お子様が自閉症と診断されて、療育を始める前に知ってほしい心得を実体験を交えて解説した特別レポート

「お子様が自閉症児と診断されたお母さんへ」を無料でプレゼントしています!

電子書籍だから、スマートフォンで読めますよ!

 




あなたは、お子様とこれからどんな風に過ごしていきたいですか?

一緒に買い物に行きたい?
家族で遊びに行きたい?
家で一緒にゆっくりしたい?
どれも素敵なことですね。
私も同じことを、願いました。

でも、現実は違いました。
一緒に買い物に行っても、目が離せない。
家族で遊びに行っても、パニックですぐ帰ることになってしまう。
外でパニックを起こすと、人の目がつらく感じてしまう。
家にいても、子供の癇癪やこだわりがひどいため、疲れてしまう。
子供の問題行動にどうしたらいいのか、わからない。
子供との将来に、不安を感じてしまう。
私も、そうでした。

子供が自閉症と診断される前から、問題行動は多々ありました。
私は自分の育て方が悪いと思い込み、自己嫌悪に陥っていたのです。
だから、子供が「自閉症スペクトラム障がい」と診断されたときは、少しだけホッとしました。

しかし、安堵したのは束の間で、様々な不安に、押しつぶされそうになりました。
それでも、自分が子供ためにやるべきことがわかると、すぐに実行しました。
うまくいく日もあれば、もちろん全然ダメな日もありました。

でも、「子供の関わり方を決める基本方針」を基に試行錯誤して、自閉症児を育てるポイントが見えてきたのです。
この実体験に基づく経験則と、自分たちがこれまで得た知識を併せて、体系的にまとめたのが、このレポートです。

お子さんが自閉症と診断された後、「療育」が始まります。
ABA・TEACCH・PECS・・・様々な療育があります。
あなたはお子さんに、この先どんな療育をすればいいのか
迷うかもしれません。

TEACCHを始めてみたが、うまくいかない。
じゃあ、先生に言われたから、PECSをしてみよう。
療育方法をばかり模索すると、親は疲弊してしまいます。

もっと大変なのは、お子さんです。
次々と療育が変わっていくとお子さんも、混乱しますよね。
また、療育もつらくなるかもしれません。

ですから、療育を始める前に、ご夫婦で話し合うことや
知ってほしい5つの心得があります。
これは、私達の経験に基づいています。
今、私達の子供が健やかに成長しているのも、この5つの心得をしっかり押さえているからです。

これをしっかりと分かったうえで、療育を始めれば、たとえこの先に困難があっても、乗り越えていくことができるでしょう。
その大事なポイントが書かれた『お子様が自閉症と診断されたお母さんへ ~あなたが笑顔になる5つの心得~』をプレゼントしますので、受け取ってください。

 




こんにちは、happy mykids の義本です。

私は、自閉症スペクトラム障がいでも、タイプが違う2人の兄弟を育てています。
毎日が大変ではありますが、とても楽しく過ごしています。

正直に言いますと、私達が伝えたい「5つの心得」は、 お子さんの発達を短時間で劇的に伸ばしたり、改善するという魔法のような方法では、ありません。
自閉症と診断されたお子さんを、これからどう育てていくか?
自分たちはこれから何をすべきか?
これからの生活の中で、大切な基盤を築くための心得です。

子供が成長するのに、近道はありません。
子供が成長していくと共に、子供の生活環境や発達の状況は変化していきます。
その都度、不安になったり、悩んだりするかもしれません。
でも、この心得を生活の基礎にしていただければ、長期的に子供をサポートすることができます。

家族で試行錯誤して、困難を乗り越えていくと、自然と家族の絆は強くなります。
お子さんが笑顔で毎日を過ごすことができれば、嬉しいですよね。
そして、お母さんの笑顔を見るときっとお子さんも嬉しくなります。
家族みんなが、笑顔で過ごせれるようになる。
これって、素敵なことですよね。

この5つの心得を、次はあなたが試してください。
きっと、これからの生活をよりよくするためのヒントが、いくつも見つかると思います。
この無料レポートで、「子供のために何をすべきか?」まずは、そのための考え方を知ってください。

あなたとお子さん、そしてご家族が笑顔で過ごすことができることを、心から願っています。


私達が実際に体験し、その体験から得た学びをまとめたレポートです。

また、子供達が自閉症と診断される前の様子など、どういうきっかけで発達を疑うようになったのか?
自閉症でも、タイプの違う兄弟たちの幼児期も紹介しており、子供が自閉症と診断されてからの困難や、私達がどう乗り越えてきたかを掲載しています。

私達は試行錯誤しながら、自閉症でもタイプの違う2人を健やかに育てています。
その根源となる、育児の基本方針が掲載されています。
この無料レポートで、療育を始める前に知ってほしい5つのポイントを押さえれば、
「これから、どうしたらいいのか?」
「何をすれば、いいのだろう?」
このような不安や心配は、なくなるでしょう。

きっとあなたは、お子さんと楽しく過ごすことができます。
一緒に買い物や旅行を楽しむことができます。
今よりもきっと子育てが楽しくなるでしょう。