります。

次男は、2年連続最下位です。

でも、私達が注目しているのは、順位ではありません。

それは、何だと思いますか?

マラソン大会は、毎年・・・

過去のマラソン大会での次男の様子は、こんな感じでした。

1年生では・・・

初めてのマラソン大会。

先生からの話では、練習は頑張って走っているものの、途中で立ち止まったり、コースアウトをしそうになっていたようです。

そのため、マラソン大会本番では、特別支援学級の先生が伴走してくれました。

立ち止まった次男に、おそらく「頑張ろう」「もう少しだよ」と声をかけてくれていたおかげで、最後まで走り切ることができたと思います。

 

ただ、途中で私がいることに気付いた次男。

笑顔で、私がいる方へ向かおうとしていたので、先生が止めてくれました・・・(笑)

先生のサポートのおかげで、何とか完走できた最初のマラソン大会でした。

2年生では・・・

2回目のマラソン大会。

2回目ということもあり、先生の伴走なしで、一人で走ることになった次男。

自分で、あと何周するのかがわかるように、1周したらカードをめくる配慮をしていただきました。

 

最初、スタートは良かったのですが、次男は、ペース配分をあまり考えていなかったので、すぐ最下位に。

何とか頑張って走っているものの、疲れて途中で立ち止まり、結局、周回遅れになってしまいました。

ただそれでも、途中で投げ出さず、最後まで完走する次男の姿が嬉しかったです。

 

次男は、走るのは苦手ですが、体を動かすことは好きです。

ただ、早く走ったり、マラソンのように長い時間効率よく走るには、手と足をうまく動かさないといけません。

おそらく、次男は体を効率的に動かすことが、苦手なのだと思います。

 

途中で立ち止まったり、一人だけ周回遅れになっていると、周囲から「頑張っていない」「真面目にしていない」というように、誤解されやすいです。

でも、次男は、次男なりに頑張っていると私達はそう思っています。

順位よりも大事なこと

今年のマラソン大会の練習が始まりました。

練習があった日は、連絡帳に何位だったのかが、わかります。

 

順位を見て、私はビックリしました。

練習だけど、去年より3番順位が上がっている!

次の練習のときは、昨年より1番順位が上がっており、もしかしたら今年は、最下位から脱却かも?と、つい思ってしまいました。

 

でも、私達親が順位を気にしてしまっては、いけないと思いました。

もちろん、順位が上の方だと、嬉しいです。

ただ、私達が順位を気にしてしまうと、次男も同じように順位を気にしてしまう。

当日、もし最下位だったら、次男は泣いたり、癇癪を起こしたり、自信をなくしてしまうかもしれないと思いました。

 

なので、順序のことを気にするよりも、

「今日はどうだった?最後まで走れた?」

「最後まで、頑張ったんだね。すごいよ!」

と、頑張って完走できたことを褒めるように心がけました。

 

親が順位や勝敗ばかり気にしてしまうと、子供にとってそれがプレッシャーになる可能性があります。

自閉症のお子さんによっては、順位や勝敗に、こだわりすぎてしまうことがあります。

一番にならなかったり、負けることで、パニックを起こしたり、自信を無くすこともあるので、気をつけてください。

 

上の順位を目指したり、勝つことを目標にすることは、悪いことではないです。

だけど、目標に向かって、お子さんが頑張っていたり、努力していることに注目してあげることが大事です。

「自分の頑張りを、親は見てくれている。認めてくれている。」

お子さんが、それを感じることで、自分に対する自信に繋がっていくと思います。

今年は・・・?

マラソン大会当日、様子を見に行ってきました。

3年生の次男は、校庭5周を走ることに。

多くの保護者の方が見守る中、いよいよスタートとなりました。

ゴールするまでの次男の様子

スタートして、しばらくは良いペースで走る次男。

今年はいい感じ!と思っていたのですが、2周目から徐々にペースダウン。

やはり、1周目で体力を使ったようで、バテテしまったようです。

 

途中から何とかペースを上げようとしたり、スタミナが持たなくてペースダウンしたり、ゴールまでその繰り返しでした。

結果は、今年も最下位でしたが、最後まで走りきることができました。

終わった後に、次男に声をかけると、

「疲れたよ~。クタクタだ~。」

と言っていましたが、最後までやりきれたことに満足したようで、次男は笑顔でした。

昨年よりも成長できたこと

次男の走る様子を見て、気づいたことがありました。

まずは、昨年より速く走れたことです。

 

いつもは、次男と次男の前を走っている子との距離は、かなり差がありました。

でも、今年はほんのわずかな差まで、距離を縮めることができたのです。

少しずつ早く走ることが、できているようで、すごいなぁと思いました。

 

そして、ルールを理解し、実行できたことです。

今回のマラソン大会、1周走るごとに「あること」が決められていました。

それは、『今、自分が何周目かがわかるように、体操帽子を変えていく』ことです。

次男の学年は、オレンジ色と白色の体操帽子なので・・・

1周目:オレンジ色側が見えるようにかぶって走る

2周目:走りながら、体操帽子を白色側に反転させてかぶる

3周目:ゴムひもを首にかけたまま、帽子を脱いで走る

4周目:体操帽子を脱いで、手に持って走る

5周目:体操帽子をオレンジ色側にしてかぶり、ゴールまで走る

 

私は、最初、次男は走ることに気を取られて、忘れてしまうかなと思いました。

今までの次男だったら、そうなっていたかもしれません。

でも、次男は走りながら、周ごとにきちんとこなすことが、できたのです!

その姿を見ることができて、私は本当に嬉しかったです。

 

マラソン大会などの学校行事は、どうしても自分の子供と他のお子さんとを、比べてしまうかもしれません。

でも、他のお子さんの様子ばかり気にしてしまうと、自分の子供が頑張っていることに気づきにくいです。

だから、注目すべきは「他のお子さん」ではなく、「お子さん自身」です。

前回よりもうまくできたか?

どんなところを頑張っているのか?

それに注目することで、お子さんの良かったところがわかってくるでしょう。

お子さんの良いところに注目できると、自然と「頑張ったね!」「すごかったよ!」と褒める言葉がでてきます。

お子さんの良いところを見逃さないように、気づいてあげてくださいね。

家事に仕事に子育て・・・。それによるストレスや疑問、不安が募っていませんか?自閉症児を育てていくうえで、何よりも一番重要なことは、あなたが笑顔でいることです。

私達も、様々な困難なことがありました。でも、それを乗り越えることで、いろんなことに気づいたのです。
このレポートは、私達が実体験から得た学びを、1冊にまとめたものです。
この中には、自閉症児の子育てに関する大事な5つの心得が記載されています。
あなたがこのレポートを読み終わったとき、きっと何かヒントを得て、笑顔で過ごせるようになることと思います。

コメントを残す